仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?やり方や始め方についてわかりやすく説明してみた

PancakeSwap(パンケーキスワップ) DEX(分散型取引所)DEX

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは

PancakeSwap(パンケーキスワップ) DEX(分散型取引所)

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは、DEX(分散型取引所)になります。

2020年9月に開発稼働されました。

DEX(分散型取引所)の中でもBSC(バイナンススマートチェーン)という

世界No.1の取引所であるBinance(バイナンス)のプラートフォームを利用しています。

BSCを利用しているということもあり、

他のDEX (分散型取引所) と比較しても手数料が安いですし、

非常に人気のあるDEX(分散型取引所)です。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の特徴

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の特徴
  • BSC(バイナンススマートチェーン)で設計されている
  • AMM(自動マーケットメーカー)形式
  • 独自トークンであるCakeトークン
要チェック!!

BSC(バイナンススマートチェーン)で設計されている

PancakeSwap(パンケーキスワップ)は、

Uniswap (ユニスワップ)のようなイーサリアムネットワークの

プラットフォーム上に構築されたDEX(分散型取引所)ではないです。

Uniswap (ユニスワップ) とは?特徴や始め方や使い方についてわかりやすく説明してみた
Uniswap (ユニスワップ) とは、中央管理者を必要としないDEX(分散型取引所)です。 最近日本でも多くの仮想通貨投資家がUniswap (ユニスワップ)を利用しています。 今回はUniswap (ユニスワップ) とは?特徴や始め方や使い方についてわかりやすく説明してみました。

海外の取引所であるBinance(バイナンス)が開発した

BSC(バイナンススマートチェーン)という

プラットフォーム上に設計されたDEX(分散型取引所)となっています。

AMM(自動マーケットメーカー)形式

PancakeSwap(パンケーキスワップ)は、

DEX(分散型取引所)の中でもAMM(自動マーケットメーカー)形式を採用しています。

AMM(自動マーケットメーカー)とは、

取引のルールをアルゴリズムによって制御するシステムの事です。

独自トークンであるCakeトークン

PancakeSwap(パンケーキスワップ)は流動性プール内に仮想通貨を預けることで、

利息として独自トークンであるCakeトークンが貰えます。

こうした通貨が貰える仕組みをファーミングといいます。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)は、

流動性プール内に通貨がなければ取引を行うことができないため、

流動性プールにたくさんの通貨を供給させて通貨を預けることで、

報酬が貰える仕組みになっています。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のメリット

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のメリット
  • ハッキングのリスクが低い
  • 本人確認などの手続きが不要
  • Cakeトークンを稼ぐことができる
  • 手数料が安い
要チェック!!

ハッキングのリスクが低い

PancakeSwap(パンケーキスワップ)はDEX(分散型取引所)です。

DEX(分散型取引所)はCEX(中央集権型取引所)に比べて、

ハッキングのリスクが低いです。

DEX(分散型取引所)は秘密鍵の管理や取引の機能を中央で管理せず、

取引を行っている投資家が分散して管理をしています。

そのためハッキングが起きても

PancakeSwap(パンケーキスワップ)全体に被害が及ぶリスクが低いです。

ただし、必ずしもハッキングが起きないわけではないので注意しましょう。

本人確認などの手続きが不要

PancakeSwap(パンケーキスワップ)はDEX(分散型取引所)なので、

本人確認などの手続きが不要です。

通常、CEX(中央集権型取引所)の場合には、

口座開設の際に本人確認書類などを提出する必要がありますが、

PancakeSwap(パンケーキスワップ)では、

仮想通貨ウォレットを接続するだけで取引が可能になるため、

仮想通貨をウォレットに送金することで取引を始めることが可能です。

Cakeトークンを稼ぐことができる

PancakeSwap(パンケーキスワップ)では、

流動性プール内に仮想通貨を預けることで、

利息としてCakeトークンを稼ぐことができます。

手数料が安い

PancakeSwap(パンケーキスワップ)は

他のDEX(分散型取引所)に比べて手数料が安いです。

DEX(分散型取引所)の代表的なUniswap (ユニスワップ)と比べても手数料が安いです。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のデメリット

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のデメリット
  • 法整備がなされていない
  • 仮想通貨の送金ミスをすると通貨を失う可能性がある
要チェック!!

法整備がなされていない

例えば、通常のCoincheck(コインチェック)のようなCEX(中央集権型取引所)は、

国に対して仮想通貨の交換事業者登録をおこなった上で営業しています。

そのため、ユーザーの保護などが方に基づいています。

ですが、DEX(分散型取引所)は法律の整備が追いついていないため、

そもそも日本の法律においては今のところ所管外です。

方に縛られないという自由度はメリットでもありますが、

トラブルが生じた場合は基本的には自己責任となるということを肝に銘じておきましょう。

仮想通貨の送金ミスをすると通貨を失う可能性がある

PancakeSwap(パンケーキスワップ)を利用する上で、

送金アドレスなどを間違えると、

仮想通貨の送金ミスをすると通貨を失う可能性があります。

もちろんこれはどの取引所を使う上でもしっかりと確認する必要があります。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の機能

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の機能
  • スワップ
  • ファーミング
  • シロッププール
要チェック!!

スワップ

PancakeSwap(パンケーキスワップ)

スワップは仮想通貨の交換機能になります。

スワップはPancakeSwap(パンケーキスワップ)の基本的な機能です。

スワップはBTCやETHを別の通貨に交換することができます。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)では、

通貨を預けてCakeトークンを稼ぐことができますが、

預ける通貨によって稼げる通貨量が変わるため、

スワップ機能でより稼ぎやすい通貨へと交換するという方法が可能です。

ファーミング

PancakeSwap(パンケーキスワップ)

ファーミングとは、

2種類の通貨ペアを預けて預けた通貨ペアに応じてLPトークンを受け取ることができます。

この報酬として受け取ったLPトークンをFarmに預けることで、

時間経過に応じてCakeトークンを得ることができる仕組みです。

シロッププール

PancakeSwap(パンケーキスワップ)

シロッププールとはファーミングで稼いだ

Cakeトークンを預けて仮想通貨を受け取る機能です。

シロッププールで受け取れる通貨はBSC系の仮想通貨になります。

欲しい通貨を選択してCakeトークンをステーキングすることで、

預けた通貨量に応じて仮想通貨を得ることができます。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の始め方

まとめ

PancakeSwap(パンケーキスワップ)は、

BSCベースでのDEX(分散型取引所)で非常に人気です。

もし興味がある方はぜひPancakeSwap(パンケーキスワップ)を利用してみてください。

 

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

DEX
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました