仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のLitecoin(ライトコイン)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

LiteCoin(ライトコイン) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性デジタルゴールド銘柄

Litecoin(ライトコイン)とは

Litecoin(ライトコイン)はGoogleのエンジニアであった

チャーリー・リー氏によって発案されて2011年10月に誕生した仮想通貨になります。

チャーリー・リー氏はBitcoin(ビットコイン)がデジタル・ゴールドであれば、

Litecoin(ライトコイン)は

デジタル・シルバーであるという位置付けとして存在意義があります。

Litecoin(ライトコイン)はBitcoin(ビットコイン)を超える仮想通貨というようりも、

むしろBitcoin(ビットコイン)の欠点を補足するような仮想通貨になります。

Litecoin(ライトコイン)の仕組みは基本的にBitcoin(ビットコイン)と変わりません。

通貨名LiteCoin
ティッカーシンボルLTC
価格価格はこちら

Litecoin(ライトコイン)の特徴

Litecoin(ライトコイン)の特徴
  • Bitcoin(ビットコイン)の新規発行スピードの4倍
  • Bitcoin(ビットコイン)のブロック生成時間の約4分の1
  • 発行上限枚数がBitcoin(ビットコイン)の4倍
  • ライトニングネットワークの導入
要チェック!!

Bitcoin(ビットコイン)の新規発行スピードの4倍

Bitcoin(ビットコイン)の上限枚数は2100万BTCに設定されています。

一方でLitecoin(ライトコイン)の上限枚数は8,400万LTCです。

Litecoin(ライトコイン)の新規発行スピードはBitcoin(ビットコイン)の4倍です。

Bitcoin(ビットコイン)のちょうど4倍の通貨を発行できる仕様になっています。

Bitcoin(ビットコイン)のブロック生成時間の約4分の1

Bitcoin(ビットコイン)は1ブロックに生成する時間は約10分ですが、

Litecoin(ライトコイン)の場合は約2.5分間隔でブロックが生成されます。

取引の承認作業も約2.5分間隔で行われるので、

Litecoin(ライトコイン)の承認作業までに掛かる時間は、

Bitcoin(ビットコイン)の約4分の1で済むということです。

現状では、Litecoin(ライトコイン)は、

Bitcoin(ビットコイン)よりもスムーズに決済処理が行えます。

発行上限枚数がBitcoin(ビットコイン)の4倍

Litecoin(ライトコイン)の発行上限は、Bitcoin(ビットコイン)の4倍です。

  • BitCoin(ビットコイン):2,100万枚
  • Litecoin(ライトコイン):8,400万枚

この理由はLitecoin(ライトコイン)はBitCoin(ビットコイン)を

補完する仮想通貨として開発されているため、

日常的に利用できる高速決済手段を想定して設計されていることから、

4倍の発行上限になっています。

ライトニングネットワークの導入

Litecoin(ライトコイン)はライトニングネットワークを導入しています。

ライトニングネットワークとは、取引のデータが格納されているブロックが連なる

ブロックチェーンで取引処理を行う前に少額の決済は、

ブロックチェーンの外で別途処理を行い保管しておく技術のことです。

ライトニングネットワークにより、

少額決済をすべてのブロックに記録する手間が省けるので、

ブロックチェーンの処理能力に負荷をかけずに少額決済を行える環境が整います。

マイクロペイメントを行えるように手数料や送金速度の大幅改善が見込まれています。

Litecoin(ライトコイン)の今後の見通しや将来性

Litecoin(ライトコイン)の今後の見通しや将来性
  • 半減期による希少性
  • BitCoin(ビットコイン)の値動きと相関性がある
  • マイクロペイメントとしての利用
要チェック!!

半減期による希少性

Litecoin(ライトコイン)はBitCoin(ビットコイン)をベースに作られています。

そのため同じように半減期があります。

半減期とは発行上限が決まっている通貨において、

発行量をコントロールするために一時的にマイニング報酬を半分にする期間です。

半減期が近づくと、希少性が高まることを期待して価格が高騰する傾向があります。

Litecoin(ライトコイン)の半減期はBitCoin(ビットコイン)と同じく4年周期であり、

次回の半減期は2023年8月を予定されています。

BitCoin(ビットコイン)の値動きと相関性がある

Litecoin(ライトコイン)はBitCoin(ビットコイン)に似た性質を持っているので、

BitCoin(ビットコイン)の値動きとの相関性が高くなっています。

そのため、BitCoin(ビットコイン)の価格が上昇すれば上昇し、

反対にBitCoin(ビットコイン)が下落すれば下落する可能性が高いと言えます。

マイクロペイメントとしての利用

Litecoin(ライトコイン)は送金や決済手段としての普及が期待されています。

BitCoin(ビットコイン)の欠点を補うことを想定して、

設計されたのがLitecoin(ライトコイン)です。

しかし、BitCoin(ビットコイン)も送金や決済が進んでいるため、

利用価値としてはそれほど高くないように思えます。

Litecoin(ライトコイン)の購入方法や買い方

Litecoin(ライトコイン)の購入方法や買い方について説明します。

Litecoin(ライトコイン)のまとめ

Litecoin(ライトコイン)の評価ですが、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

という感じです。

Litecoin(ライトコイン)はBitCoin(ビットコイン)と似ていますが、

似ているだけでBitCoin(ビットコイン)に到底及ばないです。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

デジタルゴールド銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました