仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

これさえ読めば脱初心者!!BitCoin(ビットコイン)や仮想通貨の基礎知識について

Crypto Hacker

お金の歴史

仮想通貨 お金の歴史

まず、仮想通貨の知識を学ぶ前にお金がどのような仕組みで作られて、

人類や社会にどのような影響を与えたのかを答えられる人は少ないと思います。

最初は資本主義社会がどのようにして誕生したのかお金の歴史を解説していきます。

意外と知らない!!お金の誕生から仮想通貨までの金融の歴史についてわかりやすく説明してみた
最近は仮想通貨が日本でも認知されてきていますが、 仮想通貨を語る前にそもそもお金とは一体何なのかを説明できる人は少ないです。 今回は、意外と知らない!!お金の誕生から仮想通貨までの金融の歴史についてわかりやすく説明してみました。

仮想通貨とは

仮想通貨とは

仮想通貨とは電子データのみでやりとりされる通貨です。

インターネットを通じて不特定多数の間で、

物やサービスの対価に使用することができ、

中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在しておらず、

主に仮想通貨を扱う者同士によるP2Pと呼ばれる方式が採用されています。

専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。

仮想通貨は国家による強制通用力を持たず、

主にインターネット上での取引などに用いられます。

仮想通貨の始まりは、2008年10月にサトシ・ナカモトという人物が、

BitCoin(ビットコイン)に関する論文をインターネットに公開したことが

キッカケになります。

ナカモトサトシ Bitcoin(ビットコイン) 論文

サトシ・ナカモトの論文は数多くの研究者や開発者にインスピレーションを与えて、

3ヶ月後の2009年1月にBitCoin(ビットコイン)が誕生しました。

仮想通貨とBitCoin(ビットコイン)の生みの親であるサトシ・ナカモトとは一体誰なのかについて
今や世界中で取引されているBitCoin(ビットコイン)ですが、 その生みの親として知られているのがナカモトサトシです。 しかし、このサトシ・ナカモトは一体何者なのかいまだに解き明かされていないです。 今回は仮想通貨とBitCoin(ビットコイン)の生みの親であるナカモト・サトシとは一体誰なのかについてです。

BitCoin(ビットコイン)とは

仮想通貨 BitCoin(ビットコイン)

BitCoin(ビットコイン)はインターネット上で使用することができる仮想通貨の一つです。

サトシ・ナカモトと名乗る人物によって投稿された論文に基づき、

2009年に運用が開始されました。

BitCoin(ビットコイン)の特徴は4つあります。

①分散型であること(distributed)
②暗号を使っていること(Cryptographic)
③改ざんできないこと(Immutable)
④つねに検証を伴うこと(Proof-of-Work)

BitCoin(ビットコイン)について詳しく説明していきます。

BitCoin(ビットコイン)とは?仕組みや今後の展開などわかりやすく説明してみた
BitCoin(ビットコイン)とは、インターネット上で取引通貨発行が行われる仮想通貨の1種です。 2008年にナカモトサトシと名乗る人物が発表した論文に基づき開発されました。 今回は、BitCoin(ビットコイン)とは?仕組みや今後の展開などわかりやすく説明してみました。

ブロックチェーンとは

仮想通貨 Blockchain(ブロックチェーン)

ブロックチェーンとは、BitCoin(ビットコイン)の取引を記録する

分散型台帳を実現するためのテクノロジーとして、

BitCoin(ビットコイン)開発の過程によって誕生しました。

このブロックチェーンの技術によって仮想通貨が成立しています。

Blockchain(ブロックチェーン)とは?仕組みやメリットやデメリットなどわかりやすく説明してみた
ブロックチェーンは、時間が経つごとに改ざんが難しくなる記録技術と、P2Pで管理されたネットワーク方式のことです。 ブロックチェーンとBitCoin(ビットコイン)は別物です。 ブロックチェーンはBitCoin(ビットコイン)の開発の過程で生まれた取引を記録する分散型台帳を実現するための技術です。 今回は、ブロックチェーンとは?仕組みやメリットやデメリットなどわかりやすく説明してみました。

アルトコインとは

仮想通貨 アルトコイン

2009年に運用されたBitCoin(ビットコイン)の登場以降に

アルトコインと呼ばれる派生の仮想通貨も次々と誕生しました。

アルトコインはBitCoin(ビットコイン)以外の仮想通貨の総称になります。

仮想通貨には、大きく分けBitCoin(ビットコイン)とアルトコインの2種類があります。

アルトコインとは?BitCoin(ビットコイン)との違いなどわかりやすく説明してみた
アルトコインはBitCoin(ビットコイン)以外の仮想通貨を総称で「Alternative coin」を略したものです。 アルトコインはBitCoin(ビットコイン)と具体的に何が違うのでしょうか? 今回は、アルトコインとは?BitCoin(ビットコイン)との違いなどわかりやすく説明してみました。

BitCoin(ビットコイン)のマイニングとは

仮想通貨 BitCoin(ビットコイン) マイニング

マイニングとは、一般的には採掘を英訳しているマイニングという名前で定着しています。

マイニングは、取引データを承認する作業のことです。

BitCoin(ビットコイン)の個々の取引データをトランザクションと呼び、

それぞれのトランザクションをまとめて1つのブロックを作ります。

ブロックには、

  • いつ
  • 誰(どのアドレス)が
  • どのくらいの量のビットコイン(BTC)を取引したのか

という重要な情報が書き込まれて行きその取引情報を

第三者であるマイナーがチェックして承認していきます。

新しいブロックを生成する作業に対しる報酬として仮想通貨を手に入れる行為になります。

BitCoin(ビットコイン)のマイニングとは?利益やオススメのやり方についてわかりやすく説明してみた
マイニングとは、BitCoin(ビットコイン)などの仮想通貨の取引承認(コンセンサスアルゴリズム)に必要となる 複雑な計算をコンピューターで行いその成功報酬として仮想通貨を得ることを言います。 今回は、BitCoin(ビットコイン)のマイニングとは?利益やオススメのやり方についてわかりやすく説明してみました。

BitCoin(ビットコイン)の半減期の関係性

仮想通貨 BitCoin(ビットコイン) 半減期

BitCoin(ビットコイン)の発行枚数の上限は2,100万BTCと決まっています。

これはBitCoin(ビットコイン)が市場に出回りすぎると希少性が下がり、

価値も低下してしまうことを防ぐためです。

そのため一定のペースで上限に到達するように

新規発行枚数がプログラムで定められているので、定期的に新規発行枚数が減少します。

これを半減期と言います。

BitCoin(ビットコイン)の半減期とは?特徴や値動きの影響などわかりやすく説明してみた
半減期とはBitCoin(ビットコイン)の採掘報酬が半減するタイミングのことです。 半減期が訪れると新規の通貨発行量が減少するため、希少性が高くなり価格が高騰します。 今回は、BitCoin(ビットコイン)の半減期とは?特徴や値動きの影響などわかりやすく説明してみました。

BitCoin(ビットコイン)とゴールド(金)の関係性

仮想通貨 BitCoin(ビットコイン) ゴールド(金) 関係性

BitCoin(ビットコイン)はデジタル・ゴールドと呼ばれてたりします。

BitCoin(ビットコイン)は設計段階から

ゴールド(金)をモデルとして作られた経緯があり、

そのため通貨というよりもむしろゴールド(金)によく似た性質を持っています。

【デジタル・ゴールド】BitCoin(ビットコイン)とゴールド(金)の相関や似ているのかどうかについて
BitCoin(ビットコイン)はゴールド(金)と性質が似ていることからデジタル・ゴールドと呼ばれることがあります。 BitCoin(ビットコイン)はゴールド(金)と似た性質を持ちながら、ゴールド(金)とは違う性質を持っています。 今回は、BitCoin(ビットコイン)とゴールド(金)の相関や似ているのかどうかについてです。

BitCoin(ビットコイン)とインフレの関係

仮想通貨 BitCoin(ビットコイン) インフレ 

現在、世界中がコロナの影響によって多くの国債発行を発行したことで、

類を見ないインフレが起きています。

インフレというのは、モノの値段が上がり続ける状態のことです。

モノの値段が上がることは、言い換えるとお金(紙幣)の価値が下がることです。

つまり、貯金などをしていてもお金の価値はどんどん目減りしていくわけです。

しかし、BitCoin(ビットコイン)は発行上限枚数が、

2,100万BTCとして定められているため、ディスインフレ通貨であると言われています。

インフレとBitCoin(ビットコイン)の関係について詳しく説明していきます。

【カンティロン効果】BitCoin(ビットコイン)はインフレヘッジとして有効かどうかについてわかりやすく説明してみた
コロナ禍における世界経済の停滞で、それに対抗して景気を浮揚させようと 各国の政府は大規模な金融緩和政策を行っておりますが、 紙幣価値がインフレしてより富を得るものと失うものの格差が生じるカンティロン効果という現象が起きています。 BitCoin(ビットコイン)はインフレから貧困層を守る救世主のような存在なのです。 今回は、BitCoin(ビットコイン)はインフレヘッジとして有効かどうかについてわかりやすく説明してみました。

BitCoin(ビットコイン)ETFの関係性

仮想通貨 BitCoin(ビットコイン)ETF 関係性

BitCoin(ビットコイン)ETFとはBitCoin(ビットコイン)を投資対象に含んだ

上場投資信託になります。ETFとはExchange Traded Fundsの略語で、

証券取引所に上場している投資信託を指します。

証券取引所に上場しているので株の売買と同様に証券会社を通じて取引を行えます。

この先将来BitCoin(ビットコイン)ETFが多くなっていけば、

将来的にBitCoin(ビットコイン)の価格が1BTC=1億円も夢じゃないです。

BitCoin(ビットコイン)ETFとは?承認や価格の影響についてわかりやすく説明してみた
BitCoin(ビットコイン)ETFはお金を一つにまとめてそのお金を証券取引所が代わりに運用してくれる仕組みです。 BitCoin(ビットコイン)ETFが実現すると様々な資本が入るためさらなる価格の上昇が見込まれます。 今回は、BitCoin(ビットコイン)ETFとは?承認や価格の影響についてわかりやすく説明してみました。

ビットコインアドレスとは

ビットコインアドレスとは

ビットコインアドレスは取引をする際に受け渡しをする口座番号のようなものです。

銀行では相手の口座番号を指定して送付しますが、

BitCoin(ビットコイン)も送付するときはビットコインアドレスを指定します。

ビットコインアドレスとは?公開鍵と秘密鍵や公開鍵暗号方式の仕組みを徹底解説
仮想通貨やBitCoin(ビットコイン)の送金の仕組みをご存知ですか? こうした仕組みを知り仮想通貨を利用している人としていない人は雲泥の差です。 今回はビットコインアドレスとは?公開鍵と秘密鍵や公開鍵暗号方式の仕組みを徹底解説してみました。

ウォレットとは

BitCoin(ビットコイン) ウォレット

仮想通貨にはウォレットと呼ばれるシステムが存在します。

このウォレットとは、仮想通貨を保管することができるシステムです。

ウォレットはその名の通りでお財布のようなものです。

仮想通貨のウォレットとは?特徴や種類についてわかりやすく説明してみた
仮想通貨にはウォレット(財布)が存在しますが、 その中でもホットウォレットとコールドウォレットと呼ばれる種類のウォレットが存在します。 仮想通貨を保管するためにはこれらの違いをしっかりと理解しておく必要があります。 今回は、仮想通貨のウォレットとは?特徴や種類についてわかりやすく説明してみました。

スケーラビリティ問題とは

BitCoin(ビットコイン) スケーラビリティ問題

スケーラビリティ問題というのは利用者の増加によって

マイナーがブロック承認が遅れるという事象です。

ブロック承認が遅れると取引に遅延が発生して、優先的に取引を行ってほしい場合は、

マイナーにより多くの手数料を払うなどの取引手数料の高騰という問題も起こります。

スケーラビリティ問題とは?BitCoin(ビットコイン)にどのような影響を与えるのかについてわかりやすく説明してみた
スケーラビリティ問題とは、BitCoin(ビットコイン)のブロックサイズの上限が理由となり、 送付の手数料が高騰したり、取引の処理遅延などが発生する問題です。 今回は、スケーラビリティ問題とは?BitCoin(ビットコイン)にどのような影響を与えるのかについてわかりやすく説明してみました。

Segwitとは

BitCoin(ビットコイン) Segwit

Segwitとは、Segregated Witnessの略で、

ブロックチェーン上に記録される取引データのサイズを圧縮する方法のことです。

取引データが圧縮されることによって、

1ブロックあたりに記録される取引データの量が増加して速やかな取引処理が実現します。

Segwit(セグウィット)とは?仕組みやメリットやデメリットについてわかりやすく説明してみた
BitCoin(ビットコイン)や仮想通貨の抱える大きな問題にスケーラビリティ問題があります。 このスケーラビリティ問題を改善するために考えられた技術にSegwitがあります。 今回はSegwit(セグウィット)とは?仕組みやメリットやデメリットについてわかりやすく説明してみました。

ライトニングネットワークとは

BitCoin(ビットコイン) ライトニングネットワーク

ライトニングネットワークとは、

オフチェーン上でデータ集約やトランザクションの処理を行い、

効率化されたトランザクションのみをブロックチェーン上で処理するものです。

ライトニングネットワークによってブロック容量に余裕を持ち処理することができるので、

高速送金やマイクロペイメントが可能になります。

ライトニングネットワークとは?仕組みや特徴についてわかりやすく説明してみた
BitCoin(ビットコイン)が抱える問題の1つにスケーラビリティ問題があります。 このスケーラビリティ問題を解決するために作られたのがライトニングネットワークという技術です。 今回は、ライトニングネットワークとは?仕組みや特徴についてわかりやすく説明してみました。

まとめ

いかがでしたか?BitCoin(ビットコイン)を全く知らないあなたも

基本とされるBitCoin(ビットコイン)の知識は理解できたと思います。

次章は仮想通貨のブロックチェーンの知識に進みたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました