仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のFlow(フロー)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

BaaS銘柄

Flow(フロー)とは

Flow(フロー)は高速で安全に開発者に優しい

ブロックチェーンアプリケーションの仮想通貨です。

Flow(フロー)は数多くのNFTゲームやアプリケーションを提供している

Dapper labsが開発しています。

従来のブロックチェーン上のDappsは、

Ethereum(イーサリアム)上で行われることが一般的でした。

しかし、利用者の増加によってスケーラビリティ問題や手数料の高騰など、

多くの問題を抱えています。

元々Dapper labsでは、Ethereum(イーサリアム)系のブロックチェーンを利用し、

ゲームやアプリケーションの開発を行っていました。

しかし、イーサリアムのブロックチェーンでは開発に不向きであると感じて、

より開発者や消費者向けに利用しやすいブロックチェーン技術として、

自社でFLOW(フロー)を開発しました。

通貨名Flow
ティッカーシンボルFLOW
価格価格はこちら

Flow(フロー)の特徴

Flow(フロー)の特徴
  • 独自の処理技術
  • シャーディングが不要
  • ケイデンスという言語が採用
要チェック!!

独自の処理技術

Flow(フロー)は仮想通貨のマイナーやバリデータを

4つの役割に分類することで処理能力を劇的に改善することを実現しています。

  • 収集(Collection):トランザクション効率を上昇させる
  • 合意(Consensus):ノードを分散化させる
  • 実行(Execution):トランザクションのスピードと容量を増加させる
  • 検証(Verification):トランザクションの正確さを向上させる

これらによって、理論上は従来の数百倍の処理速度を実現することが可能です。

シャーディングが不要

シャーディングとは、トランザクションを行うデータを

複数のデータベースに分散配置して、

データベースの負荷を軽減することを目的とした処理方法です。

シャーディングとは?メリット・デメリットや仕組みについてわかりやすく説明してみた 
シャーディングとは、トランザクションの検証作業をバリデーターのグループごとに分け、並列してトランザクションを処理する技術です。 このシャーディングという技術はスケーラビリティ問題を解決や改善のために考えられた技術になります。 今回は、シャーディングとは?メリット・デメリットや仕組みについてわかりやすく説明してみました。

シャーディングが用いることで、処理能力が向上することがメリットです。

しかし、Flow(フロー)では、他のブロックチェーンで必須とされている

シャーディングを利用していないです。

ケイデンスという言語が採用

通常Ethereum(イーサリアム)のブロックチェーンを利用する場合は、

Solidityという独自のプログラミング言語を使う必要がありますが、

しかし、Flow(フロー)の場合はより簡易で学習しやすい

ケイデンスという言語が採用されています。

また、仮想通貨やブロックチェーンの専門知識が無くても

ストレス無く開発できる豊富なSDKも用意されています。

そのため、新たにDappsの開発する開発者にとって優先順位の高い選択肢になり得ます。

Flow(フロー)の今後の見通しや将来性

Flow(フロー)の今後の見通しや将来性
  • 数多くの企業やサービスと提携している
  • すでにユーザーを多く抱えている
  • Coincheck(コインチェック)との連携
  • メルカリが採用
要チェック!!

数多くの企業やサービスと提携している

Flow(フロー)じゃは数多くの企業、サービス、大学機関と連携しています。

  • WARNER MUSIC GROUP
  • SAMSUNG
  • UBISOFT
  • Binance
  • OpenSea
  • AppWorks

今後も提携する企業やプロジェクトが増えることで需要が増えていくでしょう。

すでにユーザーを多く抱えている

Flow(フロー)はNFTゲームやアプリケーションを提供している

Dapper labsが開発しています。

例えば、DapperLabsが手掛けてきた

  • クリプトキティ
  • NBA Top Shot

などは、すでに人気のNFTゲームとしての人気を確立しております。

Dapper labsはNFTブランドメーカーと言うこともできます。

つまり、Dapper labsの抱えるユーザーを独自のFlow(フロー)に獲得は可能です。

多くのBaaSに必要なのは利用するユーザー数の確保ですが、

Flow(フロー)はその点においてすでにクリアしています。

Coincheck(コインチェック)との連携

Flow(フロー)は様々な企業やプロジェクトと連携していますが、

その中の一つにCoincheck(コインチェック)との連携もあります。

Coincheck(コインチェック)は国内の仮想通貨取引所ですが、

NFTやブロックチェーンゲームなどを積極的に取り入れているので、

この先Coincheck(コインチェック)とFlow(フロー)によって

国内のパイプが強くなっていく可能性があります。

メルカリが採用

メルカリとパ・リーグ6球団がNFT事業に参入して、

パ・リーグ6球団の名場面やメモリアルシーンをコレクションできる

「パ・リーグ Exciting Moments β」を年内に開始するようです。

そのメルカリはFlowのブロックチェーンを使うことがわかっています。

当初は販売のみだが、今後、ブロックチェーンを活用したサービスや、

コレクションの再販機能の提供も検討していく。

ブロックチェーンは、

ダッパーラボ(Dapper Labs)が開発する「Flow」を採用予定。

https://news.yahoo.co.jp/articles/382250bfde59299e77f1c852d4a2900fa2304244

Flow(フロー)はNFT色の強いブロックチェーンなので、この先も需要がありそうですね。

Flow(フロー)の購入方法や買い方

Flow(フロー)のまとめ

Flow(フロー)の評価ですが、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

Flow(フロー)はNFTの更なる発展によって大きく成長する可能性があります。

また、すでにFlow(フロー)はコアなユーザーを抱えているため

非常に期待ができる銘柄の一つになります。

 

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

BaaS銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました