仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のレンディングサービスのNexoとは?やり方や始め方などわかりやすく説明してみた

Nexo レンディングレンディングで稼ぐ

Nexo

Nexo レンディング

 

Nexoとは、仮想通貨レンディングサービスです。

Nexoは2007年に創業しているヨーロッパの企業です。

ブルガリアの金融機関によって運営されている

Credissimoが作った世界最大規模の仮想通貨融資企業です。

Credissimo自体は2007年に創業しており、

長年のオンラインレンディングに関するノウハウがあり、

レンディングの自動化など高度なシステムを保有しています。

Nexoは2018年4月にサービスを開始して以来、150万人のユーザーに利用されています。

Nexoのレンディングのメリット

Nexoのレンディングのメリット
  • 金利が高い
  • 出金手数料が無料
  • 信頼性が高い
  • 様々な銘柄を貸し付けられる
要チェック!!

金利が高い

Nexoは最大12%程度の利回りを得ることができます。

数量が多くなっても利回りが低下しないのがBlockFi(ブロックファイ)などとの違いです。

しかし、ベースとなる金利は4%です。

これに様々な条件で金利がプラスされていく形となります。

  • ベース金利:4%(ステーブルコインは8%)
  • 定期預金:+1%
  • NEXOトークンでの利息受取:+2%
  • ロイヤリティレベルアップ:+0.25%〜1%アップ

これらを合計すると、仮想通貨で最大8%となり、

ステーブルコインだと最大12%まで金利が上昇するという仕組みになっています。

出金手数料が無料

Nexoのレンディングで得た利益の出金ですが、

月1回まで無料です。

Nexoトークンの保有率に応じて無料回数が最大5回になります。

信頼性が高い

Nexoでレンディングして預けた資産は、

BitGoなどの保険つきのカストディアン(保管業者)と提携しています。

Nexoに預け入れた資産の95%以上は、

BitGoのマルチシグ(複数の秘密鍵で管理)コールドウォレットで保管されます。

また、NexoはCredissimoと同じく世界四大監査法人の

デロイトによって監査されており、EUライセンスでのもと金融業を営んでいます。

ですので、Nexoの信頼度はトップクラスです。

様々な銘柄を貸し付けられる

Nexoのレンディングは様々な銘柄を貸し付けられます。

Nexo レンディング

仮想通貨の他にもなんと、

アメリカドル、ユーロ、イギリスのポンドといった法定通貨も預け入れることが可能で、

同様に最大12%の金利を受け取れます。

Nexoのレンディングのデメリット

Nexoのレンディングのデメリット
  • 倒産のリスクが0ではない
  • 業務停止命令を受けている
要チェック!!

倒産のリスクが0ではない

Nexoが倒産した場合、レンディングお金が保障されるわけではないです。

Nexoは大きな企業ですが100%倒産しないということはないので注意が必要です。

業務停止命令を受けている

Nexoはアメリカのニューヨーク州で業務停止命令を受けています。

米メディアCoinDeskによると、命令対象となったのはNexoとCelsiusだという。

仮想通貨のレンディングに関しては、米国内で取り締まり強化の流れが加速しています。

ただし、Nexoはヨーロッパの企業なので問題は無いと思いますが、

ヨーロッパ内でのレンディングが規制が入ると倒産などのリスクも懸念されます。

Nexoのレンディングの始め方

Nexoのレンディングの設定

Nexoのレンディングの設定
  • 定期預金
  • NEXOトークン
  • ロイヤリティレベルアップ
要チェック!!

定期預金

定期預金の作成ですが、

こちらは「固定条件」というところから作成することで、定期預金化できます。

期間は1カ月でボーナス+1%です。

また、自動更新するかどうかも選べます。作成したあとでも、自動更新は停止できます。

NEXOトークン

NEXOトークンでの利息支払いは、+2%のボーナスです。

nexoの認証には3段階ありそれに伴い変わります。

ロイヤリティレベルアップ

ロイヤリティレベルアップはNexoトークンを保有することでアップするレベルになります。

Nexo レンディング

ランク条件金利
シルバー総資産の1%以上をNexoトークンを保有+0.25%
ゴールド総資産の5%以上をNexoトークンを保有+0.5%
プラチナ総資産の10%以上をNexoトークンを保有+0.1%

また、月間の仮想通貨引き出し無料回数が増加しますし、

NEXOトークン自体も7%の金利が付きます(最大で12%)。

Nexoのレンディング税金

Nexoのレンディング税金ですが、レンディングによる収入は、

個人では収入を受け取ったタイミングで

その時価相当部分を利益として申告・納税する必要があると考えられています。

その際、仮想通貨の売買と同じく、雑所得の総合課税の対象になります。

仮想通貨の税金対策とは?確定申告や税金の計算ツールなどわかりやすく説明してみた
近年多くの投資家が仮想通貨を取引する方が急増しています。 仮想通貨の投資で利益を出した場合、避けて通れないのが確定申告です。 今まで株式やFXで投資をしていた方なら問題ないですが、投資が仮想通貨が初めての人は心配だと思います。 今回は、仮想通貨の税金対策とは?確定申告や税金の計算ツールなどわかりやすく説明してみました。

まとめ

今回は、Nexoのレンディングサービスについて紹介しました。

レンディングはガチホなどの長期投資をしている投資家の方であれば、

インカムゲインとキャピタルゲインの両方を得られますので、

ぜひ、Nexoでレンディングを始めていきましょう。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

レンディングで稼ぐ
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました