仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨を始めるにはどこで買うべき?オススメの仮想通貨取引所やウォレットについて徹底比較してみた

Crypto Hacker

仮想通貨を始めるには口座開設が必要

仮想通貨についてある程度知識が得られたと思うので、

実際に仮想通貨に投資するためには口座開設が必要になります。

今回は、国内外の仮想通貨取引所について解説していきます。

仮想通貨取引所を選ぶ4つのポイント

仮想通貨 取引所 選ぶ ポイント

仮想通貨取引所を選ぶ4つのポイントをご紹介します。

仮想通貨取引所を選ぶ4つのポイント
  • 取り扱い銘柄の豊富さ
  • UIの使いやすさ
  • 手数料の安さ
  • セキュリティ
取引所を選ぶ
ポイントはこちら

取り扱い銘柄の豊富さ

仮想通貨取引所 選ぶ ポイント

取り扱い銘柄が多い取引所と少ない取引所があります。

取り扱っている仮想通貨数が少ない場合は、

せっかく値上がりする可能性がある銘柄があっても取引ができずに機会損失になります。

メジャーな銘柄を購入するだけであればそれほど大差はありませんが、

マイナーな銘柄を投資したい場合は、

様々な銘柄がある取引所の方を優先して選ぶべきですね。

UIのわかりやすさ

仮想通貨取引所 選ぶ ポイント

仮想通貨の初心者はUI(ユーザーインターフェイス)が、

わかりやすいほうが購入しやすいです。

どれだけ高機能な取引所でも使いこなせなければ意味がないので、

わかりやすいUIの取引所を選んで購入するのがオススメだと思います。

手数料の安さ

仮想通貨取引所 選ぶ ポイント

仮想通貨の取引所によっては手数料の高さに違いがあります。

仮想通貨の取引所では、主に以下のような手数料がかかります。

取引所の主な手数料
  • 取引手数料(スプレッド)
  • 仮想通貨送金手数料
  • 日本円出金手数料
手数料一覧だよ

一番注意すべきなのは、発生する頻度が一番高い取引手数料です。

特に仮想通貨初心者は少額取引されることが多いと思うので、

取引手数料が安い会社を選ぶことが重要です。

中には入金や出金する際に手数料が発生する場合もあります。

一律400円〜700円ほど発生する場合や取引額に応じて発生する場合などがあります。

また、スプレッドが狭い会社を選ぶことで取引コストを抑えることができます。

スプレッドが狭いほど短時間で利益が得られやすいです。

セキュリティの高さ

仮想通貨取引所 選ぶ ポイント

仮想通貨取引所は多くのユーザーの資金が集まるので、

ハッキングなどの標的にされやすいです。

私自身も一度仮想通貨をハッキングされて泣き寝入りしたことがあります。

国内の仮想通貨取引所は

  • マルチシグル
  • 2段階認証

といった基本的なセキュリティ対策は整っています。

さらにセキュリティとしてサーバーの安定性やSSL強度なども

チェックしておく必要があります。

仮想通貨の取引所・販売所の違いとは

仮想通貨 販売所 取引所 違い

仮想通貨には取引所と販売所の2つがあります。

取引所というのは、投資家同士が売買注文を行い、仮想通貨を取引するものです。

仮想通貨の運営会社は取引当事者を仲介する板と呼ばれる取引場所を提供します。

仮想通貨 販売所 取引所 違い

取引所は、販売所と比較しても取引所に対して、

支払う手数料を大幅に削減することが可能です。

販売所は、投資家から仮想通貨取引所を相手に

仮想通貨を購入または売却するサービスです。

仮想通貨 販売所 取引所 違い

販売所は購入価格と売却価格のスプレッドとして手数料の役割になります。

ですので、取引所と比べて購入価格が高くなり、売却価格は低くなる傾向があります。

取引所と販売所の使い分けとしては、長期投資が目的であれば販売所形式を利用して

頻繁に売買するのであれば取引所形式を利用するのが良いです。

取引所
  • 投資家同士が取引
  • 手数料が安い
  • 短期売買向き
販売所
  • 投資家と運営企業が取引
  • 購入価格が高く売却価格は低い
  • 長期投資向き

仮想通貨の投資までの流れ

仮想通貨を投資するためには

  1. 口座開設
  2. 本人確認
  3. 日本円入金
  4. 仮想通貨の購入
  5. 仮想通貨の売却
  6. 日本円の出金

というステップがあります。

これを理解しておけば、仮想通貨投資を始める準備が整います。

  • STEP1
    口座開設

    仮想通貨取引所 口座開設

    仮想通貨を購入するためには仮想通貨取引所で口座開設する必要があります。

    まずは、仮想通貨取引所のサイト内で新規登録を進めます。

    新規登録を完了すると入力したメールアドレス宛に登録メールが届きます。

    この段階では本登録が終わっていない仮登録段階です。

  • STEP2
    本人確認

    仮想通貨取引所 口座開設

    本登録するためには本人確認が必要となります。

    本人確認では氏名や住所、本人確認書類の提出などが求められます。

    入力が完了すると仮想通貨取引所が本人確認完了ハガキが発送されます。

    仮想通貨取引所によっては、

    ハガキに記載されているコードの入力が必要になる取引所もあるので、

    受け取った瞬間に捨てることのないように注意しましょう。

  • STEP3
    日本円の入金

    仮想通貨取引所 口座開設

    仮想通貨取引所の口座開設した後に仮想通貨を購入するための日本円を入金します。

    入金方法は銀行振込、コンビニ入金、ペイジー入金などで行うことができます。

  • STEP4
    仮想通貨の購入

    仮想通貨取引所 口座開設

    仮想通貨の購入は販売所方式と取引所方式で異なります。

    販売所方式では、購入者は仮想通貨取引所から仮想通貨を購入します。

    取引所形式では、購入者は売却を検討している投資家から仮想通貨を購入します。

  • STEP5
    仮想通貨の売却

    仮想通貨取引所 口座開設

    仮想通貨の売却も販売所方式と取引所方式で異なります。

    販売所形式では、販売所から提示されている売値で仮想通貨を売却することになります。

    取引所形式では、現在取引が行われている価格でそのまま売却する成行注文か

    価格を指定して売却する指値注文を選ぶことが可能です。

  • STEP6
    日本円の出金

    仮想通貨取引所 口座開設

    仮想通貨の売却が完了すると、

    アカウントの残高に日本円が反映されて出金が可能になります。

    アカウント内から自分の銀行口座に出金申請をすれば日本円を出金することが出来ます。

仮想通貨の取引所の口座開設に必要なもの

仮想通貨 口座開設 必要なもの

仮想通貨取引所で口座を開設するにしても、下記のものが必要になるため、

事前に準備しておくと口座開設までがスムーズに実施することができます。

口座開設に必要なもの
  • パソコンかスマホ
  • 身分証明書
この2つは
用意しておこう

国内のオススメの仮想通貨取引所

国内のオススメの仮想通貨取引所
  • Coincheck(コインチェック)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • GMOコイン
  • 楽天ウォレット
  • DMMビットコイン
オススメ!!

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック) 口座開設

  • 人気度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 銘柄の多さ
    少ない
    1
    2
    3
    4
    5
    多い
  • 使いやすさ
    使いにくい
    1
    2
    3
    4
    5
    使いやすい

国内の仮想通貨取引所で一番オススメなのがCoincheck(コインチェック)です。

国内のアプリダウンロード数もNo.1です。

Coincheck(コインチェック)は非常に初心者にもわかりやすいUIで設計されており、

仮想通貨初心者でも見やすいサイトやアプリを提供しています。

また、Coincheck(コインチェック)は取り扱っている通貨数が16種類と国内最多です。

仮想通貨を売買する際に発生する取引手数料が、取引所と販売所ともに無料です。

手数料を考えずに取引することができます。

Coincheck(コインチェック)のオススメポイント
  • 東証一部上場企業のマネックスグループによる運営
  • サイトやアプリが見やすく初心者でも使いやすい
  • 取扱い通貨数が国内最多
  • 取引所・販売所の手数料無料
ポイントはこちら

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー) 仮想通貨

  • 人気度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 銘柄の多さ
    少ない
    1
    2
    3
    4
    5
    多い
  • 使いやすさ
    使いにくい
    1
    2
    3
    4
    5
    使いやすい

bitFlyer(ビットフライヤー)は株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所です。

bitFlyer(ビットフライヤー)は米国やヨーロッパでもサービスを展開しており、

12種類の仮想通貨を取り扱っています。

また、TポイントをBitCoin(ビットコイン)に交換できる機能なども充実しています。

現物取引以外にもbitFlyer Lightningで信用取引や先物取引なども行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)のオススメポイント
  • ビットコインの取引量は国内No.1
  • 12種類の仮想通貨を取り扱っている
  • Tポイントで投資できる
  • 信用取引や先物取引もできる
  • 取引手数料や入金手数料は無料
ポイントはこちら

GMOコイン

GMOコイン 仮想通貨

  • 人気度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 銘柄の多さ
    少ない
    1
    2
    3
    4
    5
    多い
  • 使いやすさ
    使いにくい
    1
    2
    3
    4
    5
    使いやすい

GMOコインはGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

GMOコインの取り扱い通貨数は9種類となっており、

紹介している取引所の中でも少ないです。

しかし、取引に関する手数料は全て無料ですので、お得に取引を行うことができます。

GMOは現物取引以外にも信用取引を行うことができたり、

取引所と販売所が提供されているため、

自身の取引スタイルや状況に合わせて購入対応が可能です。

GMOコインのオススメポイント
  • 東証一部上場企業GMOインターネットグループを親会社に持つ取引所
  • 取引手数料、出入金手数料、送金手数料が無料!
ポイントはこちら

楽天ウォレット

楽天ウォレット 口座開設

  • 人気度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 銘柄の多さ
    少ない
    1
    2
    3
    4
    5
    多い
  • 使いやすさ
    使いにくい
    1
    2
    3
    4
    5
    使いやすい

楽天ウォレットは楽天グループの楽天ウォレット株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

楽天ウォレットでは、楽天市場や楽天カードで獲得した

楽天スーパーポイントを仮想通貨に交換することができる

ポイント交換サービスを提供しています。

スマホアプリ化ポイント交換することが可能で、

最低100ポイントから1ポイント=1円相当で

仮想通貨への交換が可能になります。

実際にお金を使って投資は不安だなという方はポイントを交換しながら、

仮想通貨投資に取り組むことが可能です。

楽天ウォレットは3種類の仮想通貨(BTC,ETH,BCH)を取り扱っています。

最小購入は100円で少額から始めることができます。

また、24時間365日いつでも取引口座へ法定通貨の入出金が可能です。

楽天ウォレットのオススメポイント
  • 楽天スーパーポイントを仮想通貨に交換できる
  • 専用のスマホアプリがある
  • リアルタイムで日本円入金が可能
ポイントはこちら

DMMビットコイン

DMMビットコイン 口座開設

  • 人気度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 銘柄の多さ
    少ない
    1
    2
    3
    4
    5
    多い
  • 使いやすさ
    使いにくい
    1
    2
    3
    4
    5
    使いやすい

DMMビットコインは、2018年1月にサービスをスタートした国内取引所です。

DMMビットコインはレバレッジ取引に特化している取引所で、

アルトコインを含めた12種類の銘柄をレバレッジ取引することができます。

運営会社のDMMはFX業界の大手企業として知られています。

金融の分野に非常に強い企業なので、金融関連のノウハウや実績はとても豊富です。

DMMビットコインのオススメポイント
  • アルトコインのレバレッジ取引が可能
  • 取引手数料、出入金手数料、送金手数料が無料!
ポイントはこちら

海外のオススメの仮想通貨取引所

仮想通貨初心者は国内取引所をオススメしますが、

実は海外の仮想通貨の取引所のほうが個人的に中級者や上級者にはオススメです。

全般的に海外の仮想通貨の取引所の特徴は以下になります。

  • 取引銘柄が豊富
  • レバレッジが大きい
  • 追証が発生しない
  • 様々なサービスが存在する

と国内取引所を使う理由が見当たらないほど海外取引所のサービスが優秀です。

海外仮想通貨取引所を利用するのは違法ではないのかという人がいますが、

原則として、海外の仮想通貨取引所の利用は違法ではありません。

ただ、金融庁の認可を得ていない業者で取引を行い、

何かしらのトラブルが発生した場合は自己責任となります。

日本語対応やサポート体制のレベルは取引所によって大きくバラつきがあるので、

有名な取引所だから大丈夫と過信せず、細かい部分まできちんとチェックしましょう。

海外のオススメの仮想通貨取引所
  • Binance(バイナンス)
  • FTX (エフティーエックス)
  • Bybit(バイビット)
要チェック!!

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス) 口座開設

  • 人気度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 銘柄の多さ
    少ない
    1
    2
    3
    4
    5
    多い
  • 使いやすさ
    使いにくい
    1
    2
    3
    4
    5
    使いやすい

Binance(バイナンス)は世界の仮想通貨取引所の中で最大手の取引所です。

取り扱う仮想通貨銘柄は200種類を超えています!

現在世界No1の取引所はBinance(バイナンス)ですね。

Binance(バイナンス)のオススメポイント
  • レバレッジが最大で125倍で追証が無い
  • 取り扱い銘柄は200種類以上
  • 独自のBNBトークンがある
ポイントはこちら

FTX (エフティーエックス)

FTX 口座開設

  • 人気度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 銘柄の多さ
    少ない
    1
    2
    3
    4
    5
    多い
  • 使いやすさ
    使いにくい
    1
    2
    3
    4
    5
    使いやすい

FTX (エフティーエックス)はデリバティブ専門の仮想通貨の取引所です。

FTX (エフティーエックス)は2019年4月に

アンティグア・バーブーダに設立された仮想通貨取引所です。

運営母体はFTX Trading LTDになっています。

2019年12月には、仮想通貨取引所の大手のBinance(バイナンス)が、

FTX (エフティーエックス)への戦略的出資を発表して話題になりました。

FTX (エフティーエックス)のオススメポイント
  • レバレッジが最大で101倍で追証が無い
  • 40種類以上の仮想通貨を取引が可能
  • 独自のFTTトークンがある
ポイントはこちら

Bybit(バイビット)

Bybit(バイビット) 口座開設

  • 人気度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 銘柄の多さ
    少ない
    1
    2
    3
    4
    5
    多い
  • 使いやすさ
    使いにくい
    1
    2
    3
    4
    5
    使いやすい

Bybit(バイビット)は仮想通貨FXに特化した取引所になります。

Bybit(バイビット)はシンガポールに拠点を構える海外取引所になります。

世界130カ国以上の人々が利用しており、

2021年4月には登録ユーザーが160万人を突破したと発表されています。

海外取引所というと難しそうなイメージがありますが、

日本語対応しているので日本ユーザーも多く利用しています。

Bybit(バイビット)のオススメポイント
  • 世界130カ国以上にユーザーを持つ
  • レバレッジが最大で100倍で追証が無い
  • 日本語対応をしっかりしている
ポイントはこちら

DEX(分散型取引所)のオススメの取引所

仮想通貨の取引所には

  • CEX(中央集権取引所)
  • DEX(分散型取引所)

の2種類があります。今まで紹介してきた取引所はCEXになります。

DEXはDecentralized Exchangeの略称で分散型取引所と言われています。

仮想通貨 DEX(分散型取引所)

DEX(分散型取引所)は仲介者となる企業が存在しません。

あくまで取引はユーザー同士が直接行います。

ユーザー同士で直接取り引きを実現可能にしているのが

スマートコントラクトの機能です。

スマートコントラクト機能があれば、

仲介者が存在せずとも契約は問題なく成立し、金銭の送受が行われる。

ユーザー同士が直接仮想通貨を取引できるので、

仮想通貨投資の時間的・金銭的コストが抑えられる可能性があります。

DEX(分散型取引所)のオススメの取引所をご紹介したいと思います。

DEX(分散型取引所)のオススメの取引所
  • Uniswap(ユニスワップ)
  • PancakeSwap(パンケーキスワップ)
  • SushiSwap(スシスワップ)
要チェック!!

Uniswap(ユニスワップ)

Uniswap(ユニスワップ) DEX(分散型取引所)

Uniswap(ユニスワップ)はDEX(分散型取引所)の弱点だった流動性の低さを

Poolという仕組みで解決した取引所です。

DEX(分散型取引所)は信頼性が高く、ユーザー数も多いことから

イールドファーミングが盛んに行われています。

Uniswap(ユニスワップ)でイールドファーミングを行うと、

報酬として独自トークンのUNIを得ることができます。

Uniswap(ユニスワップ)は初心者の利用も多く全体的に高評価ですが、

一部のサービスは英語表記なので英語でも問題ないユーザーにオススメです。

SushiSwap(スシスワップ)

SushiSwap(スシスワップ) DEX(分散型取引所)

SushiSwap(スシスワップ)はUniswap(ユニスワップ)から派生した取引所で、

Poolという仕組みを利用した流動性の確保の仕方はUniswap(ユニスワップ)ベースです。

また、Uniswap(ユニスワップ)と連携することができ、

独自のSUSHIをUniswap(ユニスワップ)に預けて

Uniswap(ユニスワップ)のUNIを得られます。

SushiSwap(スシスワップ)はレンディングプラットフォームの

KASHIとBentoBoxが挙げられます。

KASHIはレバレッジ取引の際に、

ユーザーがポジションを守るために

SushiSwap(スシスワップ)から資産を借りられる仕組みです。

BentoBoxは資産を預けることで報酬を得るシステムです。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)

PancakeSwap(パンケーキスワップ) DEX(分散型取引所)

PancakeSwap(パンケーキスワップ)は初心者向けのDEX(分散型取引所)です。

他のDEX (分散型取引所) と比較しても手数料が安いですし、

日本人の利用者が多い傾向にあり、

DEX(分散型取引所)を初めて利用する場合でも比較的に安心できます。

また、PancakeSwap(パンケーキスワップ)は

日本語対応もしていることが魅力の一つです。

仮想通貨のオススメのウォレット

仮想通貨にはウォレットと呼ばれるシステムが存在します。

このウォレットとは、仮想通貨を保管することができるシステムです。

ウォレットはその名の通りでお財布のようなものです。

ウォレットには

  • ホットウォレット
  • コールドウォレット

という2種類があります。

ホットウォレットはインターネットに接続された環境で管理されているウォレットです。

BitCoin(ビットコイン) ホットウォレット

インターネットに接続されているのですぐに送付などを行うことができます。

しかし、ホットウォレットはインターネットに繋がっている状態なので、

ハッキングされて保管している仮想通貨が盗まれるリスクもあります。

セキュリティよりも利便性を重視しています。

コールドウォレットとはインターネットから遮断された状態で

管理されているウォレットです。

BitCoin(ビットコイン) コールドウォレット

コールドウォレットではインターネットに接続されていないので、

ホットウォレットに比べて送付には手間がかかります。

しかし、ホットウォレットよりもハッキングなどの

リスクが少なく安全なウォレットと言えます。

ホットウォレット
  • インターネットに接続されている
  • 送付などが楽
  • ハッキングリスクが高い
コールドウォレット
  • インターネットに接続されていない
  • 送付などが手間が掛かる
  • ハッキングリスクが低い

オススメのホットウォレット

オススメのホットウォレット
  • MetaMask(メタマスク)
  • Trast Wallet(トラストウォレット)
  • SafePal Wallet
オススメ!!

MetaMask(メタマスク)

仮想通貨 MetaMask(メタマスク)

MetaMask(メタマスク)は仮想通貨のウォレットで、

PCやスマホで仮想通貨の管理や送金などをすることができます。

MetaMask(メタマスク)は、DeFiやブロックチェーンゲームやNFTといった

サービスに連動しているので、

Dapps(分散型アプリケーション)などに興味がある方は、

必ずMetaMask(メタマスク)は持っておきたいウォレットになります。

Trust Wallet(トラストウォレット)

仮想通貨 Trust Wallet(トラストウォレット)

Trust Wallet(トラストウォレット)は

仮想通貨を購入・管理・取引・利益を得ることを可能にするウォレットになります。

Trust Wallet(トラストウォレット)は、

Binance(バイナンス)に2018年買収されました。

その結果Trust Wallet(トラストウォレット)を使うユーザー数は

なんと500万人超えています。

Trust Wallet(トラストウォレット)は

40以上のブロックチェーンと16万以上の仮想通貨に対応しています。

また、Trust Wallet(トラストウォレット)内で仮想通貨を購入することができ、

仮想通貨)のステーキングも可能で大変優秀なモバイルウォレットです。

持っておいて損はないウォレットの一つです。

SafePal Wallet

仮想通貨 SafePal Wallet

MetaMask(メタマスク)はEthereum(イーサリアム)ベースなので、

SafePal WalletはBSC(バイナンスチェーン)に対応しているため、

Binance(バイナンス)の銘柄などを扱う際には非常におすすめのウォレットです。

オススメのコールドウォレット

オススメのコールドウォレット
  • Ledger Nano S
  • SafePal S1
オススメ!!

Ledger Nano S

Ledger Nano S

Ledger Nano SはフランスのLedger社が開発・提供する

ハードウェアタイプの仮想通貨ウォレットです。

PCにUSB接続して、専用のデスクトップアプリを使って

資産管理が可能なコールドウォレットです。

取引に必要な秘密鍵はLedger Nano S内に保存される上、

デバイスとPINコードの両方が揃わない限り資産の移動ができないため、

遠隔でのハッキング被害などからより安全に資産を保管できます。

SafePal S1

SafePal S1

SafePal S1は2018年に発売された、比較的新しいハードウォレットです。

世界最大規模の取引所であるBinanceからの出資を受けた

Safepal社が開発を担当しており、スマホアプリ版であるSafepal walletと

同期させて使用することができます。

Safepal S1にはインターネットに接続する機能が一切ついておらず、

ハッキングに極めて強い耐性を持つウォレットであると言えます。

また、これまでのハードウェアウォレットには無かった、

スワップ機能やDappsへのログイン機能も搭載されており、

これまでのウォレットとは一線を画した存在です。

Google Authenticator

Google Authenticator

二段階認証(2FA)で必須なGoogle Authenticatorを紹介していきます。

仮想通貨の取引所では二段階認証を行うことで、

ハッキングリスクなどが低減されます。

必ず二段階認証は設定するようにしましょう。

まとめ

この章ではオススメの仮想通貨取引所やウォレットについて比較などをしてきました。

タイトルとURLをコピーしました