仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のFantom(ファントム)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

Fantom(ファントム) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性BaaS銘柄

Fantom(ファントム)とは

Fantom(ファントム)は、ブロックチェーンを使わずDAGテクノロジーを活用した

新しいスマートコントラクトプラットフォームの仮想通貨です。

Fantom(ファントム)とは、2019年にリリースされた

Ethereum(イーサリアム)の問題を解決することに取り組むプロジェクトです。

個人、組織、企業が分散型安全なアプリケーションを開発して

幅広い業界に渡って安全でスケーラブルなテクノロジーを作成することを目指しています。

通貨名Fantom
ティッカーシンボルFTM
価格価格はこちら

Fantom(ファントム)の特徴

Fantom(ファントム)の特徴
  • 高速コンセンサスメカニズムのLachesisを採用
  • DAG(Directed Acyclic Graph)を採用
要チェック!!

高速コンセンサスメカニズムのLachesisを採用

Fantom(ファントム)は高速コンセンサスメカニズムのLachesisを採用しています。

Lachesiとは、Fantom(ファントム)のaBFTコンセンサスアルゴリズムを活用しており、

高速で低コストのトランザクション処理を行い、高いセキュリティの保持が可能です。

aBFTコンセンサスアルゴリズムを活用することで、

Lachesisは早いトランザクション処理を実現可能となります。

DAG(Directed Acyclic Graph)を採用

Fantom(ファントム)は仮想通貨のブロックチェーンではなく、

DAG(Directed Acyclic Graph)を用いて取引データの処理を行っています。

DAG(Directed Acyclic Graph)とは、

拡張可能性に優れたブロックチェーンの後継とも言われる理論技術です。

日本語訳では有向非巡回グラフと言います。

DAGは取引データを複数のブロックで繋げることが可能です。

ブロックチェーンのようにブロックに取引データを格納する必要がないので、

送金データの承認時間を短縮してくれます。

また、DAGは、新規で通貨発行をするマイニングの概念がないので、

取引承認を行うマイナーに報酬を払う必要がないことも特徴です。

Fantom(ファントム)の今後の見通しや将来性

Fantom(ファントム)の今後の見通しや将来性
  • Chainlink(チェーンリンク)と提携している
  • メインネットワークOperaの機能
  • DeFi(分散型金融)に対応
要チェック!!

Chainlink(チェーンリンク)と提携している

Fantom(ファントム)は、

2020年3月に発表されたChainlink(チェーンリンク)と提携しています。

Chainlink(チェーンリンク)は、

ブロックチェーンと外部システムを繋ぐためのプラットフォームです。

仮想通貨のChainLink(チェーンリンク)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた
ChainLink(チェーンリンク)とはアメリカのスマートコントラクト社によって設立されました。 ChainLink(チェーンリンク)はスマートコントラクトをブロックチェーンの外部情報(オフチェーン)に繋ぐための ミドルウェアとして開発された仮想通貨です。 今回は仮想通貨のChainLink(チェーンリンク)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみました。

Chainlink(チェーンリンク)は、Fantom(ファントム)エコシステムに

Chainlink(チェーンリンク)の高品質なAPIデータへの

リアルタイムアクセスを提供しています。

これによって、Fantom(ファントム)の開発者は

リアルタイムデータと完全に統合された

スケーラブルな分散型アプリケーションを構築可能となります。

また、Chainlink(チェーンリンク)以外にも

  • Raviton
  • Band Protocol

などのブロックチェーンプログラムとも提携しており、

独自の機能の拡張を推し進めています。

メインネットワークOperaの機能

Operaは、Fantom(ファントム)のメインネットワークです。

分散型アプリケーションを構築するための安全で高速な環境を提供します。

Operaは2021年4月にアップグレードしており、

トランザクション処理スピードが1秒以下になることが公表されました。

DeFi(分散型金融)に対応

Fantom(ファントム)はDeFi(分散型金融)に対応しています。

また、DeFiプラットフォームの中でもFantom(ファントム)はは、

トランザクションスピードと手数料に関して、

圧倒的な速さと低コストを持ち合わせています。

Fantom(ファントム)の購入方法や買い方

Fantom(ファントム)のまとめ

Fantom(ファントム)の評価ですが、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

BaaS銘柄は競争が非常に激しい分野なので

Solana(ソラナ)などを含めた競合に劣っています。

ただし、Fantom(ファントム)も十分成長する可能性があります。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

BaaS銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました