仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のYearn.finance(ヤーンファイナンス)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

yearn.finance(ヤーンファイナンス) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性DeFi銘柄

Yearn.finance(ヤーンファイナンス)とは

Yearn.finance(ヤーンファイナンス)は、DeFiレンディングプロトコルです。

Yearn.finance(ヤーンファイナンス)は

開発者のAndre Cronje氏がほぼ一人で立ち上げたプロジェクトです。

Yearn.finance(ヤーンファイナンス)は具体的には

最適なレンディング関連のプロトコルに資金を移動させることが出来るプロトコルです。

DeFi系のレンディングでは、

仮想通貨を借りたい人と仮想通貨を貸したい人をマッチさせます。

しかし、DeFi系の盛り上がりで運用先は増えており、

投資家の比較対象が膨大になってきました。

そこで、Yearn.finance(ヤーンファイナンス)は、

投資家に最適なレンディングプラットフォームと投資先を選ぶコストを省く

という価値を提供しています。

通貨名Yearn.finance
ティッカーシンボルYFI
価格価格はこちら

Yearn.finance(ヤーンファイナンス)の特徴

Yearn.finance(ヤーンファイナンス)の特徴
  • 様々なアプリケーションが存在する
  • 投資家に最適なレンディングプラットフォームと投資先を選ぶコストを省く
要チェック!!

様々なアプリケーションが存在する

Yearn.finance(ヤーンファイナンス)にはアプリケーションが様々あります。

Yearn.finance(ヤーンファイナンス) アプリケーション

  • Vaults(保管庫)
  • Earn(稼ぐ)
  • Zap(ザップ)
  • Experimental(実験)
  • Stats(統計)

主に利用されるのがVaults(保管庫)、Earn(稼ぐ)、Zap(ザップ)です。

それぞれのアプリケーションについて解説していきます。

Vaults(保管庫)は資金プールです。

Yearn finance(ヤーン・ファイナンス)で、

Earn(稼ぐ)やZap(ザップ)のデポジットとして利用することができます。

Earn(稼ぐ)は複数のレンディングプロトコルから最適なところを選び、

ユーザーにyTokenを発行します。Vaults(保管庫)に入っている資金が利用されます。

Zap(ザップ)は取引コストを削減するために5種類のステーブルコインと

yTokenとをスワップできます。

現在のステーブルコインは、

  • BUSD
  • DAI
  • USDC
  • USDT
  • TUSD

などがあります。

投資家に最適なレンディングプラットフォームと投資先を選ぶコストを省く

投資家に最適なレンディングプラットフォームと

投資先を選ぶコストを省くことが可能です。

具体的には、

  • Aave
  • Compound
  • Dydx
  • Fulcrum

などのレンディングサービスを利用してトークンの貸し出しを最適化する

分散型のアグリゲータ・エコシステムを提供しています。

投資家にが預け入れた資金は利子が発生するyTokenに変換され、

最も効率の良いDeFiサービスに投資し続けられるように

定期的に運用の見直しが行われます。

もっと簡単に説明してしまえば、

ユーザーが保有するETHなどの仮想通貨を入金するだけで、

収益が最大化する戦略によって自動的に運用してくれます。

Yearn.finance(ヤーンファイナンス)の今後の見通しや将来性

Yearn.finance(ヤーンファイナンス)の
今後の見通しや将来性
  • 発行枚数が上限3万枚と少ないので希少性が高い
  • DeFiレンディングの市場規模拡大
  • リスト3
要チェック!!

発行枚数が上限3万枚と少ないので希少性が高い

Yearn.finance(ヤーンファイナンス)のYFIは発行枚数が上限3万枚と少ないです。

Bitcoin(ビットコイン)と

Yearn.finance(ヤーンファイナンス)の発行枚数を比較すると

  • Bitcoin(ビットコイン):2,100万枚
  • Yearn.finance(ヤーンファイナンス):3万枚

と1/700しか市場に流通しないため希少価値の高いです。

DeFiレンディングの市場規模拡大

Yearn.finance(ヤーンファイナンス)のメインな市場はDeFiレンディングです。

DeFiのレンディングプラットフォームは数多くありますが、

Yearn.finance(ヤーンファイナンス)はその中から最適の利回りの運用先を

自動的に選択してくれるので、特定のDeFiプラットフォームが衰退したとしても

Yearn.finance(ヤーンファイナンス)への価格への影響は限定的です。

様々なプロダクトがある

Yearn.finance(ヤーンファイナンス)には様々なプロダクトがあります。

  • yearn.finance
  • ytrade.finance
  • yliquidate.finance
  • yswap.exchange
  • iborrow.finance

Yearn.finance(ヤーンファイナンス)の購入方法や買い方

Yearn.finance(ヤーンファイナンス)のまとめ

Yearn.finance(ヤーンファイナンス)の評価ですが、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

DiFi系銘柄でも今後も期待できる銘柄のひとつです。

ぜひポートフォリオに加えておきましょう!!

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

DeFi銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました