仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のPolygon(ポリゴン)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

Polygon(ポリゴン) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性BaaS銘柄

Polygon(ポリゴン)とは

Polygon(ポリゴン)とは、

ブロックチェーンのトランザクション速度を向上させて、

コストを削減することを目的にしている

Ethereum(イーサリアム)のセカンドレイヤー(レイヤー2)仮想通貨です。

2017年に開発がスタートした当初は、Matic(マティック)と呼ばれていました。

しかし、2020年5月にメインネットをローンチした後に

2021年2月にPolygonへとリブランディングされました。

Polygon(ポリゴン)はMATICサイドチェーンを利用して、

様々なイーサリアムベースの分散型アプリを実行および連携します。

通貨名Polygon
ティッカーシンボルMATIC
価格価格はこちら

Polygon(ポリゴン)の特徴

Polygon(ポリゴン)の特徴
  • Ethereum(イーサリアム)のセカンドレイヤー・ソリューションの一つである
  • 高速かつ低コスト化を実現している
  • 独自のコンセンサスアルゴリズムを有している
要チェック!!

Ethereum(イーサリアム)のセカンドレイヤー・ソリューションの一つである

Polygon(ポリゴン)のイーサリアムのセカンドレイヤー・ソリューションの一つです。

イーサリアムブロックチェーンは、スケーラビリティ問題を抱えているのですが、

Polygon(ポリゴン)はその解決策の一つとして存在しています。

高速かつ低コスト化を実現している

Polygon(ポリゴン)はセカンドレイヤー技術によって、

Ethereum(イーサリアム)との互換性を保ち且つ、

Ethereum(イーサリアム)よりも高速処理ができ低コストです。

Ethereum(イーサリアム)のトランザクション数が、

毎秒10〜15件ほどと言われるのに対して、

Polygon(ポリゴン)のは毎秒6,000~7,000件を処理することが可能です。

  • Ethereum(イーサリアム):毎秒10〜15件
  • Polygon(ポリゴン):毎秒6,000~7,000件

また平均取引手数料は、0.00002ドルと非常に安くなっています。

Ethereum(イーサリアム)や他のブロックチェーンネットワークよりも

安価で高速でトランザクションを実行することが可能です。

独自のコンセンサスアルゴリズムを有している

Polygon(ポリゴン)のイーサリアムのセカンドレイヤーですが、

Ethereumからは独立したコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

コンセンサスアルゴリズムがPoSであるため

Polygon(ポリゴン)をステーキングして報酬を得ることが可能です。

Polygon(ポリゴン)の今後の見通しや将来性

Polygon(ポリゴン)の今後の見通しや将来性
  • DappsやDeFiの需要
  • NFTの需要
要チェック!!

DappsやDeFiの需要

Ethereum(イーサリアム)のセカンドレイヤーソリューションが生まれたことで、

多くのDappsやDeFiなどがセカンドレイヤーに活躍の場を移行しています。

その中でもPolygon(ポリゴン)が当確を表しており、

この先DappsやDeFiの普及に伴い、

Polygon(ポリゴン)の需要も大きくなっていくと思います。

NFTの需要

NFTとは、非代替性トークンと呼んでおり、

複製や改ざんができない唯一無二のデジタルデータのことです。

近年では、デジタルアートやブロックチェーンゲームなどの分野で実用化が進んでおり、

注目されています。

Polygon(ポリゴン)はNFTの売買も低コストで利用することが可能です。

Polygon(ポリゴン)の購入方法や買い方

Polygon(ポリゴン)のまとめ

Polygon(ポリゴン)の評価ですが、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

と評価は非常に高いです。

Polygon(ポリゴン)は処理速度の高速化と低コスト化を実現している

Ethereum(イーサリアム)のセカンドレイヤー・ソリューションで、

2021年に入り急速に需要が拡大していますし、

ユーザーとしてはガス代を安く利用したいので、ブロックチェーン経済の普及によって、

Polygon(ポリゴン)の需要がより大きくなると思います。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

BaaS銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました