仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のEthereum Classic(イーサリアムクラシック)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性BaaS銘柄

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)とは

Ethereum(イーサリアム)と似た名前の銘柄に

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)と呼ばれるものがあります。

なぜ名前が似ているものが2つもあるのか?違いは何か?

など投資しようと思った人は疑問に思うはずです。

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)は

Ethereum(イーサリアム)のハードフォークによって誕生した仮想通貨です。

これは、Ethereum(イーサリアム)の歴史を学ぶ必要があります。

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)は、

2016年にEthereum(イーサリアム)上のサービスで起こった

ハッキング事件であるThe DAOキッカケに誕生しました。

通貨名Ethereum Classic
ティッカーシンボルETC
価格価格はこちら

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)の歴史

The DAOとは、

Ethereum(イーサリアム)のプラットフォーム上のプロジェクトである分散投資組織です。

The DAOは元々ベンチャーキャピタルを支援するプロジェクトとして立ち上がり、

ベンチャー投資に関わる煩雑な手続きを

スマートコントラクトを用いて解決するために活動していました。

しかしThe DAOのセキュリティのバグを付き、

約360万ETH(当時で50億円相当)の仮想通貨が不正に流出しました。

このハッキングの対応策としてロールバックと言われる

ハッキングの被害をなかったことにする意見と

ハッキングの事件を受け入れるcode is lawという意見の

2つにコミュニティが分かれました。

実際にはロールバックが行われ、この時のハッキングはなかったことにされました。

しかし、合意ができずEthereum(イーサリアム)から分裂したのが、

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)です。

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)の特徴

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)の特徴
  • スマートコントラクトの機能を搭載している
  • IoT分野での開発にも力を入れている
  • 発行上限が設定されている
要チェック!!

スマートコントラクトの機能を搭載している

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)はEthereum(イーサリアム)同様に

スマートコントラクトの機能を有しています。

IoT分野での開発にも力を入れている

Ethereum(イーサリアム)との違いはIoT分野での開発にも力を入れている点です。

IoTとはモノのインターネットのことで、

身の回りのモノがインターネットに接続される仕組みです。

家電、自動車、工業機器などのあらゆるモノが

インターネットに接続することでより便利になっていきます。

そのIoTにブロックチェーンの技術や

スマートコントラクトの仕組みを活用することを目的で作られたのが、

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)になります。

発行上限が設定されている

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)は発行上限が設定されています。

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック):約2億1,000万枚〜約2億3,000万枚Ethereum(イーサリアム):発行上限なし

発行上限枚数がある仮想通貨は供給量が決められているため、

価格が上昇しやすいと言われています。

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)の今後の見通しや将来性

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)の
今後の見通しや将来性
  • IoTの分野で地位を確立できるかどうか
  • サイドチェーンの実装
要チェック!!

IoTの分野で地位を確立できるかどうか

IoTをブロックチェーンネットワークの活用は日々研究されている分野です。

それだけ、非常に市場規模があるということです。

そのためEthereum Classic(イーサリアムクラシック)が、

IoTで地位を確立することができれば、価格が高騰する可能性があります。

しかし、非常に需要の大きな分野ですが、

ただIoTでのブロックチェーン技術の活用は、

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)の以外の銘柄も

どんどん開発されているので難しいでしょう。

サイドチェーンの実装

サイドチェーンとは、メインチェーンとは別にブロックチェーンを利用する技術です。

サイドチェーンを利用することで様々な機能を実現しようとする技術です。

サイドチェーンが実装されれば、

これまで以上にEthereum Classic(イーサリアムクラシック)の

スマートコントラクトをスムーズに使用することができます。

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)の購入方法や買い方

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)の購入方法や買い方について説明します。

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)のまとめ

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)の評価は、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)を買うぐらいであれば、

Ethereum(イーサリアム)を購入したほうが良いと考えます。

 

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

BaaS銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました