仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

【評判・口コミ】仮想通貨が稼げるブラウザBrave(ブレイブ)とは?使い方や換金方法などわかりやすく説明してみた

仮想通貨 Brave(ブレイブ)無料で稼ぐ

Brave(ブレイブ)とは

仮想通貨 Brave(ブレイブ)

Brave(ブレイブ)とはWebブラウザになります。

Brave(ブレイブ)はBrian Bondy氏とBrendan Eich氏によって作られました。

Brendan氏はなんとJavaScriptの生みの親であり、

Mozilla(ブラウザ「Firefox」の開発元)の共同創立者としてよく知られています。

Brave(ブレイブ)とは無料のオープンソースのブラウザであり、

広告やトラッカーをブロックすることを目的にしています。

また、独自の仮想通貨であるBATを採用しており、

コンテンツクリエイターに送る手段も提供しています。

Brave(ブレイブ)の特徴

Brave(ブレイブ)の特徴
  • 無料で利用が可能
  • 様々なデバイスで利用が可能
  • 広告ブロック機能が搭載
  • サイトの閲覧が高速表示可能
  • WEBサイトやSNSで投げ銭機能を使える
要チェック!!

無料で利用が可能

Brave(ブレイブ)のブラウザは無料で誰でも利用することが可能です。

様々なデバイスで利用が可能

Brave(ブレイブ)のブラウザは

  • Windows
  • Mac
  • Linux
  • iOS
  • Android

などの様々なデバイスで使うことができます。

広告ブロック機能が搭載

Brave(ブレイブ)のブラウザは広告ブロック機能が搭載されています。

WEBサイトやYoutube動画に表示される広告をブロックする機能である

Brave Shields(ブレイブ・シールド)があります。

サイトの閲覧が高速表示可能

Brave(ブレイブ)のブラウザはサイトの閲覧が高速表示可能です。

以下はBrave(ブレイブ)のブラウザとSafariを比較した動画です。

動画を見ていただければ、

圧倒的にBrave(ブレイブ)のブラウザのほうが早いことが確認できます。

多くの検索エンジンから選べる

検索エンジンは、

  • Google
  • Bing
  • DuckDuckGo
  • DuckDuckGo Lite
  • StartPage
  • Qwant

から選ぶことができます。

セキュリティが強固

Brave(ブレイブ)では通信が暗号化されており、

高水準のセキュリティが担保されています。

例えば、マルウェアやトラッカーなどもブロックできるので、

クリック誘導やフィッシング詐欺のリスクを軽減できます。

また、Brave(ブレイブ)のサーバーでは、

ユーザーの閲覧履歴などがデータ保持されないです。

そのため閲覧データはデバイス上にだけ存在するのでプライベートが保たれます。

WEBサイトやSNSで投げ銭機能を使える

Brave(ブレイブ)ブラウザでは投げ銭機能があります。

これは、

  • 気に入ったWEBサイト
  • TwitterなどのSNSの特定ユーザー

サイトやユーザーにブラウザ上で投げ銭(チップ)を付与できる機能です。

Brave(ブレイブ)はこの投げ銭機能によって、

良いコンテンツの生成を促そうとしています。

Brave(ブレイブ)のメリット

Brave(ブレイブ)のメリット
  • 仮想通貨が稼げる
  • 広告を自動で削除してくれる
  • ChromeやSafariからブックマークを移行できる
  • Chromeの拡張機能を使える
要チェック!!

仮想通貨が稼げる

なんと言ってもBrave(ブレイブ)には、

Brave Rewards(ブレイブ・リワーズ)という仕組みによって

特定の広告のみを表示させることができます。

Brave Rewardsを有効にすると、

プライバシーを重視した広告が表示されるようになります。

この広告を閲覧することで、報酬としてユーザーにBATポイントという、

Braveで使用されるトークンが付与されます。

このポイントを日本円に交換することも可能です。

広告を自動で削除してくれる

Brave(ブレイブ)は広告を自動で削除してくれる機能があるため、

ネットを快適に利用することができます。

そして多くの人が利用しているであろうYoutube動画も快適に見ることができます。

Youtube動画に挟まれる広告もブロックできるので、

快適に動画を閲覧することができます。

もちろん動画途中の広告だけではなく、再生直後の動画広告まで全てブロックします。

Youtube Premiumに加入していないユーザーにはぴったりなブラウザかもしれません。

ブラウジングが高速

通常のブラウザと比較すると、Brave(ブレイブ)のブラウザは、

  • PCの2倍
  • スマートフォンの最大8倍

という速いページ読み込みのためサクサクに動作します。

ChromeやSafariからブックマークを移行できる

ブラウザを変更すると今までブックマークしていたサイトを

再度登録し直すのはとても面倒です。

Brave(ブレイブ)のブラウザは現在多くの人が使用しているであろう

  • Chrome
  • Safari

からブックマークを移行できます。

ワンクリックで簡単にインポートして快適に使うことができます。

Chromeの拡張機能を使える

また、中には、Google Chromeの拡張機能が便利だから、

Chromeを使い続けたいという人もいます。

Brave(ブレイブ)ではChromeの拡張機能のインストールに対応しているので、

そんな人でも問題ないです。

Brave(ブレイブ)のブラウザでChromeウェブストアにアクセスして、

拡張機能をインストールできます。

Brave(ブレイブ)のデメリット

Brave(ブレイブ)のデメリット
  • Webサイトが表示崩れする
  • リスト2
  • リスト3
要チェック!!

Webサイトが表示崩れする

Brave(ブレイブ)では広告ブロック機能が強すぎるため、

一部のサイトのバナーが表示されないことや表示崩れすることがあります。

Brave(ブレイブ)ブラウザで稼ぐ方法

Brave(ブレイブ)ブラウザは、広告の表示設定をONにしてブラウザを使用すると、

閲覧した広告に応じてBraveのトークンであるBATが付与されます。

このBATのトークンは取引所を介して換金できます。

つまり、Brave(ブレイブ)は利用しているだけで稼げるブラウザです。

Brave(ブレイブ)は、なぜこのような仕組みが導入されているのかというと、

Brave(ブレイブ)は従来のGoogleのような

中央集権的な仕組みではなく分散型広告システムを導入しています。

そのため仲介者を排除して、

Basic Attention Token (BAT) というトークンを利用することによって、

  • ユーザー
  • サイト運営者
  • 広告代理業者

の三者だけで仕組み作り上げているからです。

Brave(ブレイブ)の評判・口コミ

良い口コミ
今まで使っていたブラウザに比べてBrave(ブレイブ)は確かに速いです。
もう戻れないです!!
良い口コミ
Braveブラウザで普段は広告が流れますが、
広告をブロック機能によって非常に快適にネットサーフィンできます。
良い口コミ
BraveブラウザでYoutube見ると広告ブロックされるため、
Youtubeをよく見る人は非常にありがたいです!!
良い口コミ
Braveブラウザを利用するとBATトークンが貯まるので、
ちょっとしたお小遣い稼ぎにぴったりです!!
良い口コミ
Braveブラウザは使いたいけど、Chromeも使いたい人は、
Chromeの拡張機能がそのまま使えるので、
ChromeからBraveの乗り換えを検討している人はかなり楽です。
悪い口コミ
Brave(ブレイブ)は動作が早いですが、起動は遅いような気がします。
そのため工夫としては、
毎回起動しなくていいように閉じないようにするのが良いと思います。

Brave(ブレイブ)の使い方

  • STEP1
    Brave(ブレイブ)のブラウザのダウンロード

    まずは、Brave(ブレイブ)のブラウザをダウンロードしましょう。

  • STEP2
    ブックマークをインポートする

    ブックマークをインポートしていきましょう。

    設定画面の上部メニューバーから「Settings」、

    さらに項目欄から「Get started」に飛び、

    「ブックマークと設定のインポート」をクリックします。

    仮想通貨 Brave(ブレイブ)

    表示されるボックスからインポート元のブラウザを設定して

    「インポート」をクリックすると、

    仮想通貨 Brave(ブレイブ)

    ブックマークがインポートされます。

    これでブックマークのインポートが完了です!

  • STEP3
    広告表示・非表示を切り替える

    まず設定画面もしくはアドレスバー右から

    「Brave Rewards/Rewards Settings」メニューを選択して、

    「Brave Rewards」をオンにします。

    仮想通貨 Brave(ブレイブ)

    オンにすると、広告が表示されるようになりBATを獲得することができます。

  • STEP4
    広告表示数を最大限にする

    次に、メニューアイコンから広告表示数を設定します。

    仮想通貨 Brave(ブレイブ)

    収益を最大化するには、表示数を最大化すればOKです。

    仮想通貨 Brave(ブレイブ)

Brave(ブレイブ)ブラウザのBATの換金方法

Brave(ブレイブ)ブラウザのBATの換金方法について説明します。

Brave(ブレイブ)ブラウザで貯まったBATの換金するためには、

bitflyer(ビットフライヤー)がオススメです。

Brave(ブレイブ)上で配信される広告を閲覧すると、

翌月5日に報酬としてBATをbitFlyer(ビットフライヤー)上で受け取ることができます。

Brave(ブレイブ)ブラウザを利用することで受け取ったBATは、

BitFlyerで売却し日本円に換金できます。

現在デスクトップ版のBraveブラウザのみ連携可能です。

Braveで稼いだBATを換金したいだけなら、

bitFlyer(ビットフライヤー)だけは必ず口座開設しておきましょう。

Brave(ブレイブ)とbitFlyer(ビットフライヤー)の連携方法は以下のとおりです。

まとめ

今回は、Brave(ブレイブ)について紹介しました。

ネットサーフィンをするだけで、BATトークンを得ることができ、

そしてそのBATトークンを換金することができるので、

ネットサーフィンが多い人はBrave(ブレイブ)のブラウザを使うことをおすすめします。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

無料で稼ぐ
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました