仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

【デジタル・ゴールド】BitCoin(ビットコイン)とゴールド(金)の相関や似ているのかどうかについて

BitCoin(ビットコイン) ゴールド(金) 違い仮想通貨の基礎知識

BitCoin(ビットコイン)はデジタル・ゴールドと呼ばれる

仮想通貨 BitCoin(ビットコイン) ゴールド(金) 関係性

BitCoin(ビットコイン)は設計時点でゴールド(金)をモデルとして作られた経緯があり、

そのためBitCoin(ビットコイン)は通貨という立ち位置よりも

むしろゴールド(金)によく似た特性や性質を持っています。

そのためBitCoin(ビットコイン)はデジタル・ゴールドと呼ばれることもあります。

BitCoin(ビットコイン)はゴールド(金)と似ている点

BitCoin(ビットコイン)はゴールド(金)と似ている点
  • 中央管理者がいない
  • 発行できる上限が決まっている
  • 需給で価格が決まる
  • 価値の保存
  • チャートの形が同じ
要チェック!!

中央管理者がいない

ゴールド(金)地中や海中に埋まっており、

採掘や採取をして市場に売り出されると国境に関係なく売買が行われます。

BitCoin(ビットコイン)も同じように銀行や企業を介して取引が行われるのではなく、

売買はBitCoin(ビットコイン)のネットワーク参加者全員によって監視しています。

つまり、特定の企業や政府などの中央管理者によって

管理していないという共通点があります。

発行できる上限が決まっている

ゴールド(金)は産出量には約25万トンという限りがあることが知られています。

ゴールド(金)の今まで発掘された数は20万トンであり、

現在は年間3,000トン前後が掘り出されており、

このペースで今後採掘できるのは7万トン前後だと言われています。

BitCoin(ビットコイン)は全世界で発行上限枚数が2,100万枚と決められおり、

すでに現在発行されているのは1,800万枚を超えています。

両方に共通するのは発行できる上限が決まっているということです。

マイニングによってBitCoin(ビットコイン)が2,100万枚に到達すれば、

その後発行されることはないので価値が高まると予想されています。

需給で価格が決まる

株式は企業の業績や将来性などから判断される適正価格があります。

適正価格を指標に企業の株価が高いか安いかを判断して売買します。

しかし、ゴールド(金)やBitCoin(ビットコイン)は

基本的に受容と供給という売りたい人と買いたい人のバランスのみで価格が決まります。

価値の保存

紙幣や硬貨などは燃えたり紛失してしまうリスクがありますが、

ゴールド(金)は錆びず、焼けず、薬品でも溶けることはありません。

よって時間が経ってもその価値を保存することが可能です。

BitCoin(ビットコイン)も同様にブロックチェーンのネットワーク上で消滅すること無く、

保存することが可能で支払いに使うことも可能です。

このようゴールド(金)もBitCoin(ビットコイン)にも、

価値の保存ができる共通点があります。

チャートの形が同じ

価格の推移を一目で見ることができるのがチャートです。

ゴールド(金)とBitCoin(ビットコイン)のチャートを比較してみると、

同じような動きをしていることがわかります。

1970年代のゴールド(金)と現在のBitCoin(ビットコイン)の価格の推移です。

BitCoin(ビットコイン) 金

BitCoin(ビットコイン)はゴールド(金)と同様な動きをしており、

この先もチャートも同じ形を描く可能性があります。

BitCoin(ビットコイン)とゴールド(金)の違い

BitCoin(ビットコイン)とゴールド(金)の違い
  • 歴史の長さ
  • 物質の有無
  • 通貨として使えるか
  • 保管方法
要チェック!!

歴史の長さ

ゴールド(金)の場合は6,000年以上の歴史がありますが、

BitCoin(ビットコイン)は誕生してから約10年ほどです。

つまり、歴史を考えればゴールド(金)の信頼性には劣ります。

物質の有無

ゴールド(金)は実物を手元に置いておくことができる現物資産になります。

しかし、BitCoin(ビットコイン)はデジタル上で保存することができる価値となります。

ゴールド(金)は手元に置いておくことができるという安心感がある一方で、

非常に重たいですし、持ち運びには適していないです。

それに対してBitCoin(ビットコイン)はスマホやPCで

利用できるウォレットを使い管理することができ持ち運びが可能です。

通貨として使えるか

ゴールド(金)は金貨として世界中で使われており、

ゴールド(金)の価値を法定通貨として価値を図る金本位制という考えもありました。

しかし、現代はこうした金本位制という制度は利用されておらず、

ゴールド(金)はあくまで価値の保存である資産としての価値が確立されています。

しかし、BitCoin(ビットコイン)はゴールド(金)と似た性質を持ちながら、

交換可能な通貨として利用することが可能です。

実際に日本でも複数の仮想通貨決済を受け付けている飲食店などもあるので、

今後仮想通貨の需要が大きくなることで使える店舗も増えていくと思います。

保管方法

ゴールド(金)は錆びない、燃えないという不変的な特徴があります。

保管するためには特別な処理が必要ないですが、大きさや数量によっては

場所を取りますし、重たいため持ち運びが難しく金庫や自宅に保管するのが一般的です。

しかし、BitCoin(ビットコイン)はネットワーク上でウォレットに保管しておけば、

スマホやPCの中で売買することも可能ですし、決済することも可能です。

安心感としては目に見えて物理的な持ち運びが可能なゴールド(金)が良いですが、

利便性を考えればBitCoin(ビットコイン)が勝ります。

BitCoin(ビットコイン)はゴールド(金)と相関するのか?

BitCoin(ビットコイン)はゴールド(金)と相関するのかですが、

相関とは、2つのデータまたは確率変数の間にある線形な関係の強弱を測る指標です。

相関係数が正のとき確率変数には正の相関が、負のとき確率変数には負の相関になります。

過去2年間はBitCoin(ビットコイン)とゴールド(金)は逆相関的な動きをしてきました。

しかし、現在世界的なコロナ危機に伴う世界的な金融緩和によって

紙幣価値が下がったことでインフレし、

BitCoin(ビットコイン)とゴールド(金)との相関性が、

歴史的上最も強くなりつつあります。

仮想通貨 BitCoin(ビットコイン) ゴールド(金) 相関

まとめ

今回はBitCoin(ビットコイン)はゴールド(金)について解説しました。

ゴールド(金)の資産価値は多くの人が理解している一方で、

BitCoin(ビットコイン)はまだ資産として認知されていません。

BitCoin(ビットコイン)はゴールド(金)と似た性質を持ちながら、

ゴールド(金)とは違う性質を持っており上位互換のような存在です。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

仮想通貨の基礎知識
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました