仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

PoS(Proof of Stake)とは?仕組みやPoWとの違いについてわかりやすく説明してみた

PoS(Proof of Stake)ブロックチェーン技術

PoW(Proof of Work)とは

BitCoin(ビットコイン) マイニング PoW(Proof of Work)

PoW(proof of works)は、マイニング作業をすると新しい仮想通貨が貰える仕組みで、

主にBitCoin(ビットコイン)がこの方式を採用しています。

PoWはコンピューターを使い大量の計算をして、

最も早く解答にたどり着いた人が報酬として通貨をもらえます。

BitCoin(ビットコイン)が誕生してから、

10年以上も破綻せずに稼働していることもあるので

現状ではPoWがセキュリティも高く実績もある仕組みと言えますね。

PoW(Proof of Work)のメリット

PoWのメリットは悪怒る攻撃に強いです。

不正を働くためには世界中のマイナーの

コンピューターの計算能力を上回る必要があります。

しかし、そんな労力を使って不正をするのであればマイニングに参加して、

報酬を貰ったほうがコスパが良いです。

PoW(Proof of Work)のデメリット

PoWのデメリットは膨大な計算をするため非常に大きなコストが掛かることです。

計算をするためにハイスペックなコンピューターや

周辺機器を導入したり電気代が発生します。また、PoWは51%攻撃もリスクです。

悪意あるマイナーによってネットワーク全体の計算能力の過半数が支配されると

ブロックチェーン上において二重支払いや不正取引が行われてしまいます。

これを51%攻撃と言います。

個人での改ざんはほぼ不可能ですが、大規模なマイニング集団が悪意を持って行えば、

不正取引が行われる可能性があります。

データの改ざんに強いですが、改ざんが100%不可能なわけではないということです。

PoS(Proof of Stake)とは

Ethereum(イーサリアム) コンセンサスアルゴリズム PoS(Proof of Stake)

PoSとは、Proof of Stakeの略で、

BitCoin(ビットコイン)を始めとするPoW(Proof of Work)とは異なる

コンセンサスアルゴリズムになります。

PoS(Proof of Stake)はPoWのいくつかの問題点を解決するために開発されました。

その仮想通貨の保有量に対して新規発行の仮想通貨がもらえる仕組みです。

PoS(Proof of Stake)のメリット

PoSはPoWの改善策として考案された仕組みです。

PoSは消費電力が少なく51%攻撃に強ことなどが挙げられます。

PoWのような膨大な計算は行わないのでPoWよりも消費電力が少ないです。

51%攻撃を行うには仮想通貨を大量に保有しなければならず、

コストがかかりますし、攻撃によって仮想通貨自体の価値が下がるので、

集めた仮想通貨が無価値になるため51%攻撃するに割に合わないです。

PoS(Proof of Stake)のデメリット

PoSは通貨の保有量が多いほどマイニングがしやすいので、

仮想通貨を貯め込む人が多くなるので流動性が損なわれます。

流動性があるからこそ通貨として意味があるので大きなデメリットとなります。

PoS(Proof of Stake)とPoW(Proof of Work)の違い

PoS(Proof of Stake)とPoW(Proof of Work)の違いですが、

PoW(Proof of Work)は、より多くの計算処理をした人に報酬を付与する形式です。

PoW(Proof of Work)はマイニングによって電力を非常に使うという特徴があり、

仮想通貨初心者にとってはマイニング難易度が非常に高いです。

それに対してPoS(Proof of Stake)は、

より保有量と保有年数の長さで報酬を付与する形式です。

仮想通貨の保有量と保有年数で決まるため、電力を使うこと無く環境にも優しいです。

また、マイニング難易度も比較的簡単です。

PoS(Proof of Stake)
  • より保有量と保有年数の長さで報酬を付与する
  • 電気コスト小
  • マイニング難易度が低い
PoW(Proof of Work)
  • より多くの計算処理をした人に報酬を付与する
  • 電気コスト大
  • マイニング難易度が高い

まとめ

PoS(Proof of Stake)はPoW(Proof of Work)の

リスクを解消するためのシステムです。

将来的にはPoW(Proof of Work)から

PoS(Proof of Stake)へと移行する可能性が高いようです。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

ブロックチェーン技術
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました