仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

アルトコインとは?BitCoin(ビットコイン)との違いなどわかりやすく説明してみた

アルトコイン BitCoin(ビットコイン) 違い仮想通貨の基礎知識

アルトコインとは

仮想通貨 アルトコイン

仮想通貨には、大きく分けてBitCoin(ビットコイン)とアルトコインの2種類があります。

BitCoin(ビットコイン)は仮想通貨の代表ともいわれる、主要な通貨です。

アルトコインとは、Alternative Coin(代替のコイン)の略で、

BitCoin(ビットコイン)以外の仮想通貨の総称になります。

2020年時点でアルトコインは、2500種類以上存在しておりどんどん増えています。

ほとんどのものはBitCoin(ビットコイン)をベースして作られたものであり、

根本的な仕組みはBitCoin(ビットコイン)と変わりません。

アルトコインの多くはBitCoin(ビットコイン)とは異なる性質を持っております。

例えば、アルトコインの代表的なEthereum(イーサリアム)は、

スマートコントラクトという技術を採用しており、

中央機関を介すことなく取引記録・契約内容を管理することができます。

アルトコインにはそれぞれ異なる目的によって開発されています。

BitCoin(ビットコイン)とアルトコインの違い

BitCoin(ビットコイン)とアルトコインの違いについて説明します。

BitCoin(ビットコイン)とアルトコインの違い
  • 時価総額
  • 流動性
  • 取り扱い
要チェック!!

時価総額

仮想通貨の価格は通貨の発行量や普及道にもよりますが、

多くは需要が高まることで上昇します。

BitCoin(ビットコイン)は仮想通貨の中でも知名度が最も高いので、

今のところ一番時価総額が高いのはBitCoin(ビットコイン)になります。

それに対してアルトコインは、特定の分野での利用が目的とされているので、

時価総額はBitCoin(ビットコイン)よりも低くなっています。

流動性

仮想通貨における流動性とは、通貨の取引量の多さによる売買のしやすさを示しています。

BitCoin(ビットコイン)を取引しようと思えば、

比較的にいつでも売買させることが可能です。

しかし、アルトコインの中では需要が低いために

流動性が低く取引がしにくいものもあります。

また、流動性が低いと、価格が不安定になりやすくなります。

取り扱い

BitCoin(ビットコイン)は世界中で多くの取引所で取り扱っているので、

時価総額や流動性が高いですが、

アルトコインは取り扱っている取引所が比較的に少ないです。

特にマイナーなアルトコインは、一部の取引所でしか扱っていないことがほとんどです。

アルトコインのメリット

アルトコインのメリット
  • 価格が安いこと
  • BitCoin(ビットコイン)にはない特徴を持っている
  • 値上がりする可能性
要チェック!!

価格が安いこと

アルトコインはBitCoin(ビットコイン)に比べて比較的に価格が低い傾向にあります。

将来的に人々の広く使われることを目的にしているアルトコインもあり、

仮想通貨市場の中でアルトコインは一定のニーズがあります。

BitCoin(ビットコイン)にはない特徴を持っている

アルトコインはBitCoin(ビットコイン)にはない特徴を持っています。

例えば、BitCoin(ビットコイン)にしのぐ高速な決済機能を備えていたりなど、

様々な問題点を

値上がりする可能性

仮想通貨投資において、コスト面で値上がりする可能性があるので

将来的に

暗号資産の投資においては、コストの面から注目度が高く、

値上がりの可能性があるため将来的に利益を獲得できる確率が

高まる可能性があるというメリットがあります。

アルトコインのデメリット

アルトコインのデメリット
  • 値動きが大きいためハイリスク
  • 流動性が低い
  • 取り扱っている取引所が少ない
  • 詐欺(スキャム)目的のアルトコインもある
要チェック!!

値動きが大きいためハイリスク

価格変動の大きいアルトコインは価格が高騰する可能性がありますが、

反対に暴落することもあります。価格が暴落すると大きな損失が出ます。

値動きが大きいためハイリスクです。

流動性が低い

アルトコインはBitCoin(ビットコイン)に比べて売買する人が少ないため、

流動性が低いことが特徴的です。つまり取引の成立がしづらいです。

利用している人が多ければ多いほど取引が成立しやすいですが、

流動性が低いと取引が成立しないこともあります。

取り扱っている取引所が少ない

仮想通貨取引所は国内外で多く存在しますが、

取引所によって取り扱っているアルトコインの種類には違いがあります。

ですのでアルトコインを購入したい場合に取り扱っている取引所を探す必要があります。

中には、取引が盛んに行われていないアルトコインは、

取引所から取り扱いを停止や終了することもあるので、

取引ができなくなる可能性もあります。

詐欺(スキャム)目的のアルトコインもある

仮想通貨業界には詐欺(スキャム)を目的にしたアルトコインも存在します。

将来高騰させることを期待させて買わせます。

実際に詐欺のアルトコインによる被害は実際に出ているので、

十分に注意する必要があります。

まとめ

次々と世界中で新しいアルトコインが作成されて、増加し続けています。

アルトコインは非常に多くの種類があり、開発目的や機能が全く異なります。

アルトコインは問題を解決することができれば、

人々のニーズを満たすことができる可能性があります。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

仮想通貨の基礎知識
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました