仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のDENT(デント)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

DENT(デント) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性DCDN銘柄

DENT(デント)とは

DENT(デント)は、

スマートフォンなどのモバイルデータ容量が余った人がデータ容量が足りない人に対して、

データを売ることができるプラットフォームの仮想通貨です。

よくスマホの使いすぎでデータ通信制限掛かると思いますが、

データ量を他の人から買うことができるわけです。

他にも良好や出張で海外に行く人はあるあるだと思うのですが、

国際ローミングは通常の国内通信よりも割高に設定されてしまいます。

なのでわざわざ格安プリペイドSiMを購入したり、

Wi-Fiルータを借りるなどと手間があります。

しかし、DENT(デント)によって渡航先で現地の人から

必要なだけモバイルデータを購入すれば良くなります。

DENT(デント)のサービスを運営している企業は香港を拠点にしている

DENTWireless LTDという企業です。

DENTWireless LTDは2014年に設立されて、

TeroKatajainen氏のアイディアや経験を元に開発や運営が行われています。

DENT(デント)は世界で急増しているスマホユーザーが

世界のどこでも安く通信できる市場を作る出すことを目的にしています。

通貨名DENT
ティッカーシンボルDENT
価格価格はこちら

DENT(デント)の特徴

DENT(デント)の特徴
  • DENT eSIM
  • DENT Voice
  • 余ったモバイルデータを他の誰かに売買することが可能
  • AfterburnerVaultのロイヤリティプログラム
要チェック!!

DENT eSIM

DENT(デント)はすでにiOSやAndroidように公式アプリが存在します。

DENT(デント) 仮想通貨

このアプリはeSIMなどの契約ができます。

DENT(デント)のeSIMの凄いのかと言うと、世界80か国で使用することが可能であり、

1年間有効可能で容量は1GB,3GB,10GBになっています。

おそらく対応国の範囲などは増やしてくと思います。

DENT Voice

DENT(デント)には電話サービスのDENT Voiceが存在します。

DENT(デント) 仮想通貨

DENT Voiceはアプリを経由することで、

世界中のどこからでも電話代が一律で掛けられるというサービスです。

140か国以上で利用が可能です。

余ったモバイルデータを他の誰かに売買することが可能

DENT(デント)のサービスを利用することで、

余ったモバイルデータを他の誰かに売買することが可能です。

一方で、モバイルデータを多く使用するユーザーは通信制限などもなくなります。

余ったモバイルデータを誰かにあげることでDENTトークンが貰えるので、

DENTトークンの価値が上がることでキャピタルゲインとなり資産が増えてきます。

仕組みとしては非常に面白いです。

AfterburnerVaultのロイヤリティプログラム

AfterburnerVaultというロイヤルティプログラムが用意されています。

DENT(デント) 仮想通貨

AfterburnerVaultで特定の数のDENTを

30日間ロックすることで、インセンティブが手に入るという仕組みです。

なぜAfterburnerVaultのようなロイヤルティプログラムがあるのかというと、

投資家のトークン量をへらすことが目的です。

DENTのトークンをそのままにしておくと、

DENT(デント)側からしてみると流動性が下がります。

こうした実社会に必要なトークンは流動性が高いほうが売買が行われやすいです。

AfterburnerVaultによってロックアップすることによってインセンティブを与えることで、

流動性があがり、トークンがアプリやサービスを利用したい人たちに流れやすくなります。

AfterburnerVaultは3つのレベルがあるので合わせてご紹介します。

DENT(デント) AfterburnerVault

ホワイトカードは30,000-190,000DENTをロックアップすることで、

2週間ごとに最大最大80DENT音声通話が可能で、

また、最大15%のデイリーリワードボーナスと紹介ボーナスがアップされます。

30日後は引き出しが自由に可能です。

レッドカードは200,000-990,000DENTをロックアップすることで、

2週間ごとに最大150DENT音声通話が可能で、

最大30%のデイリーリワードボーナスと紹介ボーナスが貰えて、

DENT Exchangeにおける取引手数料割引が20%オフになります。

30日後は引き出しが自由に可能です。

ブラックカードは1〜2,000,000DNTをロックアップすることで、

2週間ごとに最大228DENT音声通話が可能で、

最大56%のデイリーリワードボーナスと紹介ボーナスが貰えて、

DENT Exchangeにおける取引手数料割引が75%オフになります。

30日後は引き出しが自由に可能です。

DENT(デント)の今後の見通しや将来性

DENT(デント)の今後の見通しや将来性
  • スマホ利用によるモバイル通信の需要
  • eSimの需要
  • 多くの企業とパートナーシップを結んでいる
  • AfterburnerVaultのロイヤリティプログラム
要チェック!!

スマホ利用によるモバイル通信の需要

インターネット利用者が増加するほど、

モバイル環境からのインターネット利用も比例して増えます。

2018年のデータですが、世界の人口は約77億人いる中で、

なんとインターネット利用者は約40億人で総人口の53%に相当します。

モバイルユーザーの利用者は約51億人で総人口の68%に相当します。

DENT(デント) スマホ

非常に大きな市場であるということがわかります。

eSimの需要

SIMカードというのは契約者を特定するためのICチップ(モジュール)のことです。

SIMカードには携帯電話ネットワークに接続するために必要な情報が格納されています。

eSIMのeというのはEmbeddedの略であり、組み込まれたという意味があります。

簡単に説明すると

電子機器に組み込まれた携帯通信デバイス用のSIMということになります。

eSIMは、遠隔操作で契約情報を書き換えられるようになっています。

ちなみにAppleのiPhoneやGoogleのPixelなどのスマホにもeSIMが組み込まれています。

eSIMであれば、どこのキャリアと契約するのも自由で、

スマホ1つで完結するということです。

世界のスマートフォン市場においてeSIM搭載端末が占める割合の予測ですが、

平均30%がeSIMに置き換わるといわれております。

DENT(デント) 仮想通貨

多くの企業とパートナーシップを結んでいる

DENT(デント)はすでに多くの企業とパートナーシップを結んでおります。

DENT(デント) 仮想通貨

・サムスンブロックチェーン
・G + Dモバイルセキュリティ
・GSMA
・テレコムインフラプロジェクト(TIP)
・モバイルエコシステムフォーラム(MEF)
・エンタープライズイーサリアムアライアンス

こうしたこともDENT(デント)の信頼性に繋がっていきます。

DENT(デント)の購入方法や買い方

DENT(デント)のまとめ

DENT(デント)の評価ですが、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

今後さらに世界でスマホが普及することで、C2C売買の需要が大きくなります。

すると、DENT(デント)のようなサービスが必要不可欠になっていきますね。

まだまだ、価格が低いので今後将来が非常に楽しみです。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

DCDN銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました