仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のHedera(ヘデラ)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

Hedera(ヘデラ) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性BaaS銘柄

Hedera(ヘデラ)とは

Hedera(ヘデラ)とは、

Hedera Hashgraph(へデラ・ハッシュグラフ)のネットワークを用いた

エネルギー効率の高い仮想通貨になります。

Hedera(ヘデラ)は他の仮想通貨とは異なり、

ブロックチェーンを使用することなく、高速でかつ安全に

スマートコントラクトを実現することが可能です。

また、Hedera Hashgraph(へデラ・ハッシュグラフ)は、

分散型台帳技術(DLT)を開発するプロジェクトです。

Hedera Hashgraph(へデラ・ハッシュグラフ)の技術は、

様々な分野で利用拡大がされております。

通貨名Hedera
ティッカーシンボルHBAR
価格価格はこちら

Hedera(ヘデラ)の特徴

Hedera(ヘデラ)の特徴
  • Hashgraphのコンセンサスアルゴリズム
  • コロナ対策として活用される
  • 環境に優しい
要チェック!!

Hashgraphのコンセンサスを利用

Hedera(ヘデラ)はHashgraphと呼ばれる

コンセンサスを独自の分散元帳技術を使用しています。

Hedera(ヘデラ) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性

このHashgraphを用いることで、

これまでのブロックチェーン技術とは比べ物にならないほど、

高速でかつ安全に低料金で処理を行うことが実現可能になりました。

  • 1秒あたりの処理件数:10,000件以上
  • 送金コスト:0.0001ドル
  • 取引確認にかかる時間:3~5秒
  • トランザクションあたりのエネルギー消費:0.00017KWH

他のBitCoin(ビットコイン)やEthereum(イーサリアム)と比べても

Hedera(ヘデラ)の処理能力が高いことが一目瞭然です。

Hedera(ヘデラ) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性

コロナ対策として活用される

Hedera(ヘデラ)はコロナ対策として活用されています。

例えば、ブロックチェーン企業のAcoerが開発した

コロナウイルスの感染状況やトレンドに関する情報を提供するツールでは、

Hedera(ヘデラ)の技術が利用されていますし、

2021年初めにイギリスでコロナウイルスワクチンの管理で、

Hedera(ヘデラ)の技術が活用されました。

Hedera(ヘデラ)の技術を用いることで、ワクチンの保管と供給に関する情報を

低コストかつ効率的に記録することが可能になりました。

このように実社会にHedera(ヘデラ)は活用されているのです。

環境に優しい

Hedera(ヘデラ)のHedera Token Service は、

再生可能エネルギー クレジット (REC) 市場および、

プラットフォームのコスト削減と効率の向上を可能にし、

企業が持続可能性の目標を達成する目標を掲げています。

実際に他の銘柄と比べるとHedera(ヘデラ)が環境に優しいことがわかります。

それぞれの技術で1取引処理が環境に与える影響を自動車のCO2排出量に換算すると、

Hedera(ヘデラ) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性

BitCoin(ビットコイン)は2,500km走行した際のCO2排出量になります。

Ethereum(イーサリアム)は300km、VISAカードでの決済は4m、

Hedera(ヘデラ)は走行距離50cmの排出量にも満たないという結果が出ています。

Hedera(ヘデラ)の今後の見通しや将来性

Hedera(ヘデラ)の今後の見通しや将来性
  • 世界的な有名企業が参加している
  • 新韓銀行の国際送金プロジェクト開発に利用
  • アメリカのデジタル通貨として採用される可能性
  • メタバースへ市場への参入
要チェック!!

世界的な有名企業が参加している

Hedera(ヘデラ)の運営は世界的な有名企業が参加しています。

Hedera(ヘデラ)ではヘデラ運営協議会と呼ばれる団体が運営しており、

評議会には以下のような企業が参加しています。

Hedera(ヘデラ) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性

  • Google(世界最大の検索エンジン)
  • IBM(米国のIT大手企業)
  • 野村ホールディングス(日本の大手証券会社)
  • AVERY DENNISON(世界的な科学材料メーカー)
  • DBS(東南アジア最大の総合金融機関)
  • BOEING(世界最大の航空宇宙機器開発製造会社)

この評議会は何をしているのかというと、

Hedera Hashgraph(へデラ・ハッシュグラフ)のノードとなり、

取引の正当性を承認しています。

つまり、Hedera Hashgraphは、

ノードという取引の検証者が大企業であるということになります。

これによって、マイニングなどの膨大な電気を使う必要がなく、

セキュリティを保つことができるため送金速度と信頼性の両方を担保できます。

新韓銀行の国際送金プロジェクト開発に利用

新韓銀行はHedera(ヘデラ)のネットワークを用いて、

国際送金プロジェクトの開発が完了したと発表しています。

このシステムは国際送金にかかるプロセスを効率的かつ費用効果の高いものにして、

緊急にお金を必要としている多くの人に

お金を提供する機会を与えることを目的として開発されました。

アメリカのデジタル通貨として採用される可能性

Hedera(ヘデラ)は2021年10月8日に、

EMTECH社とのパートナーシップを締結しています。

そのプロジェクトを進めるEMTECH社と

Hedera Hashgraph(へデラ・ハッシュグラフ)は、

マイクロソフトやIBMと一緒に公式パートナーとなっており

デジタルキャッシュの実現化に向けてプロジェクトを進めています。

メタバースへ市場への参入

ウェブベースのゲームエンジン開発企業であるMetaVRseが、

HBAR財団と提携したことを発表しています。

MetaVRse、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)要素を

XR(クロス・リアリティ)と呼ばれる形式で、

組み合わせた没入型エクスペリエンスを提供するプラットフォームになります。

Hedera(ヘデラ)の購入方法や買い方

Hedera(ヘデラ)のまとめ

Hedera(ヘデラ)の評価ですが、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

競争が激しいBaaS銘柄の中でも注目度の高い銘柄の一つです。

持っておいて良い銘柄の一つだと思います。

ただし、Hedera Hashgraphは誰にでも参加できるという分散性を犠牲にすることで、

処理能力を向上させたので本来ブロックチェーンという分散型の仕組みから、

中央集権的にはなってしまうのはウィークポイントとなっています。

一長一短ではあるものの個人的には評価が高いです。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

BaaS銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました