仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のHarmony(ハーモニー/ONE)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

Harmony(ハーモニー/ONE) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性相互運用性銘柄

Harmony(ハーモニー/ONE)とは

Harmony(ハーモニー/ONE)とは、

2019年にBinance(バイナンス)のIEOで上場した仮想通貨です。

Harmony(ハーモニー/ONE)はDappsやNFTを制作、共有、交換するための

プラットフォームを提供している仮想通貨です。

Harmony(ハーモニー/ONE)はそれ以外にも

  • サプライチェーンの追跡
  • 広告取引
  • 信用格付けシステム
  • ゲーム

などの利用を目指しています。

通貨名Harmony
ティッカーシンボルONE
価格価格はこちら

Harmony(ハーモニー/ONE)の特徴

Harmony(ハーモニー/ONE)の特徴
  • 独自のコンセンサスアルゴリズムのFBFTとシャーディングを採用
  • 相互運用可能
要チェック!!

独自のコンセンサスアルゴリズムのFBFTとシャーディングを採用

Harmony(ハーモニー/ONE)は、

  • FBFT(Fast Byzantine Fault Tolerance)
  • シャーディング

を採用しています。

FBFTとは、Fast Byzantine Fault Toleranceの略語です。

FBFTの特徴は、一部のノードに問題が発生したり、不正を行ったりした場合に

他のノードが対応することでコンセンサス(合意決定)を実行できます。

この仕組みによって整合性が保たれ、正しいデータを受け取れる確率が上がります。

さらに、データ処理速度が向上しスケーラビリティ問題の解決にも繋がります。

シャーディングとは、トランザクション処理の不可を軽減する技術です。

トランザクション処理の負荷を低減する技術です。

Harmony(ハーモニー/ONE)はこれらによってデータの処理速度が上がり、

スケーラビリティ問題にも対応できます。

相互運用可能

Harmony(ハーモニー/ONE)はユーザーがスケーラブルで

相互運用可能な最高のサービスを利用できDapps構築が可能です。

Harmony(ハーモニー/ONE)の今後の見通しや将来性

Harmony(ハーモニー/ONE)の今後の見通しや将来性
  • 大手企業と連携している
  • ステーキングが利用できる
  • Binance(バイナンス)のIEO銘柄
要チェック!!

大手企業と連携している

Harmony(ハーモニー/ONE)は、Animoca Brandsなどの大手企業と提携しています。

Harmony(ハーモニー/ONE) Animoca Brands

Animoca Brandsはゲーム会社であり、

ドラえもん、スヌーピー、マーベルなどの作品を発表しています。

Animoca Brandsはフィナンシャルタイムズの

アジア太平洋地域の急成長企業ランキング2021にランクインしており、

今後の成長が注目される企業です。その他にも優良企業と多数提携しています。

Harmony(ハーモニー/ONE) 大手企業

このように基盤がしっかりとしている仮想通貨です。

ステーキングが利用できる

Harmony(ハーモニー/ONE)は最大年利20%でステーキング可能です。

ステーキングはBinance(バイナンス)で利用することが可能です。

ステーキングによって長期的に保有する投資家が増えることで、

価格が底固めされやすいです。

Binance(バイナンス)のIEO銘柄

Harmony(ハーモニー/ONE)は、

Binance(バイナンス)でIEOで5億円ほど資金調達しています。

IEOは取引所の厳しい審査を通過する必要があるため、

信用が担保されていないとIEOはできないです。

そのためBinance(バイナンス)のお墨付きである銘柄だということになります。

Harmony(ハーモニー/ONE)の購入方法や買い方

Harmony(ハーモニー/ONE)のまとめ

Harmony(ハーモニー/ONE)の評価ですが、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

の競合となるのは、Polkadot(ポルカドット)とCosmos(ATOM)です。

相互運用性銘柄は重要なブロックチェーンのエコシステムのため、

これらの競合に負けてしまうとハーモニーの価格は上がりません。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

相互運用性銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました