仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のBitCoin(ビットコイン)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

デジタルゴールド銘柄

Bitcoin(ビットコイン)とは

Bitcoin(ビットコイン)とは世界で初のブロックチェーンを基盤とした仮想通貨です。

Bitcoin(ビットコイン)という名前を聴いたことがある方が多いと思います。

Bitcoin(ビットコイン)の歴史や構造を理解すると、

将来性が高い銘柄であることがわかります。

Bitcoin(ビットコイン)戦略を立てる上でも大きな判断材料になると言えます。

具体的なビットコインの仕組みや歴史についてまずは確認してみましょう。

通貨名Bitcoin
ティッカーシンボルBTC
価格価格はこちら

Bitcoin(ビットコイン)の特徴

Bitcoin(ビットコイン)の特徴
  • 謎の人物サトシ・ナカモトが発案者
  • ブロックチェーン技術による分散型通貨
  • 最大2,100万BTCしか発行されない
  • 通貨を管理する中央銀行が存在しない
  • 送金スピードやセキュリティに優れている
要チェック!!

謎の人物サトシ・ナカモトが発案者

謎の人物サトシ・ナカモトという発案者が、

2008年にBitcoin(ビットコイン)を発表しました。

仮想通貨とBitCoin(ビットコイン)の生みの親であるサトシ・ナカモトとは一体誰なのかについて
今や世界中で取引されているBitCoin(ビットコイン)ですが、 その生みの親として知られているのがナカモトサトシです。 しかし、このサトシ・ナカモトは一体何者なのかいまだに解き明かされていないです。 今回は仮想通貨とBitCoin(ビットコイン)の生みの親であるナカモト・サトシとは一体誰なのかについてです。

ブロックチェーン技術による分散型通貨

ブロックチェーンとは、

分散型ネットワークを構成する複数のコンピュータに

暗号技術を組み合わせ情報取引におけるデータを同期して記録する手法です。

Bitcoin(ビットコイン)の取引はブロックチェーン技術で管理されています。

ブロックチェーンでは、

Bitcoin(ビットコイン)の個々の取引データをトランザクションと呼び、

それぞれのトランザクションをまとめて一つのブロックを作ります。

そして、ブロックには、

  • いつ
  • 誰(どのアドレス)
  • どのくらいの量のビットコイン(BTC)を取引したのか

といった重要な情報が書き込まれていき、

その取引情報を第三者がチェックして承認しています。

最大2,100万BTCしか発行されない

Bitcoin(ビットコイン)は2100万BTCという発行枚数に上限があります。

ブロックチェーンのトランザクションを承認するためには

マイニングと呼ばれる取引を承認する作業が必要になります。

ビットコインは現在1,800万枚強存在します。

現在も発行され続けており最終的に2,100万枚になります。

それ以上は発行されません。

通貨を管理する中央銀行が存在しない

Bitcoin(ビットコイン)と円やドルなどの法定通貨との違いは、

通貨を管理する中央銀行が存在しないという点です。

Bitcoin(ビットコイン)は発行を司る組織や流通を管理する組織が存在しないです。

Bitcoin(ビットコイン)は国家や企業が運営しているわけではないです。

どこの国も企業も発行や流通に関与していないというのが、

Bitcoin(ビットコイン)の最大の特徴です。

送金スピードやセキュリティに優れている

Bitcoin(ビットコイン)は送金スピードやセキュリティに優れています。

紙幣には3つの機能があります。

以下の条件に該当するものは紙幣(通貨)として扱うことが可能です。

①支払決済手段:交換手段
②価値尺度:価値を測る尺度
③価値保蔵:資産の保存

では、これをBitcoin(ビットコイン)に置き換えて考えてみると、

条件を満たしていることがわかります。

交換手段:ブロックチェーンを利用して交換できる
価値尺度:対日本円や対ドルなどで測ることができる
資産の保存:ウォレット(財布)で管理してデータを保存できる

Bitcoin(ビットコイン)は通貨としての役割を十分に果たすことができます。

ただし、実際に安定して使用するだけではこれでは不十分で、

他にも以下のような条件が必要とされます。

偽造防止
二重支払防止
透明性・信頼性のある通貨発行

Bitcoin(ビットコイン)において新しい通貨発行や取引の詳細情報は、

コンピュータのネットワーク上に分散されて保存しています。

Bitcoin(ビットコイン)で行われた

すべての取引を記録した一つの大きな取引台帳が存在しています。

この可視化された台帳記録のおかげで通貨の偽装や二重払いを防ぐことができます。

Bitcoin(ビットコイン)は送金スピードやセキュリティに優れているわけです。

BitCoin(ビットコイン)の今後の見通しや将来性

BitCoin(ビットコイン)の今後の見通しや将来性
  • 唯一無二の性質によって揺るがない地位を確立
  • 発行枚数に上限があるので希少性が担保される
  • 法定通貨のインフレヘッジになる
  • 半減期で供給量が減少するので希少性が担保される
  • 1997年のインターネットのユーザー数とほぼ同じ
要チェック!!

唯一無二の性質によって揺るがない地位を確立

Bitcoin(ビットコイン)は最初に誕生した仮想通貨です。

Bitcoin(ビットコイン)以外の仮想通貨をアルトコインと呼びますが、

今後新しいアルトコインの銘柄が増えていくことはありますが、

どれだけアルトコインの銘柄が増えたとしても

最初に誕生したというBitcoin(ビットコイン)を覆すことができないです。

2013年の時価総額ランキングを見ても1位ですし、

BitCoin(ビットコイン) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性

現在の2021年時点でも1位に君臨しています。

BitCoin(ビットコイン) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性

しかし、アルトコインの銘柄の順位は変動していることがわかります。

アルトコインはアルトコイン同士で競争し合いますが、

Bitcoin(ビットコイン)は唯一無二の性質によって揺るがない地位を確立しています。

発行枚数に上限があるので希少性が担保される

Bitcoin(ビットコイン)は2,100万BTCという発行枚数に上限があります。

ある試算によると総人口の70億人対して1人あたりのBTCの数量は、

0.0027 BTCしかないと見積もられています。

世界人口 BitCoin(ビットコイン) 総発行枚数 0.0027BTC

トレーダーのDavincij15氏によると

0.28BTC保有するだけで世界の上位1%に該当するとされていますし、

1BTCを保有することで平均的なBitcoin(ビットコイン)保有者の

400倍以上の富を保有することになると見積もっています。

また、すでにBitcoin(ビットコイン)は2021年4月時点で

89%もマイニングで発掘されています。

BitCoin(ビットコイン) 発行枚数

これはつまり残りの新規発行が11%しか残っていないということです。

つまり、2,100万BTCを世界全体で奪い合っているわけです。

法定通貨のインフレヘッジになる

現在、多くの国々がコロナ禍で大量に法定通貨を発行しています。

当然、法定通貨の価値は需要と供給で成り立っているので、

供給量が増えると需要が下がるので必然的に価値が下がっていきます。

しかし,先程も伝えたとおりBitcoin(ビットコイン)は2,100万BTCが上限です。

つまり、無限に発行できる法定通貨に比べて2,100万BTCしか供給量が無い

Bitcoin(ビットコイン)に希少性があるわけです。

BitCoin(ビットコイン) 紙幣

実際にドルインデックスとBitcoin(ビットコイン)のチャートを比較すると、

逆相関していることがわかります。

2021 Bitcoin(ビットコイン)

こうした自国通貨のさらなる価値の通貨のインフレリスクを恐れて、

保有している通貨をBitcoin(ビットコイン)などと交換する人が多くなっています。

無限に法定通貨が今後も発行され続ければ、

その逆相関としてBitcoin(ビットコイン)の価値がどんどん上がっていくでしょう。

半減期で供給量が減少するので希少性が担保される

半減期とは、マイニングによって新規発行される

BTCの数量が半減するイベントのことです。

Bitcoin(ビットコイン)の新規発行は、マイニングによって行われます。

マイニングは約10分の1に成功するように自動調節されており、

新規発行されるBitcoin(ビットコイン)の数量が

21万ブロックが生成される毎に半減するイベントを半減期と呼びます。

なお、マイニングによるブロックの生成は約10分に1回行われるので、

半減期は約4年に1回ごとに生じる計算です。

すでにBitcoin(ビットコイン)は2012年と2016年と2020年に半減期が行われましたが、

半減期以降は価格が高騰しています。

縦のラインが半減期が行われたタイミングです。

BitCoin(ビットコイン) 半減期

その後価格が上がっていることがわかります。

このように半減期によって希少性が担保されるので、

将来的に価値が上がる可能性が高いです。

1997年のインターネットのユーザー数とほぼ同じ

現在のBitCoin(ビットコイン)のユーザー数は、

1997年のインターネットのユーザー数とほぼ同じです。

これはつまり、BitCoin(ビットコイン)保有者は、

20年前にGoogleやAmazonを買ったのと同じ状態になれる可能性があります。

BitCoin(ビットコイン)

ですので、今からでも投資しておくとかなり早いです。

BitCoin(ビットコイン)の購入方法や買い方

BitCoin(ビットコイン)の購入方法や買い方について説明します。

まとめ

BitCoin(ビットコイン)の評価は、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

現時点では仮想通貨初心者にはまず保有して欲しい銘柄の一つです。

Bitcoin(ビットコイン)を投資するなら今しかないと思っています。

思い立ったが吉日という言葉があるように、

何か物事を始めようと思ったら、

日を選ばずにただにち着手するのが良いという教えがあります。

Bitcoin(ビットコイン)が〇〇万円まで下がったら買うというのはナンセンスです。

というのも今後上がると自分が思っているものが下がるというのは相反するからです。

上がると思うのであれば、今からBitcoin(ビットコイン)を買っていきましょう。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

デジタルゴールド銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました