仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のPolkaDot(ポルカドット)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

相互運用性銘柄

PolkaDot(ポルカドット)とは

PolkaDot(ポルカドット)は2016年に

Ethereum(イーサリアム)のプログラミング言語であるSolidityと

イーサリアムクライアントであるParityを開発した

ギャビン・ウィド氏が創設した仮想通貨です。

PolkaDot(ポルカドット)はWeb3.0という世界の実現を目指すプロジェクトです。

Web3.0とは、ブロックチェーン技術によって実現させようとしている、

分散型の新たなWebの世界です。

ブロックチェーン同士はネットワークが完全に分断されています。

Ethereum(イーサリアム)も

Bitcoin(ビットコイン)も全く別のブロックチェーンで動いています。

つまり、それぞの仮想通貨ブロックチェーンは独立しています。

ですので、互いに連携などコミュニケーションが取れるような仕組みが無いです。

これは、将来的に仮想通貨が普及したことを考えると問題になります。

そうしたそれぞれのブロックチェーンを繋ぎ合わせる仕組みを作っているのが

PolkaDot(ポルカドット)になります。

通貨名PolkaDot
ティッカーシンボルDOT
価格価格はこちら

PolkaDot(ポルカドット)の技術

PolkaDot(ポルカドット)

PolkaDot(ポルカドット)の技術は以下の3つによって、

ブロックチェーン同時を繋ぎ合わせています。

PolkaDot(ポルカドット)の技術
  • Parachains(パラチェーン)
  • Bridges(ブリッジ)
  • Reley chain(リレーチェーン)
要チェック!!

Parachains(パラチェーン)

PolkaDot(ポルカドット)のParachains(パラチェーン)とは、

相互接続を可能にし互換性をもたせるための独自のチェーンのことです。

Parachains(パラチェーン)はパラレルブロックチェーンの略語です。

Parachains(パラチェーン)は、

シングル・ブロックチェーンよりも多くのトランザクションを処理することができます。

トランザクションが複数のコンピューターで分散されているので、

並列処理のようなイメージになります。

Bridges(ブリッジ)

しかし、それぞれのブロックチェーンは合意形成が違ったり、

ブロック生成のスピードが違います。

そうしたそれぞれの間に入るのがBridges(ブリッジ)です。

これは合意形成などの違いを吸収します。

Ethereum(イーサリアム)などの外部のブロックチェーンと後ほど紹介する

Reley chain(リレーチェーン)のデータのやり取りを行います。

Reley chain(リレーチェーン)

Parachains(パラチェーン)はBridges(ブリッジ)を介して

Reley chain(リレーチェーン)に繋がります。

Reley chain(リレーチェーン)にそれぞれのチェーンから書き出されたデータを記録して、

他のチェーンから参照が可能にしています。

PolkaDot(ポルカドット)の特徴

PolkaDot(ポルカドット)の特徴
  • インターオペラビリティを実現
  • 独自ブロックチェーンの開発が簡単にできる
  • 高度なセキュリティ
要チェック!!

インターオペラビリティを実現

インターオペラビリティというのは相互運用性になります。

相互運用性というのは異なるブロックチェーン同士を繋ぎ、相互運用させることです。

これまでのブロックチェーンには互換性が無く、

ブロックチェーン同士を繋ぐことができませんでした。

つまり、個々のブロックチェーンは分散性を有しているのにも関わらず、

中央集権的なものも必要とせざるをえませんでした。

しかし、PolkaDot(ポルカドット)を介すことで、

異なるブロックチェーン同士を繋インターオペラビリティを実現することができます。

そして、PolkaDot(ポルカドット)の目的である完全な分散型のWebの世界、

Web3.0を作ることができます。

独自ブロックチェーンの開発が簡単

PolkaDot(ポルカドット)は、

Substrate(サブストレート)というフレームワークを用意しています。

Substrate(サブストレート)によって開発者は、

独自のブロックチェーンを低コストで開発することが可能です。

また、Substrate(サブストレート)で開発したブロックチェーンを

PolkaDot(ポルカドット)と接続を容易に行うことができます。

高度なセキュリティ

PolkaDot(ポルカドット)は独立したブロックチェーンや

PolkaDot(ポルカドット)で開発したパラチェーンを

PolkaDot(ポルカドット)のメインチェーンであるリレーチェーンに接続することで、

相互運用をすることが可能です。

リレーチェーンを使うことでセキュリティ性能も共有することができます。

開発直後のブロックチェーンでも高度なセキュリティ性能を得られるため、

PolkaDot(ポルカドット)を利用して開発を進める開発者は、

今後増えていくと予想されています。

PolkaDot(ポルカドット)の今後の見通しや将来性

PolkaDot(ポルカドット)の今後の見通しや将来性
  • スケーラビリティ問題を解決
  • ブロックチェーンのエコシステム全体を補完する
要チェック!!

スケーラビリティ問題を解決

スケーラビリティ問題とは、

ブロックチェーンに取引量が増えて処理の遅延や手数料の口頭が起きてしまう問題です。

遅延が発生する主な要因はユーザー集中時に

トランザクションの検証に時間がかかってしまうことです。

PolkaDot(ポルカドット)ではパラチェーンによる

並列化されたブロックチェーンによって、

トランザクションを並行処理して処理速度を上げることで、

スケーラビリティ問題を解決しています。

ブロックチェーンのエコシステム全体を補完する

PolkaDot(ポルカドット)ではSubstrate(サブストレート)を利用することによって

簡単にブロックチェーンを構築できることから、

300を超える様々な企業や団体がプロジェクトの開発を実行中です。

2021 PolkaDot(ポルカドット)

PolkaDot(ポルカドット)が成長することで、

今後ブロックチェーンのエコシステム全体を補完することができます。

PolkaDot(ポルカドット)の購入方法や買い方

PolkaDot(ポルカドット)のまとめ

PolkaDot(ポルカドット)の評価は、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

私自身はPolkaDot(ポルカドット)をICO時に購入しております。

PolkaDot(ポルカドット)は国内取引所でも購入することができるので、

もし興味があればぜひ購入してみてください。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

相互運用性銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました