仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のChainLink(チェーンリンク)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

ChainLink(チェーンリンク) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性相互運用性銘柄

ChainLink(チェーンリンク)とは

ChainLink(チェーンリンク)はアメリカの

スマートコントラクト社によって設立されました。

2019年にメインネットがローンチされて比較的に新しい仮想通貨です。

ChainLink(チェーンリンク)はスマートコントラクトを

ブロックチェーンの外部情報(オフチェーン)に繋ぐための

ミドルウェアとして開発された仮想通貨です。

今回はこのChainLink(チェーンリンク)について詳しく解説していきたいと思います。

通貨名ChainLink
ティッカーシンボルLINK
価格価格はこちら

ChainLink(チェーンリンク)の特徴

ChainLink(チェーンリンク)の特徴
  • 分散型オラクルネットワークを提供している
  • ブロックチェーン技術を外部システムで活用することができる
  • 異なるブロックチェーン同士をつなぐことができる
要チェック!!

分散型オラクルネットワークを提供している

ChainLink(チェーンリンク)はスマートコントラクトと

チェーン外の様々なデータを結びつけるオラクルサービスがあります。

ChainLink(チェーンリンク) 仮想通貨

スマートコントラクトとは様々な契約をプログラムにして自動化する技術です。

今までのスマートコントラクトは外部の現物資産との接続が困難でしたが、

ChainLink(チェーンリンク)の分散型オラクルによって

現物資産との結びつきが可能になります。

これによって

  • 銀行
  • 決済システム(Paypal)
  • 市場データAPI
  • バックエンドシステム
  • その他のブロックチェーン
  • その他のソフトウェアAPI

などの情報を簡単にブロックチェーンやスマートコントラクトに繋ぐことができます。

オラクルとはなにかのデータを参照することを意味しており、

現状一番代表的なのがトークン等の価格データです。

ブロックチェーン技術を外部システムで活用することができる

ChainLink(チェーンリンク)を使うことで、

外部データをブロックチェーンに取り込むだけではなく、

逆にブロックチェーンのデータなどを外部システムで利用することができます。

これによってスマートコントラクトがより広い分野で活躍するなど、

既存のサービスにブロックチェーンを拡張することが可能です。

異なるブロックチェーン同士をつなぐことができる

ChainLink(チェーンリンク)はブロックチェーンとオフチェーンを

相互に繋ぐだけではなく異なるブロックチェーンを同時に繋ぐことができます。

多くのブロックチェーンは相互に互換性が無いです。

そのためBitCoin(ビットコイン)のブロックチェーンと

Ethereum(イーサリアム)のブロックチェーンを

そのままの状態でつなぐことはできません。

しかし、ChainLink(チェーンリンク)を仲介することによって、

その問題を解決することことができます。

ChainLink(チェーンリンク)の今後の見通しや将来性

ChainLink(チェーンリンク)の今後の見通しや将来性
  •  SWIFT(国際銀行間通信協会)と連携している
  • DeFi(分散型金融)分野に採用
  • 中国の国家ブロックチェーン構想にも参画している
  • Googleの元CEOエリック・シュミット氏が戦略アドバイザー
要チェック!!

 SWIFT(国際銀行間通信協会)と連携している

SWIFTとは世界各国の金融機関に送金メッセージの伝送サービスを提供している機関です。

国際送金にはSWIFTを通じて行われます。

SWIFTはChainLink(チェーンリンク)を使用したPoCを発表しており、

・バークレイズ
・BNPパリバ
・フィデリティ
・ソシエテジェネラル
・サンタンデール

金利データを用いた債券の売買と配当付与をスマートコントラクトで処理しています。

DeFi(分散型金融)分野に採用

ChainLink(チェーンリンク)はDeFi(分散型金融)分野に採用されています。

DeFi(分散型金融)は仮想通貨ではトレンドとなっており、

DeFi(分散型金融)のトレンドによって、

ChainLink(チェーンリンク)の採用が増えたことも注目されている理由です。

ChainLink(チェーンリンク)は、

DeFiプラットフォームに価格情報のデータを提供しています。

以下の画像はChainLink(チェーンリンク)の価格参照オラクルの基本構造になります。

ChainLink(チェーンリンク) DeFi(分散型金融)

複数のノードから定期的に価格を取得して、

そこから適正価格を導き出す仕組みになっています。

DeFi上で指定したデータデータ提供元から指定した

アセットやトークンの価格を取得してきます。

DeFiプロトコルのセキュリティを確保するためにも

ChainLink(チェーンリンク)のオラクルは必要不可欠です。

中国の国家ブロックチェーン構想にも参画している

ChainLink(チェーンリンク)はなんと、

中国のの国家ブロックチェーンインフラプロジェクトである、

BSN(Blockchain Service Network)の構想に参画しています。

中国が進めるブロックチェーンインフラプロジェクト

「BSN(Blockchain Service Network)」で、

政府は2つの大きな課題を解決するために2社をパートナーに迎え入れている。

その1つはスマートコントラクト(SmartContract)で、

チェーンリンク(Chainlink)のオラクルネットワークの基盤を成す企業だ。

https://www.coindeskjapan.com/67669/

IT先進国である中国の国家ブロックチェーンのインフラを担うので期待度は高いです。

Googleの元CEOエリック・シュミット氏が戦略アドバイザー

ChainLink(チェーンリンク)は2021年12月7日に

グーグル(Google)の元CEO、である

エリック・シュミット(Eric Schmidt)氏が戦略アドバイザーとして

チェーンリンクラボ(Chainlink Labs)に参加したと発表した。

ChainLink(チェーンリンク)の購入方法や買い方

ChainLink(チェーンリンク)のまとめ

ChainLink(チェーンリンク)の評価ですが、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

と個人的には非常におすすめしたい銘柄の一つです。

通常のブロックチェーン上のスマートコントラクトは、

ブロックチェーンで保護された情報に基づいているだけで、

信憑性にかける可能性があります。

しかし、ChainLink(チェーンリンク)の分散型オラクルネットワークによって、

相互運用性を強化するため、スマートコントラクトの信憑性が高まります。

ChainLink(チェーンリンク)は、

今後ブロックチェーンのやり取りが増えれば増えるほど需要が大きくなると思います。

非常に期待のできる銘柄の一つですのでぜひポートフォリオの1つに追加しましょう!!

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

相互運用性銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました