仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

NFT(Non Fungible Token)とは?特徴やメリットやデメリットについてわかりやすく説明してみた

仮想通貨 NFT(Non Fungible Token) わかりやすくブロックチェーン技術

NFT(Non Fungible Token)とは

仮想通貨 NFT仮想通貨 NFT(Non Fungible Token)

NFTとはNon Fungible Token(ノン・ファンジブル・トークン)の

頭文字を取ったもので、日本語では代替不可能なトークンという意味になります。

代替不可能ということは唯一無二の一点物の価値を生み出せる

トークンであるということです。

代替可能なものの代表的なものはお金です。お金はファンジブルです。

例えば、Aさんが持っている1BTCとBさんが持っている1BTCは同等の価値であり、

交換することができる代替可能なものです。

NFT(Non Fungible Token)

しかし、プロのサイン入りの限定シューズと市販で売られているシューズは、

1点物なんで同じものが存在しないため代替不可能です。

NFT(Non Fungible Token)

 

NFTFT
代替不可能可能
分割不可能可能
唯一性同じトークンが存在しない同じトークンが存在する

このように代替不可能な唯一無二の一点物の価値を生み出せるのが、

NFT(Non Fungible Token)という技術になります。

このNFT(Non Fungible Token)を取り扱うことができる規格で代表的なものが

Ethereum(イーサリアム)のERC721規格になります。

ERC721規格は仮想通貨のゲームのキャラクターやアイテムに

使用されて個々に価値が異なります。

同一規格なのに価値が異なるので代替不可能なわけです。

NFT(Non Fungible Token)の活用事例として主に以下のようなことが挙げられます。

仮想通貨 NFT(Non Fungible Token) わかりやすく

NFT(Non Fungible Token)の概念はすでに実社会で存在する

例えば、遊戯王というトレーディングカードゲームの世界で

1枚しかないブルーアイズ アルティメットドラゴンというカードの価格は

なんと4,500万円で売られています。

NFT(Non Fungible Token) 仮想通貨

仮想的なものでも実は高額な価値をつけているものもあります。

ガラケーで流行ったGREEのアバターのライナスの羽はなんと85万円も値が付きました。

NFT 仮想通貨

というようにホビーやゲーム分野は、

すでにNFT(Non Fungible Token)の概念があるんですね。

NFT(Non Fungible Token)の主な特徴

NFT(Non Fungible Token)の主な特徴
  • 非代替性
  • 移動可能性
  • 価値の可視化
  • 誰でも作成できる
  • プログラマビリティ
要チェック!!

非代替性

NFT(Non Fungible Token)はブロックチェーンによって、

デジタルコンテンツに唯一の価値が証明されて非代替性という特徴があります。

移動可能性

NFT(Non Fungible Token)の所有者は仮想通貨と同様に

自分のNFT(Non Fungible Token)を自由に売買することが可能です。

価値の可視化

NFT(Non Fungible Token)はマーケットプレイスに価格が表示されており、

価値を簡単に把握することが可能です。

誰でも作成できる

NFT(Non Fungible Token)は誰でも自由に作成して市場に流通させることが可能です。

プログラマビリティ

NFT(Non Fungible Token)は様々な付加機能をデータ自体にプログラムできるので、

作者の手が離れた場所でも流通時には作者に一部の収益が還元されるなどの

新しい仕組みを構築が可能です。

NFT(Non Fungible Token)のメリット

NFT(Non Fungible Token)のメリット
  • クリエイターが2次流通以降でも収益化が可能
  • 違法コピーや改ざんを抑制できる
  • 本物のデータであることの証明ができる
  • 自由に取引できる
  • 情報を何でも追加できる
要チェック!!

クリエイターが2次流通以降でも収益化が可能

従来では違法コピーなどによって価値が出にくかったデジタルコンテンツが、

唯一性を証明できることでマネタイズしやすくなります。

違法コピーや改ざんを抑制できる

NFT(Non Fungible Token)は違法コピーがあったとしても、

コピー品か本物かどうかを見分けることが可能なため、

違法コピーやデータ改ざんの抑制も期待できます。

本物のデータであることの証明ができる

NFT(Non Fungible Token)はブロックチェーンによって

データの唯一性によって本物のデータであることの証明ができます。

自由に取引できる

NFTのコンテンツは個人間でネット環境さえあれば自由に売買できます。

そのためNFTの市場は今後成長していくだろうと予想されています。

情報を何でも追加できる

NFTデータはシリアルナンバー以外にも好きな情報を追加できます。

そのデータの名前や見た目などトークン作成者はブロックチェーン上に保存可能です。

NFT(Non Fungible Token)のデメリット

NFT(Non Fungible Token)のデメリット
  • 出品・販売時点で著作権の証明が難しい
  • NFTはコピー不可だが、デジタルデータのコピーは可能
  • 手数料(ガス代)が高い
  • 流動性が少ない
  • 著作権は保有できない
要チェック!!

出品・販売時点で著作権の証明が難しい

NFT(Non Fungible Token)はデータの唯一性を証明することが可能ですが、

その出品者が著作権者であるかどうかを保証するのは難しいです。

NFT(Non Fungible Token)は誰でも発行可能であり、

著作権を持っていないデジタルデータの出品を完全に防ぐことは難しいです。

NFTはコピー不可だが、デジタルデータのコピーは可能

NFT(Non Fungible Token)はコピー不能ですが、

デジタルデータそのものをコピーすることは可能です。

手数料(ガス代)が高い

NFT(Non Fungible Token)は手数料(ガス代)が高いので、

低価格の商品は割高になる傾向があります。

流動性が少ない

NFT(Non Fungible Token)は他の仮想通貨とは異なり流動性が少ないです。

基本的に売買が多い仮想通貨ほど流動性が高く価値も上がっていきやすいですが、

しかし、NFT(Non Fungible Token)の場合は流動性が少ないので、

中々売りたくても売れないことや買いたくても買えないというのが生じてしまいます。

こうしたNFT(Non Fungible Token)の流動性の問題は懸念材料として残っています。

著作権は保有できない

NFTは所有権は持つことができますが、著作権を持つことができないです。

ミッキーマウスをNFTアートを作成して販売してしまった場合、

著作権のあるディズニーは著作権侵害になります。

海外にあるNFTの中には著作権侵害をしているコンテンツも多く見受けられます。

NFT(Non Fungible Token)が今後活躍される分野

NFT(Non Fungible Token)が今後活躍される分野をご紹介したいと思います。

代替不可能という性質によって、

ゲーム内で独自の価値を持つキャラクターを生み出したり、

会員権や不動産などの所有権証明に利用されたりと活用の幅が広がっています。

NFT(Non Fungible Token)が今後活躍される分野
  • ホビー・ゲーム分野
  • アート分野
  • ローン分野
  • 不動産分野
要チェック!!

ホビー・ゲーム分野

NFT(Non Fungible Token)はホビー・ゲーム分野は相性が良いです。

Axie InfinityというDapps(分散型アプリケーション)のゲームがあるのですが、

そのゲームキャラクターが約30億円で売買されています。

NFT(Non Fungible Token) 仮想通貨

他にもAxie Infinityで土地が計888.25ETHで落札されました。

今回された土地はゲーム内に220区画ほどしかないので、

最も希少な土地の一部になります。

仮想通貨 NFT(Non Fungible Token)

NFT(Non Fungible Token)を活用し

てゲームを遊んでいるだけなのに高額なお金を稼ぎ出す人たちも増えていきそうですね。

アート分野

NFT(Non Fungible Token)はアート分野とも非常に相性が良いです。

基本的にアート分野は作品なので唯一無二です。

つまりNFT(Non Fungible Token)の分野と非常に関連性が強いです。

デジタルアートのHashmaskが約6,900万円で落札されました。

仮想通貨 NFT(Non Fungible Token)

ETH換算すると420ETHです。

NFT(Non Fungible Token)はクリエイターにとっては追い風だと思います。

ローン分野

例えば、NFT(Non Fungible Token)のアイテムやゲームを担保にし、

仮想通貨を得るというのも今後はありますね。

ゲーム上のアイテムが高騰しており、そのアイテムを担保にして別の仮想通貨を得て、

それで現実世界で何か買うというのもありえますね。

不動産分野

不動産をNFT(Non Fungible Token)化して、

売買の手続きなどを簡略化するという活用もあります。

OpenLawと呼ばれるブロックチェーンのプロトコルは、

不動産をNFT(Non Fungible Token)化して、

売買にかかわる契約書の作成や実行を安全に行うことが可能です。

これまで複雑で時間がかかっていた不動産の手続きが、

NFT(Non Fungible Token)化することによって簡略化されるため、

大きな注目を集めています。

まとめ

デジタルコンテンツが増えている現代において、

NFT(Non Fungible Token)は欠かせない仕組みになっていると思います。

また、今までアナログだったコンテンツがNFT(Non Fungible Token)によって

データ販売されることもできます。

この先、NFT(Non Fungible Token)によってアーティストやクリエイターがどんどん

活躍できる場が増えていくのではないかと思っております。

NFT(Non Fungible Token)は今後ますます注目していきたいですね。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

ブロックチェーン技術
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました