仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

【評判・口コミ】DMMビットコインとは?メリットとデメリットや使い方についてわかりやすく説明してみた

DMMビットコイン 口座開設国内取引所

DMMビットコインとは

DMMビットコイン 口座開設

DMMビットコインは、2018年1月にサービスをスタートした国内取引所です。

DMMビットコインはレバレッジ取引に特化している取引所で、

アルトコインを含めた12種類の銘柄をレバレッジ取引することができます。

運営会社のDMMはFX業界の大手企業として知られています。

金融の分野に非常に強い企業なので、金融関連のノウハウや実績はとても豊富です。

DMMビットコインの特徴

DMMビットコインの特徴
  • アプリが見やすい
  • LINEのサポートが用意されている
  • 取り扱い銘柄が豊富
  • セキュリティ対策が万全
要チェック!!

アプリが見やすい

DMMビットコインは元々DMMグループであり、

DMMFXなどのネット証券会社も運営していたということもあり、

トレードアプリが非常に使いやすいです。

スマホアプリからワンタッチで現物・レバレッジの両方の注文を出すことができます。

また、DMMビットコインには4分割チャートという機能が備わっており、

この4分割チャートは他の取引所には無い仕組みです。

LINEのサポートが用意されている

DMMビットコインでは以下の2つの方法でサポート対応しています。

  • 専用フォームからのお問い合わせ
  • LINEでのお問い合わせ

365日いつでも対応しているので不明点があっても

LINEで問い合わせるだけで簡単にトラブルシューティングすることができます。

メールの問い合わせだと面倒だという方は

LINEなら使い慣れている方も多いですし簡単に問い合わせできます。

取り扱い銘柄が豊富

DMMビットコインは他の国内取引所と比べて取り扱い銘柄が豊富です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)

セキュリティ対策が万全

DMMビットコインはセキュリティが非常に高いです。

  • 顧客資産の分別管理
  • コールドウォレットでの資産管理
  • 不正ログインの防止
  • 外部のセキュリティ専門家による脆弱性診断
  • SSL暗号化通信

というセキュリティ体制を敷いているので、外部からのハッキング対策は抜群です。

たくさんの国内取引所がハッキングの被害に遭ってきましたが、

DMM Bitcoinはこれまで一度もハッキングを受けたことがありません。

DMMビットコインのメリット

DMMビットコインのメリット
  • レバレッジ取引が可能
  • 手数料が無料
  • 追証が無い
要チェック!!

レバレッジ取引が可能

DMMビットコインはレバレッジ取引に特化しているので、

12種類の仮想通貨のレバレッジ取引に対応しています。

  • BTC/JPY
  • ETH/JPY
  • XEM/JPY
  • XRP/JPY
  • LTC/JPY
  • ETC/JPY
  • BCH/JPY
  • XLM/JPY
  • MONA/JPY
  • BAT/JPY
  • QTUM/JPY
  • OMG/JPY
  • ETH/BTC
  • XEM/BTC
  • XRP/BTC
  • LTC/BTC
  • ETC/BTC
  • BCH/BTC
  • ETC/ETH

DMMビットコインはなんとアルトコインのレバレッジ取引を行うことができるんですね。

さらにレバレッジ取引だけではなく、

以下の3種類の仮想通貨の現物取引にも対応しています。

  • BTC/JPY
  • ETH/JPY
  • XRP/JPY

そのため2種類のトレードスタイルで取引を行うことが可能です。

手数料が無料

DMMビットコインは取引手数料はもちろんのこと、

入出金手数料まで無料となっています。

  • 取引手数料:無料
  • 入金手数料:無料
  • 出金手数料:無料
  • 送金手数料:無料
  • 口座開設手数料:無料
  • 口座維持手数料:無料
  • ロスカット手数料:無料
  • レバレッジ手数料:0.04%/建玉ごと

出金手数料は数多くの国内取引所は有料ですので、非常に魅力的です。

また、仮想通貨の送金手数料も無料なので

海外取引所を使う人はコストをかけずに送金が行なえます。

追証が無い

DMMビットコインは証拠金を担保に2倍までレバレッジ取引を行うことが可能です。

取引によって損失が生じて証拠金を維持できなくなってしまった場合は、

追加で証拠金の入金を求められる場合があります。

DMMビットコインでは追証(追加証拠金)の入金を求められることがありませんが、

証拠金維持率を100%下回った時点で注意のメールが送信されて、

証拠金維持率が80%未満になると、

売買が成立していない未約定(みやくじょう)の注文が取り消される

という仕組みになっています。

DMMビットコインのデメリット

DMMビットコインのデメリット
  • スプレッドが大きい
  • 出金が遅い
  • 現物取引の取り扱い銘柄が少ない
要チェック!!

スプレッドが大きい

DMMビットコインは販売所形式を採用しています。

  • 販売所:業者とユーザー
  • 取引所:ユーザー間

取引所形式はユーザー同士でトレードで行うためコストが少ないですが、

販売所形式とは業者とユーザーが直接売買します。

そのためスプレッドが若干広めに設定されています。多少割高で購入する必要があります。

出金が遅い

DMMビットコインは日本円を出金する場合、出金申請してから

3日営業日以内に反映されます。

他の国内取引所の出金反映時間と比較しても3日というのは長いので、

すぐに日本円を出金したいという人には向いていません。

現物取引の取り扱い銘柄が少ない

DMMビットコインはレバレッジ取引に特化している取引所です。

そのため現物取引の仮想通貨が少ないです。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)

 

DMMビットコインの評判・口コミ

良い口コミ
口座を開設するのはとても簡単ですし、手数料が安いということが魅力的です。
良い口コミ
DMMビットコインのスマホアプリは便利でサクサク動くため、
変なストレスを感じることもないと思います。
良い口コミ
取引や操作について分からない事があっても、
LINEを利用してすぐにサポートを受けられるのでとても便利で安心です。
良い口コミ
DMMビットコインのセキュリティーは2段階認証や資産を分別して管理するなど、
しっかり対策されているので、とても安心して取引できています。
良い口コミ
様々なの通貨が取引できて、レバレッジ取引もできます。
XEMやLTCやETCも取引できます。なかなかの充実ぶりです。
良い口コミ
テレビコマーシャルなどでも有名なDMMという
大手の企業が母体になっているところも安心感があります。
悪い口コミ
スプレッドがCoincheck(コインチェック)並みにひどいのです。
気を付けてください。
悪い口コミ
レバレッジを大きくした取引が出来るのは良いですが、
スプレッドが広すぎるので使い難いと感じています。
ビットコインなどはスプレッドが狭い事もありますが、
アルトコインだと広すぎて気軽に取引出来る感じではありません。

DMMビットコインの口座開設

  • STEP1
    メールアドレスの登録

    まずは公式サイトにアクセスします。

    DMMビットコインの公式サイトはこちら

    そのまままずはメール登録!までスクロールし、そこから登録を行なっていきます。

    まずは自分のメールアドレスを登録していきましょう。

    スマホ用でもPC用でも、どちらでも登録することが可能です。

    DMMビットコイン 口座開設

    送信するボタンを押すと、メールアドレス宛に自動メールが届きます。

    仮登録用のURLが記載されているので、

    リンクをクリックしてパスワードの設定に移行しましょう。

    DMMビットコイン 口座開設

    パスワードは第三者から不正アクセスを受けないよう、強固なものを設定しましょう。

    送信するを押して、仮登録は完了になります。

  • STEP2
    個人情報の入力

    マイページにアクセスすると

    本口座登録を行うというポップアップが現れるのでクリックします。

    表示される書類や承諾文を読み、チェックを入れて次に進みます。

    各情報

    • 名前
    • 性別
    • 生年月日
    • 携帯電話番号
    • メールアドレス
    • 住所
    • 職業
    • 資産状況
    • 投資経験

    などを記入していきます。

    申し込むをクリックして本人確認画面へと進みます。

  • STEP3
    本人確認書類のアップロード

    続いて、本人確認書類の提出を行なっていきます。

    DMMビットコイン 口座開設

    本人確認には以下どれかの書類が必要なります。

    • 運転免許証
    • パスポート
    • マイナンバー

    もし上記の書類がない場合は以下の書類2つでも可能です。

    • 保険証
    • 住民票の写し
    • 年金手帳
    • 印鑑登録証明証

    本人確認書類の種類をプルダウンから選択して書類1と書類2に画像を添付します。

    添付する写真はなるべく鮮明に撮るようにしましょう。

    書類は対面での提出ではなく、アップロードするだけなので簡単に行うことができます。

    写真を送付できたら登録を押し、最後の携帯番号認証に進みましょう。

  • STEP4
    電話番号認証

    携帯電話番号認証では、

    SMS(ショートメール機能)を使って携帯電話と自分のアカウントを紐付けます。

    電話番号を入力すると、その番号宛に確認コードが送られてきます。

    送信された6桁を認証コードに打ち込んで本登録は完了となります。

  • STEP5
    郵送はがきを受け取る

    3日〜4日ほど経過すると、

    本人情報入力画面で入力した住所にハガキが届くので確認しておきましょう。

    そのハガキには6桁の認証コードが記載されていますので、

    そちらをDMMビットコインのマイページに打ち込めば、口座開設が全て完了になります。

  • STEP6
    二段階認証

    登録後に必ず行なっておきたいのが、セキュリティ強化のための2段階認証です。

    暗号資産取引が盛り上がる一方で、取引所へのハッキング被害や、

    アカウントの乗っ取り被害が続出しています。

    2段階認証の設定を行なっておけば、

    あらゆる場面で「認証コード」の入力が必要になり、

    あなたの資産をしっかりと守ることができます。

DMMビットコインの入金

DMMビットコインの入金は

  • 銀行振込
  • クイック入金

に対応しており、クイック入金なら入金手数料はかからないです。

銀行振込

銀行振込のボタンを押すと、

入金先の金融機関情報(口座番号など)が表示されますので、

その口座宛に資金を振り込みましょう。

DMMビットコインの振込先の金融機関はりそな銀行です。

りそなの口座から振り込めば、振込手数料を抑えることができます。

りそな銀行以外の金融機関の場合は、振込手数料がかかるので注意しましょう。

クイック入金

クイック入金では、インターネットバンキングを利用して入金を行います。

入金は即時反映ですので、すぐに取引を開始したい方はクリック入金を利用しましょう。

利用する銀行を選択して入金金額を入力したら、

それぞれの金融機関のサイトにジャンプするので、そちらで手続きを進めましょう。

まとめ

DMMビットコインはアルトコインのレバレッジ取引が行える

国内取引所なので興味がある方はぜひ口座開設して利用してみてください。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

国内取引所
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました