仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

ライトニングネットワークとは?仕組みや特徴についてわかりやすく説明してみた

BitCoin(ビットコイン) ライトニングネットワーク 仕組み仮想通貨の基礎知識

ライトニングネットワークとは

BitCoin(ビットコイン) ライトニングネットワーク

 

ライトニングネットワークは

2015年にJosephPoonとThaddeusDryjaによって確立された概念です。

ライトニングネットワークはBitCoin(ビットコイン)の抱える

スケーラビリティ問題を解決するために考案された技術で、

コストの高いブロックチェーンへの書き込みを最小限に抑えて、

オフチェーン取引によってブロックチェーンの外側で送金を行い、

数百万取引/秒の処理を行います。

具体的なライトニングネットワークの仕組みをご紹介します。

ライトニングネットワークは既存のペイチャンネル同士を繋ぎ合わせることで、

本来ペイメントチャンネルを立ち上げなければならない部分を省略できます。

ペイメントチャンネルは、2者間で行うオフチェーン取引になります。

BitCoin(ビットコイン) ペイメントチャンネル

お互いの資産を管理して、お互いのマルチシグの承認で取引を成立させます。

ペイメントチャンネル内では何回も取引が可能であり、最終的な資産の配分率のみを

ブロックチェーンに保存して送金時間と手数料を節約させます。

ペイメントチャンネルは取引が2者間のみと制限されています。

例えば、現在、AさんとBさんとのペイントチャンネルがあったとしても

そこに取引に加わりたい第三者であるCさんは参加できません。

新規の取引相手毎に新規にペイメントチャンネルを立ち上げる必要があり、

非常に効率が悪い仕組みになっています。

ペイメントチャンネルの特徴
  • 送金時間と手数料を節約できる
  • 新規の取引相手毎に新規にペイメントチャンネルを立ち上げる必要がある
要チェック!!

そこで、さらにペイントチャンネルを発展させた形として、

ライトニングネットワークが開発されました。

また、ライトニングネットワークにはSegwit実装が必須です。

Segwitは取引サイズを圧縮してブロックサイズをそのままで

取引データをより多く収納することができる技術になります。

BitCoin(ビットコイン) Segwit

 

Segwit(セグウィット)とは?仕組みやメリットやデメリットについてわかりやすく説明してみた
BitCoin(ビットコイン)や仮想通貨の抱える大きな問題にスケーラビリティ問題があります。 このスケーラビリティ問題を改善するために考えられた技術にSegwitがあります。 今回はSegwit(セグウィット)とは?仕組みやメリットやデメリットについてわかりやすく説明してみました。

Segwitはライトニングネットワークの下地作りや基礎固めのために必須です。

ライトニングネットワークの特徴

ライトニングネットワークの特徴
  • 取引速度も速い
  • 手数料も安い
  • 少額決済にも使える
  • 処理性能が改良
ポイント!!

取引速度も速い

オンチェーンで送金をする場合は1承認されるまでに約10分掛かりますが、

ライトニングネットワークでは承認という概念が無いので数秒で送金が完了します。

手数料も安い

ライトニングネットワークの送金の手数料は送金金額に対して従量課金制です

現在の手数料は平均して0.1%ほとです。

通常1万円分のBTCをオンチェーンで送金する場合は、

10分以内の着金では1,000円以上の手数料が発生しますが、

ライトニングネットワークであれば10円程度で手数料が抑えられます。

少額決済にも使える

通常のオンチェーンでの送金の最低金額は294satoshiとなっており、

それにかかる手数料も300satoshiほど必要になります。

一方、ライトニングネットワーク上での送金は、1satoshiから可能です。

処理性能が改良

ライトニングネットワークではビットコインの

ブロックチェーンの制約に縛られないので、

毎秒数百万の送金を行うことが可能となっております。

ライトニングネットワークのメリット

ライトニングネットワークのメリット
  • マイクロペイメントができる
  • ​トラストレスである
要チェック!!

マイクロペイメントができる

ライトニングネットワークはオフチェーンですので、

少額でのマイクロペイメントが可能となっています。

ライトニングネットワークによって

取引回数が減るためマイナーに対して払う手数料が減ります。

またトランザクションがオフチェーンで行われるので

トランザクションの承認が早くなります。

実際に通貨としてはじめて導入した国エルサルバドルでは、

スターバックスコーヒーやマクドナルドが

ライトニングネットワークによって決済できるようになっています。

​トラストレスである

ブロックチェーン外で取引を記録するためには第三者が必要になります。

ライトニングネットワークによって第三者の信頼する必要が無く、

中継者の不正が必要なくトラストレスです。

ライトニングネットワークのデメリット

ライトニングネットワークのデメリット
  • 中央集権的になりかねない​
  • セキュリティに問題がある
要チェック!!

中央集権的になりかねない​

ライトニングネットワーク自体は分散的になっていますが、

ライトニングネットワークを成立させるためには、中継している人が

定期的な大きな額をビットコインのネットワーク上にデポジットする必要があります。

これは個人でできる人は少なく、

中継役にデポジットを多く所持している仲介者が利用頻度が高くなります。

ですので、政府や銀行などが仲介者として参入してしまうと、

中央集権化になってしまうリスクが存在します。

セキュリティに問題がある

ライトニングネットワークはオフチェーンのトランザクションのやり取りが

常に行われるのでホットウォレット化してしまう可能性があります。

仮想通貨のウォレットとは?特徴や種類についてわかりやすく説明してみた
仮想通貨にはウォレット(財布)が存在しますが、 その中でもホットウォレットとコールドウォレットと呼ばれる種類のウォレットが存在します。 仮想通貨を保管するためにはこれらの違いをしっかりと理解しておく必要があります。 今回は、仮想通貨のウォレットとは?特徴や種類についてわかりやすく説明してみました。

安全性の高いライトニングネットワークに対応した

ウォレットが開発されれば問題は解消されます。

まとめ

ライトニングネットワークによって

BitCoin(ビットコイン)の抱えるスケーラビリティ問題を解決できる可能性があります。

実際にマイクロペイメントとしてBitCoin(ビットコイン)が活用されていますので、

この先ライトニングネットワークによって、

BitCoin(ビットコイン)がより身近なところで活用されるのも時間の問題でしょう。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

仮想通貨の基礎知識
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました