仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のRenVM(レンブイエム)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

RenVM(レンブイエム)  購入方法 買い方 今後の見通し 将来性DeFi銘柄

RenVM(レンブイエム)とは

RenVM(レンブイエム)は、2020年5月にローンチされた比較的に新しい仮想通貨です。

RenVM(レンブイエム)はブロックチェーンの

普遍的な相互運用性を可能にするクロスチェーンの仮想通貨です。

クロスチェーンとは、異なるブロックチェーン同士を跨ぐことを指しています。

クロスチェーン取引が実現することによって、

取引所や第三者を経由すること無く異なる仮想通貨を交換することが可能です。

通貨名Ren
ティッカーシンボルREN
価格価格はこちら

RenVM(レンブイエム)の特徴

RenVM(レンブイエム)の特徴
  • イーサリアム基盤以外の資産をERC20のトークン化が可能
  • ChaosDEX
要チェック!!

イーサリアム基盤以外の資産をERC20のトークン化が可能

RenVM(レンブイエム)は、

イーサリアムBlockchain以外の資産を非中央集権的カストディに預けて、

それぞれのERC20バージョンのトークンを作ることが可能です。

RenVM(レンブイエム)  仮想通貨

RenVM(レンブイエム)は、Ethereum(イーサリアム)上で、

renBTCというBTCのステーブルコインを発行することができます。

当然、ステーブルコインなのでrenBTCの価格はBTC価格とほぼ連動しています。

RenVM(レンブイエム)はBTC以外にも

BCH(ビットコインキャッシュ)やZEC(ジーキャッシュ)も

ERCトークン化に対応しています。

RenVM(レンブイエム)  仮想通貨

  • BTC→renBTC(Ethereum(イーサリアム)のBTC)
    BCH→renBCH(Ethereum(イーサリアム)上のBCH)
    ZEC→renZEC(Ethereum(イーサリアム)上のZEC)

ChaosDEX

更にChaosDEXという異なるチェーン間での交換を行うDEXも稼働中です。

RenVM(レンブイエム)はBTCを集権型または管理者が管理する代わりに、

分散ノード(ダークノード)と呼ばれるネットワークに格納します。

分散ノード(ダークノード)は分散型仮想マシンを利用したネットワークになります。

この仮想マシンは数千台のマシンによって複製されており、

ネットワークの帯域幅や計算能力やストレージ容量に貢献します。

この分散ノード(ダークノード)によって毎分数百回、

いつでもどこでも実行することができ、

相互運用性のシームレスな仮想通貨の交換を可能にしています。

RenVM(レンブイエム)の今後の見通しや将来性

RenVM(レンブイエム)の今後の見通しや将来性
  • DeFi(分散型金融)の需要
  • MEW(My Ether Wallet)と連携
  • クロスチェーンのOTC取引
  • Chainlink(チェーンリンク)と提携している
要チェック!!

DeFi(分散型金融)の需要

通常ではDeFi(分散型金融)を利用する場合は、

集権型カストディアンと呼ばれる保管を行う金融機関が、

責任を持って預けている資産を保管します。

こうした集権型カストディアンはハッキングリスクがあります。

しかし、RenVM(レンブイエム)はカストディアンなどの直接介在する事なく、

スマートコントラクトとそれらを動かすノードが保管します。

この仕組みによってBitcoin(ビットコイン)のチェーンから

Ethereum(イーサリアム)を持ち込むことが可能です。

DeFi(分散型金融)のサービスとしては、Uniswapだったり1inchなどがあります。

RenVM(レンブイエム)  仮想通貨

MEW(My Ether Wallet)と連携

RenVM(レンブイエム)はMEW(My Ether Wallet)と連携しています。

連携することで、MEW(My Ether Wallet)のユーザーは、

Bitcoin(ビットコイン)をロックアップすることで、

renBTCを取得することが可能になります。

クロスチェーンのOTC取引

RenVM(レンブイエム)はクロスチェーンによるOTC取引です。

OTC取引Over The Counterの略で売り手と買い手が1対1で行う取引です。

OTC取引は元々は証券取引の世界で使われていた言葉です。

RenVM(レンブイエム)は取引所や市場を通さずに

個人や企業が直接仮想通貨の売買を行うことが可能であり、

取引先に対するリスクがないです。

Chainlink(チェーンリンク)と提携している

RenVM(レンブイエム)はChainlink(チェーンリンク)と提携しています。

RenVM(レンブイエム) Chainlink(チェーンリンク)

Chainlink(チェーンリンク)の安全性と信頼性の高い、

分散型オラクルネットワークを活用することで、

Ethereum(イーサリアム)のブロックチェーン上のスマートコントラクトは、

各クロスチェーンアセットの現在の担保を自律的に検証することが可能になります。

仮想通貨のChainLink(チェーンリンク)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた
ChainLink(チェーンリンク)とはアメリカのスマートコントラクト社によって設立されました。 ChainLink(チェーンリンク)はスマートコントラクトをブロックチェーンの外部情報(オフチェーン)に繋ぐための ミドルウェアとして開発された仮想通貨です。 今回は仮想通貨のChainLink(チェーンリンク)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみました。

RenVM(レンブイエム)の購入方法や買い方

RenVM(レンブイエム)のまとめ

RenVM(レンブイエム)の評価ですが、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

今後もDeFi(分散型金融)が盛り上がるのであれば、

RenVM(レンブイエム)の期待値も高くなると思います。

ぜひポートフォリオの一つに追加しましょう。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

DeFi銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました