仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

ステーブルコインとは?仕組みやメリットとデメリットについてわかりやすく説明してみた

ステーブルコインブロックチェーン技術

ステーブルコインとは

仮想通貨 ステーブルコイン

ステーブルコインとは、その価格が米ドルなどの法定通貨や

ゴールド(金)などの貴金属など様々な資産にペッグされた仮想通貨です。

ペッグとは釘を刺され、安定したという意味です。

ペッグは何らかの基軸通貨と連動して価格を一定レートに保つ仕組みをいいます。

ステーブルコインの特徴

ステーブルコインの特徴
  • 安定した価格を持っている
  • 資産を保全するための手段になる
  • 分散投資のポートフォリオの一つとなる
要チェック!!

安定した価格を持っている

ステーブルコインの価格はBitCoin(ビットコイン)やEthereum(イーサリアム)などの

他の仮想通貨に比べて安定しています。

仮想通貨の保有リスクにはボラティリティがありますが、

ステーブルコインはこうしたボラティリティを抑えることが可能です。

ステーブルコインは様々な通貨などにペッグしているため、

価格を安定させることに成功しています。

資産を保全するための手段になる

ステーブルコインは

  • 法定通貨
  • BitCoin(ビットコイン)

などの従来の資産よりも安心して保有することが可能です。

ステーブルコインはブロックチェーン上に構築されているので、

取引が全て記録されており、透明性が常に担保されています。

よってステーブルコインは資産を保全するための手段となります。

分散投資のポートフォリオの一つとなる

ステーブルコインは安定した資産として扱うことができるので、

分散とシウの選択肢の一つになります。

投資を行う際に様々な資産に投資をしてリスクヘッジをしますが、

ステーブルコインはそうしたリスクヘッジした分散投資のポートフォリオの一つになります。

ステーブルコインのメリット

ステーブルコインのメリット
  • 変動がない
  • 資産を防衛できる
  • 法定通貨の代替が便利である
要チェック!!

変動がない

ステーブルコインのステーブルというのは安定した、変動がないとう意味です。

BitCoin(ビットコイン)やEthereum(イーサリアム)などのような

ボラティリティの高い仮想通貨とは異なり、基本的に価格が安定しています。

資産を防衛できる

法定通貨や金融商品などでだけで資産を保有するよりも

多様な資産に分散して資産を保有することがリスク管理に繋がります。

ステーブルコインの価格の安定性が実現すれば

分散先の資産の選択肢の1つにステーブルコインが含まれます。

また、仮想通貨の取引で利益が出ている場合、

いつまた暴落する可能性があるかわからない状態で仮想通貨を保有するよりも

ステーブルコインに換えておくことで利益を確定させることも可能です。

法定通貨の代替が便利である

仮想通貨は国境や法定通貨同士の両替などの概念が無いので、

国際間決済や海外送金などに低コストでスピーディーに行うことができます。

ステーブルコインのデメリット

ステーブルコインのデメリット
  • 法整備が進んでいない
  • 発行元が中央集権化されている
  • 本当に裏付けがあるのかわからない
  • マネーロンダリングの危険性
要チェック!!

法整備が進んでいない

現在世界的にステーブルコインに対して法整備などが進んでいないので、

規制の如何によっては与える影響も大きくなることが予想されています。

発行元が中央集権化されている

ステーブルコインは価格が安定しており安全に思えますが、

ステーブルコインの発行元への信頼が不可欠になります。

仮にステーブルコインの発行元がハッキングや不正をした場合、

信頼が失墜してしまいます。

するとステーブルコインがいくら価値が安定しているとは言え、

信頼を失ったステーブルコインは価格が下落してしまいます。

中央集権化はカウンターパーティーリスクが大きいので注意が必要です。

本当に裏付けがあるのかわからない

現在、多くのステーブルコインの利用があるのがTether(テザー)です。

Tether(テザー)はドルを担保にしているステーブルコインです。

本当にドルの裏付けがあるのかという疑念があります。

未だにその疑念は払拭されていません。

Tether(テザー)の親会社であるBitfimex(ビットフィメックス)が、

Tether(テザー)を証拠金としてビットコインの

レバレッジ取引をしたのではないかの2点です。

これらの疑惑が真実であれば、

ステーブルコインであるTether(テザー)の信頼は失墜してしまうでしょう。

マネーロンダリングの危険性

ステーブルコインはマネーロンダリングに利用される可能性があります。

マネーロンダリングとは防いで入手したお金の出所をわからなくする手法です。

ステーブルコインは国際送金を低コストにスピーディーにすることが可能ですが、

反社会勢力などに利用させることが懸念されています。

今後ステーブルコインがマネーロンダリングに利用されないように

法整備や議論などが必要になります。

ステーブルコインの種類

ステーブルコインの種類
  • 法定通貨担保型ステーブルコイン
  • 仮想通貨担保型ステーブルコイン
  • 無担保型ステーブルコイン
要チェック!!

法定通貨担保型ステーブルコイン

法定通貨担保型 ステーブルコイン

現在仮想通貨市場で流通しているほとんどのステーブルコインは、

法定通貨担保型になります。

法定通貨担保型は法定通貨を担保に発行されているステーブルコインです。

担保となっている法定通貨の価格に連動させることでボラティリティを抑えます。

また、他のステーブルコインよりも価格が安定しているのが特徴的です。

法定通貨を担保にすることで自由に発行できるのでスケーラブルな仕組みになっています。

仮想通貨担保型ステーブルコイン

仮想通貨担保型 ステーブルコイン

仮想通貨担保型は仮想通貨を担保に発行されているステーブルコインです。

担保となった仮想通貨の価格を連動させることでボラティリティを抑える仕組みです。

仮想通貨担保型の特徴は、法定通貨担保型と違い管理者が存在しないです。

ですのでDeFiなどと相性がよくスマートコントラクトで制御することが可能です。

無担保型ステーブルコイン

無担保型 ステーブルコイン

無担保型は担保資産なしで発行されるステーブルコインです。

予め定められているアルゴリズムによってボラティリティを抑える仕組みになっています。

アルゴリズムが自動的に供給量を調節するのでアルゴリズム型と呼ばれたりもします。

無担保型は外部要素の影響を受けない設計になっているので、

分散性や拡張性があるのが特徴的です。

ステーブルコイン銘柄

ステーブルコイン銘柄
  • Tether(USDT)
  • USD Coin
  • JPYCoin(JPYC)
  • Binance USD (BUSD)
  • GYEN
  • MUFG
要チェック!!

Tether(USDT)

ステーブルコイン Tether(USDT)

Tether(USDT)は香港ベースのテザー(Tehter)社が発行するステーブルコインです。

2015年とステーブルコインでは老舗です。

仮想通貨の世界における資産退避先として多くの取引所に上場されて、

時価総額も取引量もNo1です。

ただし、テザー社には元々、発行残高に対して十分な担保資産が無いという疑惑や

発行したUSDETの価格操作を行ったという疑惑があります。

USD Coin

ステーブルコイン USD Coin

USD Coinは2013年に創業したサークル社が発行しているステーブルコインです。

サークル社は元々仮想通貨のウォレットや仮想通貨取引所を運営する会社でしたが、

ステーブルコインの発行業に鞍替えをしちえます。

USD Coinは2015年に米ゴールドマン・サックスの出資を受け入れており、

2018年よりアメリカの取引所であるCoinbase(コインベース)との業務提携関係があり、

Tether(テザー)に比べれば怪しさ1/10という印象です。

しかし、米国の厳しい規制を遵守するがゆえに、

取引量ではTetherを抜くことができないです。

JPYCoin(JPYC)

ステーブルコイン JPYCoin(JPYC)

JPYCoin(JPYC)は、日本円に連動しているステーブルコインです。

JPYCoin(JPYC)はJPYC株式会社が発行しています。

JPYC株式会社は2019年11月に創業しており、

2021年1月に日本初のステーブルコインとして誕生しました。

JPYCoin(JPYC)は1JPYC=1円で取引される前払式支払手段扱いです。

Binance USD (BUSD)

ステーブルコイン Binance USD (BUSD)

Binance USD (BUSD)は中国を拠点としている仮想通貨取引所の

Binance(バイナンス)が2019年に発行した

米ドルと価格が連動しているステーブルコインです。

Binance USD (BUSD)は、

NYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)に認可されています。

Binance USD (BUSD)は

  • パクソス・スタンダード(PAX)
  • ジェミニドル(GUSD)

のステーブルコインであり、双方のプラットフォームで購入・取引することが可能です。

Binance USD (BUSD)はERC-20とBEP-2の両方の規格によってサポートされています。

GYEN

GMO ステーブルコイン GYEN

GMOインターネットグループのGYENは、

米国銀行法の規制に準拠した世界初の日本円を担保にしたステーブルコインです。

ニューヨーク州の金融サービス局より配布されるビットライセンスを元に

発行対象は現時点では海外居住者になります。

日本ではステーブルコインの法規制が明確化されておらず、

国内で発行するにはリスクが伴うため海外でのみ発行されています。

GMOは、GYENと合わせて米ドルを担保に発行されるZUSDも提供しており、

将来的には両者による国際送金の実現を目指すようです。

MUFG

三菱UFJ ステーブルコイン MUFG

三菱UFJフィナンシャルグループのMUFGコインは、

日本円を担保にするステーブルコインを計画しています。

当初は自社で発行するステーブルコインとして機能させる計画でしたが、

他社でも簡単に独自のステーブルコインが

発行できるようにプラットフォーム型の構想に切り替えているようです。

MUFGコインは支払いや円との交換や個人間送金などの場面を想定しており、

ホットペッパーグルメの加盟店で使えるようになる予定です。

まとめ

ステーブルコインについて解説していきました。

ステーブルコインは仮想通貨のメリットを持ちながら、

ボラティリティが低いという特徴を持っています。

この先法定通貨や決済などでステーブルコインを

活用する場面が増えてくることが期待されます。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

ブロックチェーン技術
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました