仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のIOST(アイオーエスティー)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

IOST(アイオーエスティー) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性BaaS銘柄

IOST(アイオーエスティー)とは

IOST(アイオーエスティー)は、

Coincheck(コインチェック)に上場している仮想通貨の一つです。

IOST(アイオーエスティー)はスマートコントラクトを利用して

Dapps(分散型アプリケーション)を構築するための

プラットフォームの仮想通貨になります。

IOST(アイオーエスティー)はクレジットカード同等の処理能力で、

ブロックチェーン技術を様々なサービスに応用できるように目指しています。

通貨名IOST
ティッカーシンボルIOST
価格価格はこちら

IOST(アイオーエスティー)の技術

IOST(アイオーエスティー)の技術
  • シャーディング技術
  • PoB(Proof of Believability)
要チェック!!

シャーディング技術

シャーディング技術とは、トランザクションの検証作業を

バリデータのグループごとに分けて並列してトランザクションを処理する技術です。

ある膨大な仕事を社員一人に任せるのではなく、

複数の社員に作業を分担して仕事させた方が業務は効率的です。

そのようなことをブロックチェーン上で行うのがシャーディング技術です。

具体的にはメインチェーンとは別にサイドチェーンを利用して

トランザクションを処理していきます。

サイドチェーンを複数にシャードしてメインチェーンの負荷を軽減する仕組みです。

PoB(Proof of Believability)

IOSTがネットワークに採用しているのは、PoB(Proof of Believability)です。

PoBというのはノードが保有している

  • トークンの数
  • ノードの評判
  • 貢献度
  • ノードの振る舞い

などの要素を使用しています。

これによってネットワーク・セキュリティと高速なトランザクションを可能にしています。

IOST(アイオーエスティー)の特徴

IOST(アイオーエスティー)の特徴
  • JavaScriptでスマートコントラクトを開発することができる
  • セキュリティが高い
  • スケーラビリティの問題を解決
要チェック!!

JavaScriptでスマートコントラクトを開発することができる

IOST(アイオーエスティー)は開発する言語はJavaScriptです。

JavaScriptは比較的に簡単な言語なので、

ある程度プログラミング知識がある開発者は、

スマートコントラクトを簡単に開発することが可能です。

セキュリティが高い

IOST(アイオーエスティー)はPoBを活用することで、

分散型経済のセキュリティ担保とすることが可能なのでセキュリティが高いです。

スケーラビリティの問題を解決

IOST(アイオーエスティー)は仮想通貨全体が抱えるスケーラビリティの問題ですが、

EDSと呼ばれる技術を採用していることで問題を解決しています。

EDSを採用することで完全にシステム作業を分担することが可能になり、

ネットワーク作業認証速度を加速させることができます。

IOST(アイオーエスティー)の今後の見通しや将来性

IOST(アイオーエスティー)の今後の見通しや将来性
  • DeFi(分散型金融)と親和性が高い
  • 日本の実社会の貢献
  • セコイアなどのVCからサポートを受けている
  • ブロックチェーン協会へ加盟している
要チェック!!

DeFi(分散型金融)と親和性が高い

IOST(アイオーエスティー)はDeFi(分散型金融)に2019年から参加しております。

IOST(アイオーエスティー)のブロックチェーンやコンセンサスアルゴリズムは、

DeFi(分散型金融)との親和性が高いです。

IOSTコミュニティーチームでは、

・IOST DEX
・otbTrade

などのDEX(分散型取引所)を提供しています。

DeFi(分散型金融)は、基本的にはEthereum(イーサリアム)が主体ですが、

高いガス料金などや送金詰まりなどがありますが、

IOSTは取引手数料が0なので、利便性およびアクセシビリティが高いです。

日本の実社会の貢献

IOST(アイオーエスティー)は日本国内で様々なプロジェクトや企画に協力的です。

日本で進められている再生可能エネルギー電力の取引システムの研究で、

IOST(アイオーエスティー)は実証実験に参画しています。

IOST 再生可能エネルギー

​この度、elDesign株式会社

(読み:エルデザイン、本社:東京都港区、代表:坂越健一「以下、elDesign」)、

エバーシステム株式会社

(本社: 愛知県名古屋市、代表: 和田隆夫、以下「エバーシステム」)ならびに、

IOST/IOS財団(本社:シンガポール、 共同創業者:Terrence Wang、以下、「IOST」)は、

2019年11月以降の卒FIT(固定価格買取制度)に先立ち、

再生可能エネルギーを中心とした電力取引の効率化を図るべく、

近年、注目を集めているブロックチェーン技術を活用した

協業を行うことに合意いたしましたので、

お知らせします。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000041312.html

また、遺伝医療情報プラットフォームの研究を進める大阪のスタートアップである

プラクスと協同で健康管理記録などのヘルスケア領域で

ブロックチェーンを活用したサービスを進めています。

IOST プラクス

ブロックチェーン技術を活用したアプリケーション開発を行う、

エバーシステム株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表:和田 隆夫)は、

大学発ヘルステックベンチャーのプラクス株式会社(本社:大阪府八尾市、代表:坂上 博俊)と、

パブリックチェーンを使った、ユーザー(患者)個人の疾患や健康に関する、

第三者が信頼できる情報をユーザー(患者)自身が持てる

アプリケーション開発を進めてきました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000048206.html

こうした貢献による期待によっても購入されています。

セコイアなどのVCからサポートを受けている

IOST(アイオーエスティー)はセコイア・キャピタル中国など、

世界的ベンチャーキャピタルから支援を受けています。

VCからの支援を受けたプロジェクトとして知られています。

セコイヤキャピタル中国支社の創設メンバーは世界で最も高い実績を誇る

ベンチャー投資家のランキングで2年連続で1位を獲得しています。

フォーブスは4月2日、世界で最も高い実績を誇るベンチャー投資家のランキング

「ミダスリスト(The Midas list)」の2019年版を発表した。

本年度のランキングで注目すべきは、中国の投資家たちの勢いだ。

1位には、昨年から2年連続でセコイアキャピタル中国支社の設立メンバーの、

ニール・シェン(Neil Shen)が選ばれた。シェンは中国企業に対する投資で、輝かしい実績を収めている。

https://forbesjapan.com/articles/detail/26577

こうしたVCからサポートを受けているという信頼から投資している人もいます。

ブロックチェーン協会へ加盟している

IOST(アイオーエスティー)はブロックチェーン協会へ加盟しています。

日本ブロックチェーン協会 (JBA) に加盟しました。

IOSTは、分散型ネットワークを支えてきたノードたち、

そして、すばらしい日本のコミュニティとともに、

ブロックチェーン技術の社会での認知と普及活動に挑みつづけます。

https://twitter.com/IOSToken_jp/status/1444932845495992321?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1444932845495992321%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fcoinpost.jp%2F%3Fp%3D281936

IOST(アイオーエスティー)の購入方法や買い方

IOST(アイオーエスティー)の購入方法や買い方について説明します。

IOST(アイオーエスティー)のまとめ

IOST(アイオーエスティー)の評価ですが、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

IOST(アイオーエスティー)は投資対象外です。

やたらと日本人投資家に人気なようですが、

一部のインフルエンサーなどが買い煽りをしているだけなのと、

国内取引所であるCoincheck(コインチェック)のコールドウォレットに

約38.89%のIOSTを保有しています。

IOST はめ込み

買い煽りで新規嵌め込み銘柄になっているので、個人的には懸念材料が残ります。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

BaaS銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました