仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のCOSMOS(ATOM)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

COSMOS(ATOM) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性相互運用性銘柄

COSMOS(ATOM)とは

COSMOS(コスモス)とは、

インターネット・オブ・ブロックチェーンをコンセプトに掲げている

プロジェクトの仮想通貨です。

Cosmos(コスモス)は、

誰でもブロックチェーンを簡単に開発・利用できる世界の構築を目指しています。

通貨名COSMOS
ティッカーシンボルATOM
価格価格はこちら

COSMOS(ATOM)の特徴

COSMOS(ATOM)の特徴
  • PegZoneで異なるブロックチェーン同士を相互運用可能
  • CosmosSDKで新しいブロックチェーンを作ることができる
  • ABCIのプログラミング言語でDappsを開発できる
  • Ethermint(イーサミント)のツールでスマートコントラクトが可能
要チェック!!

PegZoneで異なるブロックチェーン同士を相互運用可能

BitCoin(ビットコイン)やEthereum(イーサリアム)などは、

異なるブロックチェーン同士であり相互運用性がないです。

しかし、COSMOS(ATOM)はPegZoneというブロックチェーンを仲介させることで、

コンセンサスアルゴリズムが異なる既存のブロックチェーン同士を

COSMOS(ATOM)経由で接続することが可能です。

また、ブロックチェーン同士を繋ぐことで、取引所を使わずとも

ブロックチェーン上で交換できたり、Dapps(分散型アプリケーション)を

相互運用させることが可能です。

CosmosSDKで新しいブロックチェーンを作ることができる

COSMOS(ATOM)ではCosmosSDKと呼ばれる

ブロックチェーン開発キットがあります。

CosmosSDKは、標準化された基本モジュールが用意されているので、

プラグインを使い必要な機能を追加していけば、

ゼロから作らずとも新たにブロックチェーンを開発することが可能です。

開発したブロックチェーンはHubと呼ばれて、

他のブロックチェーンと繋ぎ相互運用が可能です。

COSMOS(ATOM) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性

ABCIのプログラミング言語でDappsを開発できる

COSMOS(ATOM)は、ABCI(アプリケーションブロックチェーンインターフェース)

という仕組みを使い、Dapps(分散型アプリケーション)などの

アプリケーションを作成して成立することが可能です。

Ethermint(イーサミント)のツールでスマートコントラクトが可能

COSMOS(ATOM)はEthermint(イーサミント)と呼ばれるツールを利用して、

スマートコントラクトの作成が可能になります。

また、Ethermint(イーサミント)は、

従来のEthereum(イーサリアム)のブロックチェーンよりも

20倍も速くデータを処理できます。

通信状況によりスピードは左右されますが、

Ethereum(イーサリアム)より圧倒的に処理能力が高いことは変わりません。

COSMOS(ATOM)の今後の見通しや将来性

COSMOS(ATOM)の今後の見通しや将来性
  • 企業などからの需要が拡大している
  • ステーキングが可能
要チェック!!

企業などからの需要が拡大している

COSMOS(ATOM)の相互運用性の技術は、

  • バイナンスチェーン・バイナンススマートチェーン
  • Kava
  • Terra

などのブロックチェーンにも利用されています。

また、2020年3月には、日本の自動車メーカーTOYOTAが、

中古車販売に関するデータ連携にブロックチェーン技術を活用しようとしており、

そのサイドチェーンにCOSMOS(ATOM)の技術を利用していることを発表しました。

ステーキングが可能

COSMOS(ATOM)はコンセンサスアルゴリズムをPoSを採用しているため、

ステーキングが可能です。

ステーキングする投資家が増えれば長期的に価格上昇要因に繋がります。

COSMOS(ATOM)の購入方法や買い方

COSMOS(ATOM)のまとめ

COSMOS(ATOM)の評価ですが、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

特に相互運用性銘柄の競合として、Polkadot(ポルカドット)があります。

仮想通貨のPolkaDot(ポルカドット)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた
PolkaDot(ポルカドット)は2016年にEthereum(イーサリアム)のプログラミング言語であるSolidityと イーサリアムクライアントであるParityを開発したギャビン・ウィド氏が創設した仮想通貨です。 PolkaDot(ポルカドット)はWeb3.0という世界の実現を目指すプロジェクトです。 今回は、仮想通貨のPolkaDot(ポルカドット)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみました。

Polkadot(ポルカドット)は2020年8月上場と後発にも関わらず、

上場からCOSMOS(ATOM)をあっという間に追い抜きました。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

相互運用性銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました