仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のFilecoin(ファイルコイン)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

DCDN銘柄

Filecoin(ファイルコイン)とは

Filecoin(ファイルコイン)とは分散型ストレージサービスの仮想通貨です。

そもそもストレージサービスとは、

データを保存することができるクラウドシステムのことを言います。

  • Dropbox
  • OneDrive
  • Google Drive
  • iCloud

などはクラウドストレージになります。

これらのクラウドストレージは中央集権型で、

ハッキングのリスクや、パスワードの流出などと言った、

セキュリティ機能について不安があります。

また、サーバーの障害が起こった場合に全く対応できず、

障害が復旧するのを待つしか方法がありません。

これに対して、Filecoin(ファイルコイン)のような分散型ストレージサービスは、

ストレージを分散的に管理しているので、

ハッキングのリスクが低くシステム障害が起きにくいです。

通貨名Filecoin
ティッカーシンボルFIL
価格価格はこちら

Filecoin(ファイルコイン)の特徴

Filecoin(ファイルコイン)の特徴
  • IPFS(InterPlanetary File System)を採用
  • FILトークンを活用して保存できる
  • 独自のマイニング方式
要チェック!!

IPFS(InterPlanetary File System)を採用

Filecoin(ファイルコイン)は、

IPFS(InterPlanetary File System)という機能を利用しています。

IPFSとは、Protocol Labsにより開発が進めれられている

P2Pネットワーク上で動作するハイパーメディアプロトコルとその実装です。

IPFSはサーバーなどの場所ではなく、

コンテンツの内容(情報源)自体を直接指定して情報にアクセスする仕組みです。

Filecoin(ファイルコイン)では、ファイルを断片的に分割して複数の場所で管理します。

そして、P2Pという、サーバーを直接介さず、

複数の端末がファイルを共有することができる通信技術を用いているので、

サーバーのダウンなどにも対応できるのが特徴です。

FILトークンを活用して保存できる

Filecoin(ファイルコイン)のストレージ容量は、

データを保有する分だけ使用量を払うという方式です。

その際にFILトークンを利用します。

FILを支払ってデータを保持すると、P2P技術を用いてデータが断片的に保存されます。

一度保存したデータのダウンロードには利用料がかからないため、

いつでもダウンロードすることが可能です。

独自のマイニング方式

Filecoin(ファイルコイン)のマイニングは独自の方式を用いています。

Filecoin(ファイルコイン)のマイニングは、

自分が保有している空きストレージを他の人に一定期間貸し出すことで、

トークンが貰える仕組みとなっています。

マイナーは空き容量(セクターストレージ)を貸し出す上で、

一定期間空き容量がオンラインに存在することを宣誓します。

また、マイニングの担保としてFILトークンをブロックチェーンに送信し、

セクターの容量と値段を設定しストレージマーケットで売りに出すことが可能です。

Filecoin(ファイルコイン)の今後の見通しや将来性

Filecoin(ファイルコイン)の今後の見通しや将来性
  • Web3.0とシナジーが高い
  • 投資ファンドが参加
  • ICOで約282億円という巨額の資金調達した実績
  • ビットコインを上回る可能性のあるアルトコイン3選に選ばれている
要チェック!!

Web3.0とシナジーが高い

Web3.0が世界のスタンダードになると、分散型ストレージの有効性が高まります。

投資ファンドが参加

Filecoin(ファイルコイン)はグレイスケイル・インベストメンツと呼ばれる

投資ファンドが投資しています。

このように今後も他のファンドや機関投資家の参入することで期待が持てます。

ICOで約282億円という巨額の資金調達した実績

Filecoin(ファイルコイン)は2017年8月にICOを実施しており、

なんと、約282億円という巨額の資金調達を成功させたという実績があります。

この数字は、ICO歴代資金調達額は第2位となっております。

また、Filecoin(ファイルコイン)のICOでは、

ICO参加者は​総資産額1億ドル以上の投資家もしくは、

年間で20万ドル以上の利益を出した投資家のみを対象にしました。

そうした条件で約282億円を集めたのは注目度があるということになります。

ビットコインを上回る可能性のあるアルトコイン3選に選ばれている

米国の証券取引所であるNASDAQは2020年12月19日に

今後数年間でビットコインを上回る可能性のある3つのアルトコインというコラムを掲載し、

その中にFilecoin(ファイルコイン)を取り上げています。

Filecoin(ファイルコイン)の購入方法や買い方

Filecoin(ファイルコイン)のまとめ

Filecoin(ファイルコイン)の評価ですが、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

ストレージやシアコインなど、分散化ストレージサービスの競合も存在しているので、

そうした競合に勝てるだけの材料がまだ無いので今後は楽しみではありますが、

投資対象としては非推奨となります。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

DCDN銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました