仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のHelium(ヘリウム)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

Helium(ヘリウム) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性DCDN銘柄

Helium(ヘリウム)とは

Helium(ヘリウム)は自分のwifiルーターを他人に貸せるプロダクトの仮想通貨です。

Helium(ヘリウム)はLoRaの無線によってIoTなどを接続するための

スポットを作っています。現在インターネット回線などは4Gです。

4Gでは巨大なアンテナ施設を作り、

そのアンテナから近くにいるユーザーに通信サービスを提供していました。

しかし、5Gでは小型のアンテナを様々なところに設置して、

近くにいるスマホ通信サービスを提供しなければなりません。

そこでHelium(ヘリウム)はLoRa規格を採用しています。

LoRa規格とはLPWA(Low Power Wide Area)という、

低容量で広いエリアをカバーする従来からある無線通信規格の一つです。

これによってHelium(ヘリウム)は独自ルーターと電気代があれば、

ネットワークを分散させることが可能になっています。

通貨名Helium
ティッカーシンボルHNT
価格価格はこちら

Helium(ヘリウム)の特徴

Helium(ヘリウム)の特徴
  • 天才プログラマの一人であるショーン・ファニングが共同創業者
  • 出資会社が素晴らしい企業ばかり
  • Helium Hotspot(ヘリウム・ホットスポット)
要チェック!!

天才プログラマの一人であるショーン・ファニングが共同創業者

Helium(ヘリウム)の共同創業者の一人には、

ショーン・ファニングという人物がいます。

Helium(ヘリウム) ショーン・ファニング

ショーン・ファニングはアメリカでは有名な実業家であり、

大学生時代には音楽ファイル共有する

Napstar(ナップスター)という有名なソフトを作ったり、

Helium(ヘリウム) ショーン・ファニング

初代Facebook(フェイスブック)の社長にも就任したことがあります。

他にもキングレコードやNTTドコモと契約をするなど様々なストーリを持っています。

映画のソーシャルネットワークはショーン・ファニングの栄枯盛衰が描かれています。

出資会社が素晴らしい企業ばかり

出資会社が非常に素晴らしい企業が多いです。

  • GV(元Google Ventures):Uber、slack、Stripeなど世界を代表する企業多数を支援
  • ユニオンスクエアベンチャーズ:アメリカ最大手取引所Coinbaseや、スタンフォード大学なども参加するIPFS技術にも出資
  • マルチコインキャピタル:総額100億円を運用する投資集団

というようにこうした企業が出資するほど、

Helium(ヘリウム)の未来の期待値が高いわけです。

Helium Hotspot(ヘリウム・ホットスポット)

Helium Hotspot(ヘリウム・ホットスポット)

Helium Hotspot(ヘリウム・ホットスポット)は

低電力のIoTデバイスがインターネットとの間で、

データを送受信できるようにするP2Pワイヤレスネットワークになります。

Helium Hotspot(ヘリウム・ホットスポット)のネットワーク作業は、

PoC(Proof-of-Coverage)と呼ばれるアルゴリズムによって検証されます。

PoCに参加するためにはエリア内に少なくとも300メートル離れた

複数のホットスポットがお互いの範囲内に存在している必要があるようです。

Helium(ヘリウム)の今後の見通しや将来性

Helium(ヘリウム)の今後の見通しや将来性
  • 5Gの拡大による需要
  • Salesforceなどの有名企業と提携
  • ハードウェアルーターを設置してマイニング可能
要チェック!!

5Gの拡大による需要

5G時代にはさらに多くのIoTデバイスなど普及します。

IoTというのはモノのインターネットと呼ばれており、

モノをインターネットと繋いで様々な機能をもたせます。

  • 紛失防止タグ
  • Alexa
  • 自動運転自動車
  • IoT家電

すでにIoT関連の設備投資は80兆円規模と言われており、

2021年には140兆円規模まで発展するだろうと予想されています。

Salesforceなどの有名企業と提携

Helium(ヘリウム) 仮想通貨

Helium(ヘリウム)はSalesforceといった大手企業とIoTクラウドとの連携しています。

他にも企業と連携しており今後も増えていく可能性が高いと思います。

ハードウェアルーターを設置してマイニング可能

Helium(ヘリウム) マイニング

Helium Hotspot(ヘリウム・ホットスポット)のハードウェアルーターを設置することで、

ユーザーはインセンティブとしてHNTトークンを獲得することができます。

毎日Helium(ヘリウム)のトークンが配当として入ります。

ただし以下のような条件があるようです。

  • 1世帯に1つしか置けない
  • 自宅にはWi-Fiもしくは固定ネット環境が必要

興味がある方は無料で設置することができるのでチャレンジしてみてください。

Helium(ヘリウム)で無料でマイニングを行って不労所得を稼ぐ方法についてわかりやすく説明してみた
Helium(ヘリウム)とは Helium(ヘリウム)とは現在注目されているワイヤレスネットワークです。 Helium(ヘリウム)は、 LoRaの無線によってIoTなどを接続するためのスポットを作っています。 現...

Helium(ヘリウム)の購入方法や買い方

Helium(ヘリウム)のまとめ

Helium(ヘリウム)の評価ですが、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

Helium(ヘリウム)は今後の世界の需要次第では、

人気が上がっていくだろう銘柄の一つです。

やはり、インターネットインフラは今後需要が高くなっていきます。

また、5Gによる非中央集権化に伴い、

ブロックチェーンの一つの大きな市場になってくると思います。

ぜひポートフォリオの一つに追加しましょう。

 

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

DCDN銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました