仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

Segwit(セグウィット)とは?仕組みやメリットやデメリットについてわかりやすく説明してみた

BitCoin(ビットコイン) Segwit仮想通貨の基礎知識

Segwitとは

BitCoin(ビットコイン) Segwit

Segwitとは、Segregated Witnessの略で、

ブロックチェーン上に記録される取引データのサイズを圧縮する方法のことです。

取引データが圧縮されることによって、

1ブロックあたりに記録される取引データの量が増加して速やかな取引処理が実現します。

Segwitが実装されることによって従来の取引データ内に含まれていた署名を

Witnessという領域に分離させることが可能になり、

1ブロックにより多くの取引データを含めることができるようになります。

BitCoin(ビットコイン) Segwit

Segwitで容量は実質的におよそ1.7MBまで増加すると言われています。

Segwitはスケーラビリティを解決する手段の1つ

スケーラビリティ問題とは仮想通貨の取引量が増えることで、

データ処理が遅延することで手数料も高騰を引き起こすという問題です。

スケーラビリティ問題とは?BitCoin(ビットコイン)にどのような影響を与えるのかについてわかりやすく説明してみた
スケーラビリティ問題とは、BitCoin(ビットコイン)のブロックサイズの上限が理由となり、 送付の手数料が高騰したり、取引の処理遅延などが発生する問題です。 今回は、スケーラビリティ問題とは?BitCoin(ビットコイン)にどのような影響を与えるのかについてわかりやすく説明してみました。

このスケーラビリティ問題一つの解決策として、

一定期間に承認できる取引データ量を増やすことが必要で、

その解決策としてSegwitが採用されています。

なぜBitCoin(ビットコイン)はブロック容量を拡大しないのか?

なぜBitCoin(ビットコイン)はブロック容量を拡大しないのかですが、

ブロック容量を拡大するためにはハードフォークが必要になります。

ハードフォークを実質することでブロックチェーンの分岐が起こるため、

仮想通貨が2つに分裂してしまいます。

仮想通貨の分裂が起こると全く異なる通貨になるため、

ホルダーやマイナーなどは混乱を引き起こす原因に繋がります。

しかし、ハードフォークが起きて分岐しました。

このハードフォークによってBitCoin Cash(ビットコインキャッシュ)が誕生しました。

BitCoin Cash(ビットコインキャッシュ)とは?特徴やBitCoin(ビットコイン)の違いなどわかりやすく説明してみた
BitCoin Cash(ビットコインキャッシュ)は、BitCoin(ビットコイン)のハードフォークによって誕生した仮想通貨です。 今回はBitCoin Cash(ビットコインキャッシュ)とは?特徴やBitCoin(ビットコイン)の違いなどわかりやすく説明してみました。

Segwitのメリット

Segwitのメリット
  • 手数料が減少する
  • 価格が上昇する
要チェック!!

手数料が減少する

Segwitによって取引データのサイズが圧縮されることで、

その処理が滞りなく円滑に進んでいきます。

ですので手数料が高い取引データから処理されることが少なくなることで、

手数料も減少していきます。

価格が上昇する

スケーラビリティ問題が生じるためBitCoin(ビットコイン)は期待できないという

専門家が言うほどスケーラビリティ問題は解決すべき重要な問題です。

Segwitによってスケーラビリティの問題か解決に繋がると、

仮想通貨への期待値が高まり価格の上昇にも繋がっていく可能性があります。

Segwitのデメリット

Segwitのデメリット
  • ユーザー数増加に対応できない
  • 複雑な仕様から後戻りができない
要チェック!!

ユーザー数増加に対応できない

Segwitでは、最大およそ1.7MB容量しか拡大ができないと言われています。

しかし、仮想通貨のユーザーは年々増加傾向であり、

再びどこかのタイミングでスケーラビリティの問題に直面することが予想されます。

ですのでSegwitでは一時的な気休めにはなっても本質的な

ユーザー数の増加には対応できないと言われています。

複雑な仕様から後戻りができない

Segwitの仕様は非常に複雑になっています。

また、ブロックチェーンに手を加えると後で書き加えることができないので、

一度Segwitを実行してしまうと後戻りできないです。

Segwit2x

Segwit2xとはBitCoin(ビットコイン)にSegwitが実装された後に

ブロック容量を1MBから2MBに増やす仕様のことです。

これは、2017年5月にニューヨーク合意でSegwit実装後の6ヶ月以内に

ブロックサイズを2MBに拡大することが発表されました。

しかし、その後Segwit2xへの賛成派と反対派がコミュニティ内で対立しました。

それによって2017年11月に無期限延期が発表されました。

その1ヶ月後の2017年12月にSegwit2xの意志を引き継ぐ

Bitcoin Segwit2x(B2X)がハードフォークによって誕生しています。

まとめ

Segwitはブロックチェーン上に記録される取引データのサイズを圧縮する方法のことです。

Segwitだけではスケーラビリティの問題を改善することができませんが、

解決策の糸口となる可能性があります。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

仮想通貨の基礎知識
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました