仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

IEO(Initial Exchange Offering)とは?メリットとデメリットやICO・STO・IPOの違いや特徴についてわかりやすく説明してみた

IEO(Initial Exchange Offering)ブロックチェーン技術

IEOとは

仮想通貨 IEO投資 稼ぐ方法

IEOは正式名称が

Initial Exchange Offering(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)です。

これは新しくトークンを発行して仮想通貨取引所に上昇させて

先行販売を行い資金調達を行う方法になります。

株式上場の仕組みと似たような流れでです。

上場された銘柄は取引所で自由に取引ができるようになります。

IEOとICOの違い

IEO以前にICOと呼ばれるものがあります。

2017年ごろに新しい資金調達方法としてICOが流行り始めました。

ICOとはInitial Coin Offering の頭文字をとったものです。

なぜICOではなくIEOに変わったのかというと、

新規トークンの値上がりに機体をして投資家はICOに参加したのですが、

法的な規制が整備されておらず詐欺などが横行していました。

そうしたこともありICOは2018年後半には大幅な減少して、

ICO市場は低迷の一途を辿っていました。

そうした問題点を払拭して新しい資金調達方法として誕生したのがIEOです。

IEOとICOとの違いは主に

  • 発行主体が明確に存在する
  • 販売する取引所が責任を負う

2点です。

ICOが誰でも仮想通貨を発行して資金調達できる手法だとすると

IEOはそれを取引所を通じて行うので、取引所の審査を通らなければなりません。

そのため発行主体を取引所が精査しているのでリスクが低いです。

ICOは誰でもセールを行える反面で、

良いプロダクトやサービスでも上手く資金調達できない場合があります。

そうしたセールに関して取引所が責任を負い、

仮想通貨取引所が販売業務や上昇までのサポートをするという

プロジェクトに対して一括なパッケージが組み込まれています。

IEOICO
利用できる人誰でも誰でも
取引相手取引所発行元
投資方法取引所を通してスマートコントラクトを通して
管理者取引所無し
プロジェクトの評価取引所によって作成無し
実行条件有り無し
カスタマーチェックKYC/AML第三者によって検証
(無い場合もある)
プロモーション発行元と取引所によって実施発行元によって実施
発行コスト平均最小
流動性高い低い
透明性高い低い
セキュリティー高い低い

IEOとICOの資金調達の流れの違い

IEOとICOの資金調達の流れの違いについて解説します。

IEOの資金調達の流れ

IEOの資金調達の流れは以下のとおりです。

  • STEP1
    新規プロジェクトの資金調達のために新しいトークンを作成する
  • STEP2
    取引所がプロジェクトを審査
  • STEP3
    選ばれた銘柄のみが新規上場
  • STEP4
    取引所を通してトークンの取引を行う

ICOの資金調達の流れ

ICOの資金調達の流れは以下のとおりです。

  • STEP1
    新規プロジェクトの資金調達のために新しいトークンを作成する
  • STEP2
    ︎投資家にSNSなどを使ってプローモーションを行う
  • STEP3
    トークンを買ってもらう

IEOとIPOの違い

IPO(Initial Public Offering)は株式を発行して、

その株式を株式市場に上場させて資金調達を行います。

IPOとの対比で考えればIEOは株式の代わりに新規発行されるトークンを

投資家に売却することで資金調達を行うものになります。

IPO及びIEOいずれも企業側は資金調達で事業展開を行い、

投資家はIPOの場合は企業の成長による株価の上昇を望みます。

IEOとSTOの違い

STO(Security Token Offering)です。

STOは従来の株式や社債などの金融商品をEthereum(イーサリアム)などの

ブロックチェーンに乗せて暗号化トークンにして取引できるようにする仕組みです。

STOを使うことで上場ハードルが下がり、取引がしやすくなることや

透明性が高くなり安全に取引することができるようになりました。

IEOのメリット

IEOのメリット
  • 信頼度が高い
  • 参加がしやすい
  • 企業のプロモーションが不要
  • プロジェクトの立ち上げがスムーズになる
  • 公開価格よりも安価に購入することができる
要チェック!!

信頼度が高い

IEOはICOに比べて信頼度が高いです。

取引所が精査した銘柄のみを新規上場させるため信頼性があります。

ICOの時のように詐欺まがいのトークンは事前に排除される可能性が高いです。

参加がしやすい

ICOではトークン発行元と直接繋がらなければ取引できませんでした。

しかし、IEOは取引所が仲介として行うため

取引所のアカウントさえ持っていれば誰でも気軽に参加することができます。

また、ICOではトークンの買い手を自分で探さなくてはいけませんdせいた。

しかし、IEOでは取引所がすでに買い手と売り手が集まっているので

取引がスムーズに行なえます。

企業のプロモーションが不要

IEOは投資家だけがメリットがあるだけではなく、企業側にもメリットがあります。

ICOではトークンの発行元が投資家と直接取引をするため、

企業自らがプロモーションをする必要がありました。

しかし、IEOは仲介の取引所が変わりにプロモーションを実施してくれるため、

企業の負担が軽減されます。

プロジェクトの立ち上げがスムーズになる

企業が市場から資金調達を行う場合は、

IPO(Initial Public Offering)と呼ばれる資金調達方法が一般的です。

しかし、上場するための準備期間が必要だったり、

条件が厳しかったりとハードルが高いです。

しかし、IEOの場合は東証に上場するよりも遥かにハードルが低いので、

企業が上場しやすくなります。

公開価格よりも安価に購入することができる

IEOは公開価格よりも安価な価格で新規トークンを購入することができます。

価格の高騰が期待できる新規トークンはどんな投資家でも欲しいので、

抽選になることもあります。

IEOのデメリット

IEOのデメリット
  • 上場後に価格暴落の可能性
  • 取引所の審査が厳しい
  • 法的規制の強化
要チェック!!

上場後に価格暴落の可能性

IEOで販売が開始された新規トークンは上場後に大きく値上がりすることもあります。

値上がりした後に売却すれば問題ないですが、一定期間が経つと

価格が大暴落してしまうことがあります。

これは、IEO参加者が新規トークン販売開始後にすぐに売り抜けて利確したいからです。

IOEの市場は成熟していないため投資よりも投機的な取引になりやすいです。

IEOの参加者が新規トークン販売開始後、すぐに売り抜けて利益を確定させるからです。

取引所の審査が厳しい

IEOは信用を損ねることはあってはいけないです。

そのため特に最初のIEOは取引所の審査が非常に厳しいです。

審査が厳しければそれだけ扱われるトークンの数も限られるので、

デメリットと言えます。

法的規制の強化

ICOに比べて信頼度が高まっていますが、詐欺などの犯罪に利用される可能性はあります。

IEOの成長に伴い各国がどのような対応を取るかは常に気にしておくべきですね。

まとめ

ICOとIEOの仕組みの違いなどを解説しました。

現在Coincheck(コインチェック)などがIEOなどのプロジェクトが進んでいるので、

興味があるものがあればぜひ理解した上でIEOに参加するのも良いですね。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

ブロックチェーン技術
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました