仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

Uniswap (ユニスワップ) とは?特徴や始め方や使い方についてわかりやすく説明してみた

Uniswap(ユニスワップ) DEX

Uniswap (ユニスワップ) とは

Uniswap(ユニスワップ) DEX(分散型取引所)

Uniswap (ユニスワップ)はDEX(分散型取引所)になります。

2018年11月2日にサービスが開始されてから多くのトレーダーから取引されており、

流動性が高い特徴も備えており今後も注目を浴びる取引所となっています。

Uniswap (ユニスワップ)の特徴

Uniswap (ユニスワップ)の特徴
  • 高い流動性
  • ガス代が安め
  • AMM(自動マーケットメーカー)
要チェック!!

高い流動性

Uniswap (ユニスワップ)は従来の

DEX(分散型取引所)が持つ流動性の低さを補っているサービスです。

Uniswap (ユニスワップ)はユーザーがプールと呼ばれる

共同預金口座に資産を預けて流動性を提供します。

これにより、DEX(分散型取引所)のデメリットである低い流動性を補っています。

ガス代が安め

ガス代とはイーサリアムネットワークの利用手数料です。

Uniswap (ユニスワップ)はアップデートによって、

ガス代を減少させることに成功しています。

さらに、公式サイトではEthereum(イーサリアム)の

セカンドレイヤーの実装が実現されれば、

ガス代は格段に安くなるだろうと名言されています。

AMM(自動マーケットメーカー)を採用

Uniswap(ユニスワップ)は、DEX(分散型取引所)の中でも

AMM(自動マーケットメーカー)に分類されます。

AMM(自動マーケットメーカー)とは、トレーダー同士の通貨のやり取りではなく、

スマートコントラクトの機能を活用して直接通貨のやり取りをする仕組みです。

スマートコントラクトによって取引所に預けられている通貨量に応じて価格を決定し、

トレーダーとやり取りを行います。

Uniswap (ユニスワップ)のメリット

Uniswap (ユニスワップ)のメリット
  • 誰でも簡単に仮想通貨 を上場出来る
  • 流動性を提供すれば報酬を貰える
要チェック!!

誰でも簡単に仮想通貨 を上場出来る

通常の仮想通貨の取引所の場合は新しい仮想通貨を上場させると

運営側の判断で上場されます。

しかし、Uniswap (ユニスワップ)は中央管理者がいないので、

仮想通貨の上場審査がありません。

なので、誰でも仮想通貨を上場させることができます。

また、ERC20トークンも上場させることができるので、

取引機会が無くなった仮想通貨も取引可能です。

流動性を提供すれば報酬を貰える

Uniswap (ユニスワップ)では流動性を提供することで、

UNIというトークンを報酬として貰うことができます。

Uniswap (ユニスワップ)には流動性マイニングという機能があり、

持っている資産を特定のプールに預けることで、

Uniswap (ユニスワップ)に流動性を提供できます。

なので、仮想通貨を大量に持っている人は取引を行わなくても

Uniswap (ユニスワップ)に預けることで資産を増やすことが可能です。

Uniswap (ユニスワップ)のデメリット

Uniswap (ユニスワップ)のデメリット
  • 法整備がなされていない
  • ハッキング被害を受けるリスク
  • スキャムに誤って投資してしまうリスク
要チェック!!

法整備がなされていない

例えば、通常のCoincheck(コインチェック)のようなCEX(中央集権型取引所)は、

国に対して仮想通貨の交換事業者登録をおこなった上で営業しています。

そのため、ユーザーの保護などが方に基づいています。

ですが、DEX(分散型取引所)は法律の整備が追いついていないため、

そもそも日本の法律においては今のところ所管外です。

方に縛られないという自由度はメリットでもありますが、

トラブルが生じた場合は基本的には自己責任となるということを肝に銘じておきましょう。

ハッキング被害を受けるリスク

Uniswap (ユニスワップ)のセキュリティ体制は、

ウォレットによって資産を管理しているのでハッキングされる可能性が極めて低いです。

しかし、リスクがゼロということではないです。

中央集権型の取引所よりもリスクが抑えられているので安全性は高いですが、

スマートコントラクトがトラブルが発生すると、

ハッキングされる可能性もあるので自己責任で利用する必要があります。

スキャムに誤って投資してしまうリスク

Uniswap (ユニスワップ)は誰でも簡単に仮想通貨を上場させることができますが、

誤ってスキャムに投資してしまうというリスクもあります。

有名なプロジェクトと同じ名前だからといって安易に投資すると、

それが似た名前のプロジェクトで、

スキャムトークンであったという自体を招いてしまいます。

スキャムトークンに投資するリスクを抑えるために、

投資する前にスキャムトークンであるかどうかをチェックするようにしましょう。

Uniswap (ユニスワップ)のUNIトークン

Uniswap (ユニスワップ)のUNIトークン
  • ガバナンストークン
  • 別の仮想通貨と交換できる
要チェック!!

ガバナンストークン

Uniswap (ユニスワップ)は保有している

UNIトークンの量によってガバナンス投票に参加が可能です。

この仕組みは中央管理者がいないDEX(分散型取引所)だからこそ成り立つ仕組みであり、

ユーザーが主体となって

Uniswap (ユニスワップ) の在り方を決められるのは画期的な方法です。

別の仮想通貨と交換できる

UNIトークンは保有しているだけでも価値がありますが、

別の仮想通貨へとスワップすることが可能です。

なので幅広い活用方法があるのも魅力的な点です。

なお、取引できる取引所ははUniswap (ユニスワップ) はもちろんのこと、

他のDEXやBINANCE (バイナンス) といった

海外の大手中央集権型取引所でも取引できます。

Uniswap (ユニスワップ)の始め方

Uniswap (ユニスワップ)の使い方

Uniswap (ユニスワップ)の使い方
  • スワップ(swap)
  • プール(Pool)
  • イールドファーミング
吹き出し内容

スワップ(swap)

スワップ(swap)とは、

実際に自分が持ってる仮想通貨を他の仮想通貨と交換できるサービスです。

SWAPタブをクリックして、交換元通貨を選択し、

そして交換したい通貨(交換先通貨)を検索窓から探し選択します。

交換したい数量をどちらか一方に入力すると自動でレートが算出されます。

プール(Pool)

ETHと、それと同額のERC20トークンをプールにロックすることで、

Liquidity Provider Feeを流動性提供者で割り振った分を得ることが出来ます。

イールドファーミング

Uniswap取引所のガバナンストークンUNIをファーミングで増やすことも可能です。

まとめ

Uniswap (ユニスワップ)はDEX(分散型取引所)の中でも

非常にオススメの取引所になります。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

DEX
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました