仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

ビットコインアドレスとは?公開鍵と秘密鍵や公開鍵暗号方式の仕組みを徹底解説

ビットコインアドレス 公開鍵 秘密鍵 公開鍵暗号方式仮想通貨の基礎知識

ビットコインアドレスとは

ビットコインアドレスとは

ビットコインアドレスは取引をする際に受け渡しをする口座番号のようなものです。

銀行では相手の口座番号を指定して送付しますが、

BitCoin(ビットコイン)も送付するときはビットコインアドレスを指定します。

ビットコインアドレスの実体は英数字で構成された文字列です。

具体的には、以下のようなイメージになります。

1A1zP1eP5QGefi2DMPTfTL5SLmv7DivfNa

上記は世界で初めてビットコインを受け取ったアドレスです。

一般的なビットコインアドレスは27文字〜34文字の英数字を組み合わせたものです。

一般的なIDとは違い、判読が困難な文字列でできています。

これは秘密鍵から生成した公開鍵に

1方向の暗号学的ハッシュ化によって生成されているからです。

ビットコインアドレスの仕組み

BitCoin(ビットコイン)の管理には

  • 秘密鍵
  • 公開鍵

と呼ばれる2種類の鍵が利用されます。

ビットコインアドレスは2つのうち公開鍵を利用して作られています。

それぞれについて説明します。

秘密鍵とは

BitCoin(ビットコイン) 秘密鍵

秘密鍵とはBitCoin(ビットコイン)を保有している人だけが知っているものです。

秘密鍵は原則として持ち主だけが知っている情報です。

秘密鍵は、銀行の口座の暗証番号と同じですので他人に教えてはダメです。

公開鍵とは

BitCoin(ビットコイン) 公開鍵

公開鍵は誰でも知ることが可能できる鍵です。

公開鍵は秘密鍵を暗号化することによって不可逆的に生成することができます。

秘密鍵を特定の手順で変換すると、公開鍵が導出されて、

公開鍵をさらに変換するとビットコインアドレスが得られます。

この変換は数学的なロジックの上に成り立っています。

公開鍵は秘密鍵から生成されますが、

公開鍵から秘密鍵を導出することは数学的に不可能といわれています。

公開鍵暗号方式とは

BitCoin(ビットコイン) 公開鍵暗号方式

公開鍵暗号方式とは、

対になる2つの鍵を利用してデータの暗号化と復号化を行う暗号方式になります。

鍵は第三者に公開する公開鍵と自分しか知らない秘密鍵の2種類です。

公開鍵暗号方式の使用法にはデータの暗号化と署名の2つがあり、

BitCoin(ビットコイン)の場合は署名のみ使用します。

また、ビットコインアドレスからさかのぼり秘密鍵を引き出すことも不可能です。

秘密鍵→公開鍵→アドレスという方向の変換は可能ですが、逆変換はできません。

公開鍵暗号方式のメリット

公開鍵暗号方式は非常に堅牢な暗号方式です。

公開鍵暗号方式をハッキングしようとすると膨大な計算が必要となるため、

非常にに堅牢なセキュリティを保つことができます。

公開鍵暗号方式のデメリット

複雑な計算処理が必要というのはメリットだけではなく、デメリットにも繋がります。

公開鍵暗号方式を利用してデータの受け渡しをする際に、復号作業も負担が大きいです。

そのため、大きなデータを暗号化して受け渡す場合には向いていません。

もちろん、大きなデータであっても堅牢性を高める必要がある重要な

データである場合は公開鍵暗号方式を利用したほうが良いかもしれません。

マルチシグネチャー(マルチシグ)とは

BitCoin(ビットコイン) マルチシグ

マルチシグネチャー(マルチシグ)とはMulti(複数の)Signature(署名)を意味します。

送金するために必要な秘密鍵を複数にする仕組みです。

基本的な送金の場合はシングルシグと呼ばれる方法を使います。

BitCoin(ビットコイン) シングルシグ

1つの秘密鍵による署名でビットコインが送金することができます。

しかし、シングルシグの場合、秘密鍵が1つなので盗まれてしまった場合、

ハッキングされるリスクがあります。

実際に日本のCoincheck(コインチェック)のNEM(ネム)のハッキングは、

マルチシグを採用していなかったことも原因の1つと言われています。

一方でマルチシグの場合は、ビットコインの送金に複数の秘密鍵が必要になるため、

シングルシグに比べて安全性がより高いです。

マルチシグは通常のビットコインアドレスとは異なり、

マルチシグの必要な署名数は2/3のように分数で表されています。

この場合、事前に作られた3つの秘密鍵のうち2つの鍵で署名が必要になります。

マルチシグを採用することで高いセキュリティのウォレットを構築することができますし、

マルチシグを採用することで最重要データである秘密鍵が仮に1つ漏洩しても、

別の鍵がなければ送付が出来ないです。

ハッキングする人が2つ以上の別々で設計したプラットフォームを同時に侵略は困難で、

高セキュリティを構築できます。

マルチシグネチャー(マルチシグ)とは?仕組みやメリットデメリットについてわかりやすく説明してみた
マルチシグネチャー(マルチシグ)とはウォレットに複数の鍵を生成しその鍵を使って同時に署名することで取引が行われる署名方式です。 最近では取引所やウォレットにも採用されておりハッキングなどのリスクを軽減させてくれます。 今回はマルチシグネチャー(マルチシグ)とは?仕組みやメリットデメリットについてわかりやすく説明してみました。

まとめ

今回は、ビットコインアドレスや公開鍵と秘密鍵や公開鍵暗号方式の仕組みを

ご紹介しました。送金の仕組みを理解することが、

ブロックチェーンの仕組みを理解することにも繋がっていくので、

しっかりと公開鍵や秘密鍵などの知識をちゃんと持っておきましょう。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

仮想通貨の基礎知識
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました