仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のRipple(リップル)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

Ripple(リップル) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性Others銘柄

Ripple(リップル)とは

Ripple(リップル)とは、テクノロジー企業であるリップルの

金融機関向けの国際送金ソリューショである RippleNet で利用されている仮想通貨です。

Ripple(リップル)の開発は2004年にスタートしており、

2009年に発行されたBitCoin(ビットコイン)よりも

5年も先に開発自体は始まっていました。

Ripple(リップル)を使うことによって、

国際送金や銀行間の送金をスムーズに行うことができるように

プロジェクトが進められています。

通貨名Ripple
ティッカーシンボルXRP
価格価格はこちら

Ripple(リップル)の特徴

Ripple(リップル)の特徴
  • トランザクション処理が速い
  • 手数料の安さ
  • 金融機関のブリッジ通貨である
  • 発行枚数が1,000億枚と非常に多い
要チェック!!

トランザクション処理が速い

Ripple(リップル)はトランザクション処理が速いです。

取引承認が速いため送金処理がより早く完了します。

国際送金では2〜3日かかるのが現状でした。

しかし、実際に実験としてアメリカからメキシコへの送金はたったの2分で完了しました。

また、Ripple(リップル)は他の銘柄に比べて送金処理が非常に速いです。

Ripple(リップル) 送金

手数料の安さ

Ripple(リップル)は手数料が安いです。

国際送金の場合、送金手数料が高く設定されており問題でした。

しかし、Ripple(リップル)のネットワークを活用して送金した場合、

従来の中継を確保する必要がなくなります。

国際送金実証実験でアメリカ〜メキシコ間においても、

従来の40%~70%ほどのコスト削減に成功したと発表されています。

金融機関のブリッジ通貨である

Ripple(リップル)はブリッジ通貨としての機能を有しています。

Ripple(リップル)は300以上の金融機関と提携しています。

  • カナダロイヤル銀行
  • イングランド銀行
  • タイ銀行
  • オーストラリア・ニュージーランド銀行
  • バンク・オブ・アメリカ
  • SBIホールディングス

 

発行枚数が1,000億枚と非常に多い

Ripple(リップル)は発行枚数が1,000億枚と非常に多いです。

BitCoin(ビットコイン)の発行上限が2,100万BTCなので約5,000倍程度です。

Ripple(リップル)は発行枚数が多い理由は、

国際送金市場で使われる前提で作られているためです。

将来的に国際間でRipple(リップル)が盛んに使われることを見越して、

発行枚数が多くなっています。

Ripple(リップル)の今後の見通しや将来性

Ripple(リップル)の今後の見通しや将来性
  • 様々な送金や決済の企業向けのプロダクト
  • 銀行などの金融機関と提携をしている
  • グーグル・ベンチャーから出資を受けている
  • DeFi(分散型金融)の利用が可能に
  • スマートコントラクト関連の特許を取得
要チェック!!

様々な送金や決済の企業向けのプロダクト

Ripple(リップル)は様々な送金や決済の企業向けのプロダクトを提供しています。

  • xCurret:国際送金と決済関連
  • xRapid:流動性コスト関連
  • xVia:銀行向け送金API

プロダクトが多くの企業に採用されることで、

Ripple(リップル)の利用が広がることによって価値が上がっていきます。

銀行などの金融機関と提携をしている

Ripple(リップル)はRippleNetというリップル社が運用する

金融機関ネットワークがあります。

これは、国際送金などに使われるRipple(リップル)の

ブロックチェーン技術の導入が金融機関で進められています。

  • イングランド銀行
  • タイ銀行
  • インド準備銀行
  • シンガポール金融管理局

また、2021年10月にはカタール国立銀行が、リップルネットへの加入を発表しています。

というようにRipple(リップル)は既存の金融システムとブリッジしています。

Ripple(リップル)を中央銀行が採用していることで、

世界中で利用される可能性が高いです。

グーグル・ベンチャーから出資を受けている

Ripple(リップル)はGAFAに含まれるGoogleの子会社である

グーグル・ベンチャーから出資を受けています。

このような有名企業からの出資により一定の信頼性があります。

DeFi(分散型金融)の利用が可能に

Ripple(リップル)の保有者は、

Wrapped XRP(wXRP)と呼ばれる

XRPに1対1で裏付けられたラップドトークンを

イーサリアムベースのDeFi(分散型金融)に利用することができるようになります。

wXRPは、ラップド・ビットコインなどを提供しているWrappedと、

香港に拠点を置くカストディアンのHex Trustが12月から共同で提供を開始します。

wXRPによって借り入れや融資など、

様々なDeFiアプリケーションにアクセスが可能になります。

また、Ripple(リップル)のサイドチェーンであるXPRLも開発されているようです。

XPRLはEthereum(イーサリアム)の仮想マシン

Ethereum Virtual Machine(EVM)と互換性のあるサイドチェーンです。

XPRLによってDeFiとしてスマートコントラクトを活用することが可能になります。

スマートコントラクト関連の特許を取得

Ripple(リップル)は、スマートコントラクトに情報を提供する

オラクルのシステムおよび方法についての特許を取得しています。

Ripple(リップル)の購入方法や買い方

Ripple(リップル)の購入方法や買い方について説明します。

Ripple(リップル)のまとめ

Ripple(リップル)の評価ですが、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

現在アメリカで証券取引委員会(SEC)から提訴されており、

そういった状況からRipple(リップル)の評価は低いです。

証券取引法に基づいて取り扱われることになり、

アメリカ国内では仮想通貨取引所で購入できなくなるリスクもあるので、

Ripple(リップル)が証券という結論が出れば、価格は暴落するかもしれません。

 

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

Others銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました