仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

サイドチェーンとは?メリットとデメリットについてわかりやすく説明してみた

サイドチェーンブロックチェーン技術

サイドチェーンとは

仮想通貨 サイドチェーン

サイドチェーンとは、メインとなるブロックチェーンとは違うブロックチェーンを使い、

トランザクションを処理する技術になります。

サイドチェーンと親となるブロックチェーンは異なるブロックチェーンを作ります。

そして、メインチェーンとサイドチェーンはペグという方法によって結び付けられます。

仮想通貨は新しい決済方法としての活用を期待されている一方で、

処理速度などのスケーラビリティの問題も抱えているのが現状です。

サイドチェーン技術はそうした仮想通貨の問題点を解決する以外にも

機能を拡張する目的に開発されています。

機能を拡張する際にハードフォークという手段を取ることがありますが、

ハードフォークはプログラムの変更内容の提案から合意を得るまでに

長い時間と労力が掛かります。

しかし、サイドチェーンを利用することで、そんな労力やリスクを負う必要ないです。

サイドチェーンは、外部とのやりとりを仲介しながら、

種々の処理をブロックチェーンの代わりに行います。

その結果、あたかもブロックチェーンの機能変更や機能追加がされたかのように、

ハードフォークを行うことなく見せることが可能です。

サイドチェーンの特徴

サイドチェーンの特徴
  • 親チェーンの機能を拡張できる
  • パブリックチェーンとプライベートチェーンを用途ごとに使い分けが可能
  • サイドチェーン上で独自の通貨を発行可能
要チェック!!

親チェーンの機能を拡張できる

サイドチェーン上で処理理を行うことで、

処理時間の短縮や手数料の低下などやスマートコントラクトなどを

親ブロックチェーンに追加することができます。

また、サイドチェーンはパブリックチェーンである

親ブロックチェーンと結びついているため安全性や信頼性が高いです。

パブリックチェーンとプライベートチェーンを用途ごとに使い分けが可能

サイドチェーンとなるブロックチェーンでは、

パブリックチェーンとプライベートチェーンのどちらでも用途ごとに使い分けが可能です。

サイドチェーンはメインのブロックチェーンが、

パブリックチェーンでもプライベートチェーンであっても構築可能です。

例えば、処理に時間が掛かっても信頼性を重視したい場合はパブリックチェーン、

処理速度を重視したい場合はプライベートチェーンというように

使い分けをすることが可能となります。

サイドチェーン上で独自の通貨を発行可能

サイドチェーン上で独自の通貨を発行することができます。

独自の通貨を発行するということは、メインチェーンの開発が不要なので、

通常よりも手軽に独自の通貨を発行することが可能となります。

サイドチェーンで発行した独自通貨は、

親ブロックチェーン上の通貨とのやり取りや移動も可能です。

このことを双方向ペグと言います。

サイドチェーンのメリット

サイドチェーンのメリット
  • ブロックチェーン同士を仲介し違う仮想通貨とやりとりできる
  • 独自通貨を作成できる
  • 決済速度を高速化できる
  • 色々な機能を追加できる
  • ハッキングの被害の拡大を抑える
要チェック!!

ブロックチェーン同士を仲介し違う仮想通貨とやりとりできる

1つのサイドチェーンを異なる仮想通貨のブロックチェーンと関連させて、

それぞれの仮想通貨と独自通貨を交換することができます。

そのため取引所を介さずに異なる仮想通貨のやり取りすることができます。

独自通貨を作成できる

サイドチェーン上では独自のブロックチェーンを持たなくても

価値が保証されたトークンを発行することが可能です。

ブロックチェーン上に1対1の価値を持たせた通貨を生成することも可能です。

決済速度を高速化できる

例えば、ブロックチェーンで使われているPoWという

コンセンサスアルゴリズムがありますが、これおをPoSなどに

違うアルゴリズムに変更することができます。

もし、決済速度を究極に上げることだけを考えるのであれば、

コンセンサスアルゴリズムをなくしてしまうこともできるのです。

色々な機能を追加できる

スマートコントラクトなどをBitCoin(ビットコイン)のブロックチェーンに

実装されていない複雑な機能を追加することが可能です。

ハッキングの被害の拡大を抑える

ハッキングなどの被害があったとしてもサイドチェーンを切り離すことによって

被害の拡大を抑えることが可能です。

サイドチェーンのデメリット

サイドチェーンのデメリット
  • マイナーの負担が上がる場合がある
  • 魅力のないトークンはマイニングしてもらえない
要チェック!!

マイナーの負担が上がる場合がある

セキュリティリスクを考慮して、

ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムを使うことが可能ですが、

その分ブロックチェーンのマイナーがサイドチェーンのマイニングも行うことになるので、

マイナーへの負担が上がることになります。

魅力のない独自通貨はマイニングしてもらえない

また、マイナーがサイドチェーンのマイニングを行ってもトークンが貰えますが、

そもそもその独自通貨に魅力がないければ、

マイナーはサイドチェーンのマイニングを行いません。

すると、サイドチェーンの信頼性は低下することに繋がります。

まとめ

サイドチェーンは仮想通貨に機能を追加したり、

処理速度を向上させることでスケーラビリティ問題を改善したりと、

ブロックチェーンの発展には必要不可欠な技術になります。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

ブロックチェーン技術
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました