仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のAave(アーベ)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

Aave(アーベ) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性DeFi銘柄

Aave(アーベ)とは

Aave(アーベ)とは分散型レンディンプラットホームの仮想通貨です。

Aave(アーベ)は、元々ETHLendという名前で

ICOを行って17億円調達に成功しましたが、

Aave(アーベ) ETHLend

リブランディングしてAaveとして別のプロジェクトとしてリスタートしました。

Aave(アーベ)は、フィンランド語でゴーストの意味があります。

なのでアイコンがオバケなんですね。

ゴーストは透明であり透明性の高い、

金融プラットフォームを作りたいというビジョンの現れかなと思います。

Aave(アーベ)は主にレンディングを軸にプロダクト開発を行っています。

現在20種以上のトークンの貸借が可能です。

Aaveで取り扱っている銘柄の一部を記載しておきます。

  • ステーブルコイン:USDT, USDC, TRUST, sUSD, DAI
  • 仮想通貨:ETH, BAT, KNC, LEND, LINK, REP, SNX, WBTC

通貨名Aave
ティッカーシンボルAAVE
価格価格はこちら

Aave(アーベ)の特徴

Aave(アーベ)の特徴
  • 信用委託システム
  • aToken
  • Flash Loan(フラッシュローン)
要チェック!!

信用委託システム

信用委託システムは、Aave(アーベ)に仮想通貨を預けた人が、

その仮想通貨を担保とする権利を他社に譲渡することで、

さらに利回りを得ることができるシステムです。

権利を譲渡する相手が本当に信頼できる相手か認知しておく必要がありますが、

Aave(アーベ)が借り手を

  • 企業
  • NGO
  • 仮想通貨取引所

などになるように予めシステムに決定しています。

この信用委任(Credit Delegation)は、

DeFiのサービスの中で初めて導入されました。

aToken

aTokenはAave(アーベ)の利付けトークンになります。

これは預け入れの際に発行されて償還された際に破壊されます。

自身の資産を貸し出すことでaTokenを受け取ります。

aTokenの保有者は、利回りに応じて利子を受け取ることが可能です。

aTokenはAaveプロトコルで預けられている資産と1対1になっています。

ATokensは、原資産が借り手に貸し出されている間は、

ウォレットに直接にリアルタイムで利息がつきます。

Aave(アーベ)のこの仕組みはCompound(コンパウンド)と似ています。

Compound(コンパウンド)については以下の記事を参考にしてください。

仮想通貨のCompound(コンパウンド)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた
Compound(コンパウンド)とは、レンディングプラットフォームの仮想通貨です。 DeFiレンディングプラットフォームの中でも最大手となります。 今回は、仮想通貨のCompound(コンパウンド)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみました。

Flash Loan(フラッシュローン)

Flash Loan(フラッシュローン)とは、担保なしローンになります。

通常であれば、借り手は仮想通貨の担保が必須でした。

しかし、Aave(アーベ)はFlash Loan(フラッシュローン)という

スマートコントラクトの機能によって担保なしで、超短期で借り入れすることができます。

Flash Loan(フラッシュローン)の仕組みで

Aave(アーベ)は一躍サービスが普及しました。

Aave(アーベ)の今後の見通しや将来性

Aave(アーベ)の今後の見通しや将来性
  • ノン・カストディアン型レンディングサービス
  • イギリスの金融行動監視機構(FCA)の承認を受けている
要チェック!!

ノン・カストディアン型レンディングサービス

カストディアンというのは、投資家に代わって資金を管理する人たちの総称です。

これは銀行もカストディアンになります。

銀行もAave(アーベ)と同じように資金を預けられた預金者の預金を活用して

お金を借りたい人に利息付きでお金を貸し出す期間です。

しかし、カストディアンがいることによって、

中間マージンを引き起こしているのが現状です。

また、中央集権型の取引所などやレンディングサービスは

ハッキングなどの被害があります。

当然運営している企業がハッキングされると、

預けているお金はどこか行ってしまうリスクがあります。

しかし、Aave(アーベ)はノン・カストディアン型のレンディングサービスなので、

中間マージンを取ることもなく、

また非中央集権によってハッキングのリスクが少ないという点があります。

イギリスの金融行動監視機構(FCA)の承認を受けている

Aave(アーベ)のイギリスの法人である

Aave Limitedはイギリスの金融行動監視機構(FCA)の承認を受けて

電子マネー機関としての営業ライセンスを取得しています。

仮想通貨レンディングプラットフォームAaveがイギリスの金融行動監視機構(FCA)から

「電子マネー機関」の営業ライセンスを取得した。DeFiサービスへ法定通貨の窓口をサービス設計として整える。

FCAの公式記録によると、Aaveのイギリス法人Aave Limitedは申請から2年の月日を経て、

7月7日にライセンスが付与された。「電子マネー機関」のライセンスを取得で、

Aaveはイギリスで決済サービスを提供することができるようになる。

https://coinpost.jp/?p=177644

このライセンスによってイギリス在住のユーザーは口座の開設ができ、

Aave(アーベ)は電子マネーを扱えるようになっています。

今後、電子マネー期間として法定通貨から

仮想通貨へとアクセスができるようになっていきます。

Aave(アーベ)の購入方法や買い方

Aave(アーベ)のまとめ

Aave(アーベ)の評価ですが、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

Aave(アーベ)はDeFiの分野で頭角を表している銘柄の一つです。

その勢いでAaveもどんどん知名度や時価総額を今後上げていくと思います。

ぜひポートフォリオの一つに追加しましょう。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

DeFi銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました