仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のネム(NEM/XEM)・シンボル(XYM)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

NEM(ネム) Symbol(シンボル) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性BaaS銘柄

NEM(ネム)とは

NEM(ネム)とは、New Economy Movementの頭文字から命名され

2015年に誕生した仮想通貨です。

NEM(ネム)はプロジェクトの名称であり、NEM(ネム)で使用される

仮想通貨はXEM(ゼム)になります。

New Economy Movementというのは新しい経済運動を意味になります。

これは経済的自由や平等を重視している点が特徴です。

また、NEM(ネム)は大型アップデートによりカタパルトを実装して、

新しい仮想通貨になり、カタパルト後の新しい仮想通貨を

Symbolとすることを発表しました。

今回はNEM(ネム)とSymbol(シンボル)について紹介していきます。

通貨名NEMNEMSymbol
ティッカーシンボルXEMXYM
価格価格はこちら価格はこちら

NEM(ネム)の特徴

NEM(ネム)の特徴
  • 高速な処理速度を実現
  • ハーベスティング
  • Polを採用したコンセンサスシステム
  • 独自のトークンを発行できる
要チェック!!

高速な処理速度を実現

NEM(ネム)は素早い処理速度を実現しています。

BitCoin(ビットコイン)が一つのブロックを生成するのに10分程度掛かりますが、

NEM(ネム)の場合は約1分です。

処理速度は取引スピードに直結するのためとても重要です。

ハーベスティング

NEM(ネム)にはハーベスティングという機能があります。

これはBitCoin(ビットコイン)のマイニングにあたるものです。

マイニングで報酬を得るには高性能なPCや大量の電気などが必要となります。

しかし、ハーベスティングはそれほど高性能なパソコンや大量の電気は必要としません。

ハーベスティングにおいて重要となるのはXEMの保有量や取引量、取引回数などです。

ただし、ハーベスティングを行うには1万XEM以上を保有する必要があります。

Polを採用したコンセンサスシステム

NEM(ネム)はPoI(Proof of Importance)と呼ばれる

コンセンサスアルゴリズムを採用しています。

PoIはネットワーク上への貢献度である取引量や取引数などが重要視した

コンセンサスアルゴリズムとなっています。

独自のトークンを発行できる

NEM(ネム)では独自のトークンを発行することができます。

NEM(ネム)はネームスペースという空間をレンタルすることによって

簡単に独自トークンを発行することが可能です。

既に多多くのトークンがNEM(ネム)のブロックチェーンを利用して発行されています。

NEM(ネム)の今後の見通しや将来性

NEM(ネム)の今後の見通しや将来性
  • シンボル(XYM)の大型アップデート
  • 各国の政府と連携している
  • mijin
  • DeFi(分散型金融)市場への参入
  • NFT市場への参入
要チェック!!

シンボル(XYM)の大型アップデート

NEM(ネム)は新しくSymbolというプラットフォームがリリースされ、

そこで使われる仮想通貨がジム(XYM)という名称ですでに公開されています。

既存のプラットフォーム
  • NEM(ネム)
  • ゼム(XEM)
  • Pol
新しいプラットフォーム
  • Symbol(シンボル)
  • ジム(XYM)
  • PoS+

シンボル(XYM)の特徴はセキュリティの高さと処理速度の速さになります。

シンボル(XYM)は1秒で最大4,000件もの処理が可能となります。

また、コンセンサスアルゴリズムがPoS+になっており、NEM(ネム)と異なります。

PoS+はPoIと同じく、保有量や取引回数などが重要となる設計をされていますし、

他にもネットワーク上の活動状況や、自分以外のユーザーから

ハーベスティングを委託されているかなども重要となる点が改良点です。

シンボル(XYM)が運用を開始したことで、

NEM(ネム)の価値は無くなってしまうと考えてる人も多いようですが、

アップデートされたからといって

NEM(ネム)の価値が無くなるということはないです。

現在でもNEM(ネム)の開発は行われております。

各国の政府と連携している

NEM(ネム)はテックビューロやFIX Networkという

リストニアの通信会社と提携しています。

また、2018年にはアラブ首長国連邦や2019年にマレーシア政府などと

国家機関との提携も実現しております。

mijin

mihinはNEM(ネム)の技術を使ったブロックチェーンで、

金融、物流管理、医療など約400社以上もの企業がこのmijinを利用しています。

このmihinには、カタパルトが実装されおり、処理速度が非常に速いです。

実用化も進んでいるため、今後mijinが普及すれば、

ネムの価値が上がる可能性は非常に高いでしょう。

DeFi(分散型金融)市場への参入

NEM(ネム)はDeFi(分散型金融)市場への参入を試みています。

実際にFantom Foundationとの提携を行ったと発表されました。

Fantom(ファントム)とはDapps(分散型アプリケーション)を開発する

プラットフォームの一つです。

仮想通貨のFantom(ファントム)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた
Fantom(ファントム)は、ブロックチェーンを使わずDAGテクノロジーを活用した 新しいスマートコントラクトプラットフォームの仮想通貨です。 今回は、仮想通貨のFantom(ファントム)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみました。

このパートナーシップによってSymbol(シンボル)も

Fantomのブロックチェーンネットワークの1つとなると見られています。

これにより、

DeFiなどの分散型アプリケーションへの参入をより容易なっていくと思います。

NFT市場への参入

NEM(ネム)はNFT市場への参入を試みています。

実際にNEMBEAR ARTの開発がされており、

そこではNFTを自由に売買できる分散型のプラットフォームになるようです。

NEM(ネム)の購入方法や買い方

NEM(ネム)のまとめ

NEM(ネム)の評価ですが、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

一番競争が激しいBaaSですが、NEM(ネム)はそれほどDapps数が増えていないことや

大きな実績も上げていないのでこの評価です。

すでに後発組のBaaS銘柄が頭角を表しているので、

Symbol(シンボル)によってどう変わっていくかが重要になっていくと思います。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

BaaS銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました