仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のAvalanche(アバランチ)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

Avalanche(アバランチ) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性BaaS銘柄

Avalanche(アバランチ)とは

Avalanche(アバランチ)とは、

様々なアプリケーションを構築できるプラットフォームの仮想通貨です。

米コーネル大学教授のEmin Gün Sirer氏を中心とした

チームによって創設されたプロジェクトです。

2021年現在は同氏がCEOを務める

ブロックチェーン企業「Ava Labs」が開発を進めています。

2020年9月にローンチされた仮想通貨で、

トランザクションの取引完了までのスピードが速く、強力な安全性も保証されており

最近話題のプロジェクトの一つです。

通貨名Avalanche
ティッカーシンボルAVAX
価格価格はこちら

Avalanche(アバランチ)の特徴

Avalanche(アバランチ)の特徴
  • 高い決済処理速度
  • 分散性がある
  • イーサリアムと互換性がある
要チェック!!

高い決済処理速度

多くの仮想通貨が直面している問題としてスケーラビリティ問題があります。

処理速度に時間が掛かったり、手数料が高騰するなど

ブロックチェーンが普及するほど大きな問題に繋がります。

Avalanche(アバランチ)の最も特徴的なのが、

スケーリング性能が優秀だということです。

他のブロックチェーンとは異なるコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

Avalanche(アバランチ)のコンセンサスアルゴリズムによって、

1秒間に最大で4,500ものトランザクションを処理できると言われています。

これは他の銘柄と比べると一目瞭然です。

  • BitCoin(ビットコイン):7TPS
  • Ethereum(イーサリアム):14TPS
  • VISA:1,700TPS
  • Avalanche(アバランチ):4,500

その処理能力がいかに高いかが窺えます。

分散性がある

Avalanche(アバランチ)の独自のコンセンサスアルゴリズムを利用しているので、

分散性及びスケーラビリティを可能にしています。

イーサリアムと互換性がある

Avalanche(アバランチ)は他のブロックチェーンと互換性があります。

得意にイーサリアムとの相互運用性も備えています。

Avalanche(アバランチ)はEVM(イーサリアム仮想マシン)が実装されており、

イーサリアムブロックチェーン上でのスマートコントラクト構築において

最も利用されているSolidityというプログラミング言語に対応しているので、

イーサリアムのDappsをそのままAvalanche(アバランチ)へ持ち込むことができます。

両チェーンの互換性は非常に高いというのも特徴的です。

Avalanche(アバランチ)の機能

Avalanche(アバランチ)がこれほど決済処理能力が高い理由の一つに

Avalanche(アバランチ)のブロックチェーンシステムには、

3つのチェーンを採用していることがあります。

ここにタイトル
  • Xチェーン
  • Cチェーン
  • Pチェーン
要チェック!!

それぞれ3つのチェーンそれぞれに役割を分担することでシステムの渋滞を防ぎます。

Xチェーン(Exchange Chain)

Xチェーンとは資産の作成およびトレードに特化したチェーンです。

Xチェーンはスマートコントラクトには対応していません。

X-Chainは、CチェーンやPチェーンとは異なり、

ブロックチェーンではなくDAG(Directed Acyclic Graph)構造となっています。

Avalanche(アバランチ)  DAG(Directed Acyclic Graph)

ブロックチェーンはそもそもチェーンとある通り、

ブロックが一つのチェーンのように繋がっています。

一方でDAGというのは一つのブロックに対して複数のブロックが繋がることが可能で、

トランザクションの並列処理が可能となり、処理速度が格段に上がります。

Cチェーン(Contract Chain)

Cチェーンとはイーサリアム仮想マシン実装のチェーンです。

このチェーンではスマートコントラクトの実行が可能で、

dApps構築にこのチェーンを利用します。

Pチェーン(Platoform Chain)

Pチェーンとは、Avalanche(アバランチ)のメタデータを記録するチェーンです。

バリデータやサブネットの管理は、このチェーンで行われます。

Avalanche(アバランチ)のプライマリーネットワーク(Primary Network)

また、この3つのチェーンは、

プライマリーネットワーク(Primary Network)と呼ばれる

特殊なサブネットにより管理されています。

Avalanche(アバランチ) プライマリーネットワーク(Primary Network)

プライマリーネットワーク(Primary Network)とは、

サブネットの参加ノードで構成されており、サブネットに参加しているノードはすべて

プライマリーネットワークに参加しなければなりません。

参加ノードが増加することで、

プライマリーネットワークの参加ノードも必然的に増加します。

すると、サブネットが活性化すればするほど、プライマリーネットワーク、すなわち

  • Xチェーン
  • Cチェーン
  • Pチェーン

の3つのセキュリティが高まることになります。

Avalanche(アバランチ)の今後の見通しや将来性

Avalanche(アバランチ)の今後の見通しや将来性
  • Defi市場の拡大をサポート
  • 誰でも簡単にNFTを発行できる
  • Burn(バーン)される
  • 公共機関や企業や政府などのアプリケーションに適している
  • FTX創業者のサム(通称アフロ)が2022年はSolanaとAvalancheの年とコメント
要チェック!!

Defi市場の拡大をサポート

Avalanche(アバランチ)はスケーラビリティが高いので、

DeFi(分散型金融)の分野で広く利用されています。

というのもAvalanche(アバランチ)はDefiに特化する

ブロックチェーンとして開発やローンチがされました。

また、イーサリアムブロックチェーンとの相互互換性もあるので、

イーサリアム基盤のDeFiアプリケーションの中も

誰でも簡単にNFTを発行できる

Avalanche(アバランチ)はNFT作成機能がプラットフォーム上に組み込まれているので、

アートやゲーム分野を中心にNFTプロジェクトの数が増加しています。

Burn(バーン)される

Avalanche(アバランチ)のトランザクション実行の際の手数料は、

Burn(バーン)されます。

Burn(バーン)されることにより供給量が減少して、

その結果、流通しているAVAXトークンの価値が上昇する仕組みとなっています。

2021年には、Burn(バーン)された総トークン量が10万AVAXを超えています。

公共機関や企業や政府などのアプリケーションに適している

Avalanche(アバランチ)のサブネット技術を活用することによって

規制に準拠した特定のルールを組み込んだ、

ブロックチェーンを構築することが可能になるので、

公共機関や企業、政府などが資産を発行しアプリケーションを構築するために

適したプラットフォームだと考えられています。

つまり、Avalanche(アバランチ)のブロックチェーンネットワークが、

今後そうした機関から利用が増える可能性があります。

FTX創業者のサム(通称アフロ)が2022年はSolanaとAvalancheの年とコメント

FTX創業者のサム(通称アフロ)が2022年は、

Solana(ソラナ)とAvalanche(アバランチ)の年とコメントしています。

サム自身仮想通貨に深く精通しているため、

そうしたコメントは一つの信憑性に繋がりますね。

Avalanche(アバランチ)の購入方法や買い方

Avalanche(アバランチ)のまとめ

Avalanche(アバランチ)の評価ですが、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

イーサリアムキラーの一角を担うブロックチェーンとして現在話題になっています。

国内で購入ができないので日本での知名度はまだ上がってきていないですが、

非常に期待値の高い銘柄の一つになります。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

BaaS銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました