仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のADA(エイダコイン/カルダノ)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

ADA(エイダコイン/カルダノ) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性BaaS銘柄

ADA(エイダコイン/カルダノ)とは

ADA(エイダコイン/カルダノ)は、

Ethereum(イーサリアム)の創設者の一人であるチャールズ・ホスキンソン氏が

生み出した独自のブロックチェーンを持つ仮想通貨です。

チャールズ・ホスキンソン氏がCEOを務める会社Input Output Globalと、

ブロックチェーンの研究開発をする会社Emurgo、

そしてCardano Foundation(カルダノ財団)によってカルダノは開発されました。

元々ADA(エイダコイン/カルダノ)はブロックチェーン上の

オンラインカジノで取引を行う際に利用される仮想通貨として誕生しました。

しかし、他にもブロックチェーンの様々な用途があるため、将来性を期待されています。

通貨名Cardano
ティッカーシンボルADA
価格価格はこちら

ADA(エイダコイン/カルダノ)の特徴

ADA(エイダコイン/カルダノ)の特徴
  • スマートコントラクトにプルータス(Plutus)を採用
  • PoSを採用している
  • 独自のウォレットダイダロスウォレット
要チェック!!

スマートコントラクトにプルータス(Plutus)を採用

ADA(エイダコイン/カルダノ)は、

スマートコントラクトにプルータス(Plutus)を採用しています。

プルータス(Plutus)とは、

イーサリアムの次世代型として開発されたスマートコントラクトになります。

従来のイーサリアムのスマートコントラクトでは、

  • 決済部分(Accounting)
  • 計算処理(Computation)

を1つの台帳で行っているため、構成はシンプルな反面で、

変更や修正が難しいというデメリットがありました。

しかし、プルータス(Plutus)では、台帳を分割させることで、

個別の修正、変更が行いやすくなっています。

変更が容易になることで、セキュリティ性能も強化されるので、

契約だけでなく個人情報の記録も行うことができます。

PoSを採用している

ADA(エイダコイン/カルダノ)はPoSを採用しています。

PoS(Proof of Stake)とは、仮想通貨を持っている割合(Stake)に応じて、

ブロック承認の割合が与えられ、承認に応じて通貨を受け取れる仕組みです。

独自のウォレットダイダロスウォレット

ADA(エイダコイン/カルダノ)は専用のウォレットであるダイダロスウォレットがあります。

このダイダロスウォレットを利用することで、ADAをステーキングすることが可能です。

ステーキングとは、

ブロックチェーンのネットワークに参加する対価として報酬がもらえる仕組みです。

ADA(エイダコイン/カルダノ)の今後の見通しや将来性

ADA(エイダコイン/カルダノ)の今後の見通しや将来性
  • 大学や大企業と提携している
  • 着実に技術開発が進んでいる
  • ステーキングの利回りが高い
要チェック!!

大学や大企業と提携している

ADA(エイダコイン/カルダノ)は大学や大企業と提携しています。

  • エチオピア政府
  • 東京工業大学
  • SIRIN LABS社
  • MOX社
  • CHINACCELERATOR社
  • World Mobile Group
  • メタップスプラス
  • ニューバランス

着実に技術開発が進んでいる

ADA(エイダコイン/カルダノ)の技術開発は進んでおり、

有権者登録機能などが実装されています。

また、Cardanoブロックチェーンで、

新規トークンやNFTが発行可能になる機能もリリース予定になります。

技術開発が進むことで価格が上昇していく可能性があると言えるでしょう。

ステーキングの利回りが高い

ADA(エイダコイン/カルダノ)のステーキングは、

年利約6%ものリターンを得ることができるので、長期保有する投資家が多いです。

ADA(エイダコイン/カルダノ)の購入方法や買い方

ADA(エイダコイン/カルダノ)のまとめ

ADA(エイダコイン/カルダノ)の評価ですが、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

ADA(エイダコイン/カルダノ)の評価はそれほど高くないです。

というのも高単価のプレセールが日本でのみ先行販売されていましたし、

日本で行われたプロモーションの1つがMLM(マルチ商法)だったために

個人的には悪いイメージがついています。

さらにBaaS銘柄は非常に競争が激しいですが、

その開発スピードに追いついていない状態になっています。

そのためプレセールなどでそれなりの時価総額などを手に入れましたが、

BaaSの市場ではどんどん後発の銘柄が勢いの伸ばしているので

時価総額ランキングも後退していく可能性が非常に高いと思います。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

BaaS銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました