仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

BitCoin(ビットコイン)の半減期とは?特徴や値動きの影響などわかりやすく説明してみた

BitCoin(ビットコイン) 半減期 わかりやすく仮想通貨の基礎知識

BitCoin(ビットコイン)の半減期とは

仮想通貨 BitCoin(ビットコイン) 半減期

BitCoin(ビットコイン)の半減期とは、

マイニングによって新規発行されるBTCの数量が半減するイベントのことです。

ブロックチェーン上でBitCoin(ビットコイン)の取引を承認する作業する作業する人

マイナーが承認作業の対価としてBitCoin(ビットコイン)を得てマイニングしています。

BitCoin(ビットコイン)のマイニングとは?利益やオススメのやり方についてわかりやすく説明してみた
マイニングとは、BitCoin(ビットコイン)などの仮想通貨の取引承認(コンセンサスアルゴリズム)に必要となる 複雑な計算をコンピューターで行いその成功報酬として仮想通貨を得ることを言います。 今回は、BitCoin(ビットコイン)のマイニングとは?利益やオススメのやり方についてわかりやすく説明してみました。

マイニング報酬として得られていたBitCoin(ビットコイン)の枚数が、

半減期以前と比べて半分になります。

BitCoin(ビットコイン)の発行枚数の上限は2,100万BTCになるように設計されており、

半減期のイベントは4年に一度行われます。

以下は半減期のタイミングとマイニング報酬です。

半減期半減期タイミングマイニング報酬
〜2012年50BTC
2012年(1回目)1,050万BTC25BTC
2016年(2回目)525万BTC(1,575万BTC)12.5BTC
2020年(3回目)262.5万BTC(1,837.5万BTC)6.25BTC

BitCoin(ビットコイン)の半減期は33回までで終了となります。

BitCoin(ビットコイン) 半減期

すべてのBitCoin(ビットコイン)が世に出回り、新たに発行されることはなくなります。

BitCoin(ビットコイン)に半減期が存在する理由

BitCoin(ビットコイン)に半減期が存在するのかという素朴な質問があります。

BitCoin(ビットコイン)に半減期がある理由は需要と供給のバランスを調節するためです。

日本円などの法定通貨は日銀などのような管理する団体が流通量(供給量)を

コントロールすることで価格や価値を安定化を保っています。

しかし、BitCoin(ビットコイン)は管理する団体や組織が存在せず、

流通量をコントロールすることができません。

ですので、BitCoin(ビットコイン)に半減期によって

流通量(供給量)の増加に従ってマイニング報酬が半分になるという仕組みが

あらかじめ実装されているので、新規の発行ペースが遅くなり、

価格や価値の維持や安定化を目指しています。

仮想通貨 BitCoin(ビットコイン) 半減期

半減期によって、BitCoin(ビットコイン)の供給量が減ることによって

需要がさらに増すように設計されています。

需要が高い→価格や価値が高まり
供給が高い→価格や価値が下がる

BitCoin(ビットコイン)の半減期は価格にどのような影響を与えるのか?

仮想通貨 BitCoin(ビットコイン) 半減期

BitCoin(ビットコイン)の半減期は価格にどのような影響を与えるのかですが、

BitCoin(ビットコイン)には周期性が存在します。

以下は過去の10年分の増減になります。

始値終値増減(%)時期
2010$0.003$0.309,900%
2011$0.30$4.721,473%
2012(半減期)$4.72$13.51186%半減期
2013$13.5$7585,507%暴騰期
2014$758$320-58%下落期
2015$320$43035%通常期
2016(半減期)$430$968125%半減期
2017$968$13,8601,331%暴騰期
2018$13,860$3,689-73%下落期
2019$3,689$7,18495%通常期
2020(半減期)$7,184$28,775301%半減期
2021$28,775$60,000
(未確定)
108.5%
(未確定)
暴騰期

これを見ると分かる通り、半減期の次の年が価格が高騰が非常に高いことがわかります。

そして高騰した次の年は下落しています。

つまり、過去の規則性から考えると

半減期→暴騰期→下落期→通常期→半減期→以後ループ

というサイクルが生じていることがわかります。

ちょうど現在2021年で暴騰期のシーズンであるということがわかります。

実際にチャートを見てもBitCoin(ビットコイン)は半減期後に価値が上がっています。

BitCoin(ビットコイン) 半減期

BitCoin(ビットコイン)は半減期ごとにマイナーの損益分岐点が2倍になっていきます。

これはつまり、マイナーが基本的に2倍の価格で売却しないと

やっていけなくなるということです。

すると安売りできなく、発行数減で市場に出回る量が少なくなると、

価格は上に引き上げられやすくなるということです。

BitCoin(ビットコイン)の半減期は非中央集権であるからこそ必要な仕組み

BitCoin(ビットコイン)の半減期というのは、どこかの誰かが何かの意図を持って

コントロールする中央集権ではなく、非中央集権だからこそ必要なイベントです。

この非中央集権の考え方や仕組みこそがBitCoin(ビットコイン)の革新的な概念であり、

世界中の多くの人がBitCoin(ビットコイン)を支持している思想部分だと思います。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

仮想通貨の基礎知識
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました