仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

これさえ読めば脱初心者!!ブロックチェーンの基礎知識についてわかりやすく説明してみた

Crypto Hacker

Ethereum(イーサリアム)とは

仮想通貨 Ethereum(イーサリアム)

Ethereum(イーサリアム)とは、

ヴィタリック・ブテリン氏によって開発された

ブロックチェーンプラットフォームのことです。

Ethereum(イーサリアム)ブロックチェーン上には多くのコンテンツが存在しており、

開発コミュニティも非常に大きいことが特徴的です。

Ethereum(イーサリアム)とは?特徴や仕組みについてわかりやすく説明してみた
Ethereum(イーサリアム)とは、BitCoin(ビットコイン)に次ぐ時価総額を占めている仮想通貨です。 そんなEthereum(イーサリアム)の基本的な知識や特徴などを初心者の方にも分かりやすく解説します。 今回は、Ethereum(イーサリアム)とは?特徴や仕組みについてわかりやすく説明してみました。

DApps(分散型アプリケーション)とは

ブロックチェーン DApps(分散型アプリケーション)

DAppsとはDecentralized applicationsの略称です。

分散型アプリケーションという意味で使われています。

特にEthereum(イーサリアム)と呼ばれるアルトコインで開発や運用が行われています。

DAppsの定義は様々ありますが、一般的には

  • アプリケーションがオープンソース
  • トークンを利用している
  • ユーザーの合意のもとで改善が行われる

などの条件を満たすアプリケーションだと考えられています。

Dapps(分散型アプリケーション)とは?メリットとデメリットや特徴についてわかりやすく説明してみた
Dapps(分散型アプリケーション)とはブロックチェーン上でスマートコントラクトを利用することで実現できるアプリケーションになります。 中央管理者が存在せず、不特定多数の者が自律的に行動し全体のシステムが機能します。 今回は、Ethereum(イーサリアム)で動くアプリケーションシステムDapps(分散型アプリケーション)についてわかりやすく説明してみました。

スマートコントラクトとは

ブロックチェーン スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、

執行する契約の内容・条件をプログラムを使って組み込むことで、

自動で処理を行なってくれる仕組みのことです。

Ethereum(イーサリアム)にはスマートコントラクトの機能が実装されています。

スマートコントラクトの最大の特徴は、

事前にプログラムされた契約の内容・条件に関して、

後からコードを改変できないところにある。

そのため、人手を介する必要がないのはもちろんのこと、

後からコードを勝手に変更されないという利点があります。

スマートコントラクトとは?メリットやデメリットについてわかりやすく説明してみた
スマートコントラクトとは仲介者を必要とせず取引を自動実行して、 ブロックチェーンに履歴を記録できる仕組みです。スマートコントラクトは一部企業が導入を進めており注目度が高まっている技術です。 今回はスマートコントラクトとは?メリットやデメリットについてわかりやすく説明してみました。

NFT(ノンファンジブルトークン)とは

仮想通貨 NFT

NFT(ノンファンジブルトークン)とは、

主にEthereum(イーサリアム)のブロックチェーン上に作られる

代替不可能なトークンになります。

NFT(Non Fungible Token)とは?特徴やメリットやデメリットについてわかりやすく説明してみた
最近、ブロックチェーン業界で非常に注目されているのが『NFT(Non Fungible Token)』です。 NFT(Non Fungible Token)は唯一無二の価値あるトークンであり、 これから先の時代ブロックチェーンを活用したクリエイターは追い風です。 今回は、NFT(Non Fungible Token)とは?特徴やメリットやデメリットについてわかりやすく説明してみました。

DEX(分散型取引所)とは

DEX(分散型取引所)

DEX(分散型取引所)はDecentralized Exchangeの略称で、

日本語で分散型取引所と言います。

今まで紹介した仮想通貨取引所というのは、管理する企業が存在します。

しかし、DEX(分散型取引所)は中央管理者がいません。

DEX(分散型取引所)の取引はユーザー同士が直接行う。

そのため、取引で発生するコストをかなり抑えられるという特徴があります。

DEX(分散型取引所)とはメリットやデメリットについてわかりやすく説明してみた
DEXとはDecentralized EXchangeの略です。 日本語で言うと分散型取引所という意味になります。 DEX(分散型取引所)はブロックチェーンを活用した特定の管理者がいない仮想通貨取引所になります。 今回は、これを読めば誰でもわかる!!DEX(分散型取引所)とはメリットやデメリットについてわかりやすく説明してみました。

DeFi(分散型金融)とは

ブロックチェーン DeFi(分散型金融)

DeFi(分散型金融)はパブリックブロックチェーンを活用した

金融プロトコルや金融アプリケーションなどを指します。

一般的に、イーサリアムブロックチェーン上にあるものを指すことが多い。

スマートコントラクトの仕組みを用いることで、

  • 人手を介することなく契約が執行される
  • リリース後のコード改変を防げる

などの特徴があります。

DeFi(分散型金融)とは?メリットやデメリットなどわかりやすく説明してみた
DeFiとはDecentralized Financeの略で ブロックチェーン上に構築される金融サービスやエコシステムの総称です。 日本語では分散型金融と呼びます。このDefiは2020年から急激に市場が成長しています。 今回は、DeFi(分散型金融)とは?メリットやデメリットなどわかりやすく説明してみました。

DAO(自律分散型組織)とは

ブロックチェーン DAO(自律分散型組織)

DAOはDecentralized Autonomous Organizationの頭文字をとった単語です。

日本語では自律分散型組織と訳されます。

DAOとは分散型で自律的に機能する組織のことです。

従来の組織では中央に意思決定する人がおり、その決定に従って動いていました。

しかし、DAOは中央の組織の代わりにとしてルールが存在し、

このルールに基づいて活動を行い中央の組織が無くても自動化された運営ができます。

実際にDeFi(分散型金融)などは銀行等の管理主体なしで、

無人で金融サービスを提供することができます。

ブロックチェーンの仕組みによって、

今後組織の管理もなしに運営される仕組みがどんどん誕生していきます。

DAO(自律分散型組織)とは?ブロックチェーンから誕生した株式会社に変わる次世代組織形態についてわかりやすく説明してみた
ブロックチェーンのスマートコントラクトを活用することで、 DAO(自律分散型組織)という従来のトップダウンの企業の組織形態を変える新たな組織形態が誕生しようとしています。 今回は、DAO(自律分散型組織)とは?ブロックチェーンから誕生した株式会社に変わる次世代組織形態についてわかりやすく説明してみました。

IEO(Initial Exchange Offering)とは

仮想通貨 IEO投資 稼ぐ方法

IEOは正式名称が

Initial Exchange Offering(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)です。

これは新しくトークンを発行して仮想通貨取引所に上昇させて

先行販売を行い資金調達を行う方法になります。

IEO(Initial Exchange Offering)とは?メリットとデメリットやICO・STO・IPOの違いや特徴についてわかりやすく説明してみた
IEOとは、新しくトークンを発行して仮想通貨取引所に上昇させて先行販売を行い資金調達を行う方法です。 今まではICOが一般的な資金調達方法として知られてきましたが、問題や金銭トラブルが相次ぎIEOが新たに注目されています。 今回は、IEO(Initial Exchange Offering)とは?メリットとデメリットやICO・STO・IPOの違いや特徴についてわかりやすく説明してみました。

ステーブルコインとは

仮想通貨 ステーブルコイン

ステーブルコインとは、

法定通貨や金などの資産を担保として価格を安定させている仮想通貨です。

ステーブルコインには様々な種類が存在します。

BitCoin(ビットコイン)やEthereum(イーサリアム)など裏付けがない資産は

価格変動が激しい為決済手段として活用が進んでいません。

そこで価格の安定を実現させるように設計された仮想通貨がステーブルコインです。

ステーブルコインとは?仕組みやメリットとデメリットについてわかりやすく説明してみた
ステーブルコインとは、その価格が米ドルなどの法定通貨やゴールド(金)などの貴金属など様々な資産にペッグされた仮想通貨です。 今回は、ステーブルコインとは?仕組みやメリットとデメリットについてわかりやすく説明してみました。

メタバース(MetaVerse)とは

仮想通貨 メタバース

メタバース(MetaVerse)とは、SF作家である

ニール・スティーヴンスンが書いた小説のスノウ・クラッシュに登場する

インターネット上に広がる仮想世界のことです。

メタバース(MetaVerse)の概念や定義とは?ブロックチェーンやNFTの応用などわかりやすく説明してみた
メタバースとは仮想空間上にある現実世界のミラーワールド(鏡像世界)のことです。 メタバースはVRやARなどを活用したインターネットの集合です。 このメタバースはブロックチェーンや仮想通貨の技術と活用することでSFの世界の言葉ではなくなりました。 今回は、メタバース(MetaVerse)の概念や定義とは?ブロックチェーンやNFTの応用などわかりやすく説明してみました。

まとめ

いかがでしたか?仮想通貨を全く知らないあなたも

ブロックチェーンの基本とされる知識は身についたと思います。

では、知識が身についたので次は仮想通貨の口座開設に進みたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました