仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のMaker(メーカー)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

Maker(メーカー) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性ステーブルコイン銘柄

Maker(メーカー)とは

Maker(メーカー)とは、ステーブルコインのDaiの発行を可能にしている

イーサリアム系の分散型プロジェクトです。

Maker(メーカー)は最初の大規模DeFiプロジェクトとしても知られております。

通貨名Maker
ティッカーシンボルMKR,DAI
価格MKR:価格はこちら
DAI:価格はこちら

Maker(メーカー)の特徴

Maker(メーカー)の特徴
  • DAIトークン
  • MKRトークン
  • CDP(Collateralized Debt Postions)
  • TRFM(目標レートフィードバックメカニズム)
要チェック!!

DAIトークン

Makerという仮想通貨を理解するためにはDAIの存在が重要です。

DAIとは、米ドルに1:1でペッグされているステーブルコインであるということです。

ステーブルコインとは、ボラティリティを最小限に抑えることによって、

価値の安定を目指した仮想通貨の総称です。

DAIは契約を自動で実行してくれるスマートコントラクト(Vault)の機能を利用して、

DAIの価格安定をさせています。

具体的に言うと、DAI購入にETHが必要となっています。

集まったETHを担保してDAIが発行されるという仕組みをとっています。

ユーザーは借りた(発行された)Daiをプロトコルへ返却し、

担保にした資産を取り戻すことも可能です。

似た仕組みとしては、

銀行から融資を受ける際に、不動産や有価証券を担保に現金を借りるに近いです。

みんなから集めたお金で、DAIの価値を安定させるため、

DAIは分散型かつトラストレス(信頼不要)のステーブルコインであるということです。

MKRトークン

Maker(メーカー)はDaiトークン以外にも

MKRというガバナンストークンを発行しています。

Daiとは異なりステーブルコインではありません。

CDP(Collateralized Debt Postions)

DaiはCDP(Collateralized Debt Postions)という

スマートコントラクトを利用することで、誰でも発行することが可能です。

まずは、自身の購入したイーサリアムを担保としてCDPに預けます。

そして、その分のDaiが発行されるという仕組みになっています。

例えば、Ethereum(イーサリアム)を預けた量にに応じてDAIが発行できます。

(実際は借りている)

DAIの発行量は、

希望するDAIの発光量の150%分に相当するETHを用意するというルールがあります。

ですので、もし20万円分のDAIが欲しい場合は、

30万円分のETHを用意する必要があります。

もし、担保したETHを取り戻す場合は

CDPで発行したDAIの量+安定化手数料(APR3.5%/状況によって変動)を払います。

DAIを一言で言えば、

トークンを何でも担保化してステーブルコインを借りられるDappsになりますね。

TRFM(目標レートフィードバックメカニズム)

Daiは法定通貨と連動したステーブルコインです。

Maker(メーカー)は、TRFM(目標レートフィードバックメカニズム)という機能で、

自身の交換レートを調整してDaiの価値を保つようにしています。

DAI自体の変動は微量ですが変動します。

もし、DAIの価格が$1より上にいっている場合は、

同じ$1に対してより多くのDAIが発行できます。

するとDAIの発行量が増えるので必然的にDAIの供給量が増えて$1に収束します。

DAIの価格が$1より下にいっている場合は、

CDPの契約者はこのタイミングでDAIを返却すると、

より少ない量のDAIで返却が可能です。

DAIの返却量が増えた場合は、

返却されたDAIをMaker側がBurn(消滅させるということ)させて、

供給量が減り価格の上昇に繋がるので、DAIの価格が$1に収束します。

DAIの価格が$1より上DAIの価格が$1より下
CDP新規発行者が増加するより少ない量でDAIを返却可能
変動DAIの発行量増加=DAIの供給量増加返却されたDAIをBurn
安定手数料安定化手数料を低くする安定化手数料を高くする

Maker(メーカー)の今後の見通しや将来性

Maker(メーカー)の今後の見通しや将来性
  • ハイパーインフレーション対策として利用
  • DeFi(分散型金融)に利用
  • リスト3
要チェック!!

ハイパーインフレーション対策として利用

DAIは地理的制限や政治的信条や宗教など関係なく、

誰でも利用することができるステーブルコインです。

2017年に世界銀行が発表したデータによると、世界の成人人口のうち、

31%に相当する推定17億人の人が銀行口座を保有していないです。

銀行口座開設などをすることなくDeFiを利用すれば身元確認書類や最低預金額も不要です。

そのため自国の法定通貨がハイパーインフレーションを起こしても

米ドルとペッグされているのでそうしたリスクを抑えることが可能です。

DeFi(分散型金融)に利用

DAIは、構成可能性(Composability)の高い

イーサリアムブロックチェーンを基盤としているので、

Daiは様々なDeFiアプリケーションに統合されています。

具体的には、以下のような利用用途があります。

  • 既存金融の代替手段
  • 貯蓄
  • 送金
  • 日々の決済・支払い
  • 給料支払い
  • チャリティ
  • Vault開設(Dai発行)による投資
  • イールドファーミング

Maker(メーカー)の購入方法や買い方

Maker(メーカー)のまとめ

Maker(メーカー)の評価ですが、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

Maker(メーカー)は、DAIが今後普及することで、

トークンエコノミーがかなり面白くなってくると思います。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

ステーブルコイン銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました