仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のBAT(ベーシックアテンショントークン)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

BAT(ベーシックアテンショントークン) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性Dapps銘柄

BAT(ベーシックアテンショントークン)とは

Basic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)は、

WebブラウザのBraveで利用される仮想通貨のトークンです。

世界的にウェブブラウザであるFirefoxの元CTOが立ち上げました。

BAT(ベーシックアテンショントークン)は、

検索エンジンなどを利用したことがない人はほとんどいないと思いますが、

検索エンジンを利用していると画面に多くの広告が表示されます。

この広告表示を毛嫌いする人が多いです。そうした人たち向けに最近では、

アドブロックなどの広告が表示されないアプリなどを増えています。

また、検索エンジンでwebサイトの裏側ではJavaScriptで多くの処理が行われています。

これによってPCやスマホのデータ量と時間を費やしてしまいます。

こうした問題を解決するのが、BAT(ベーシックアテンショントークン)になります。

通貨名Basic Attention Token
ティッカーシンボルBAT
価格価格はこちら

BAT(ベーシックアテンショントークン)の特徴

BAT(ベーシックアテンショントークン)の特徴
  • Braveを通じてBATが貰える
  • IPFS(InterPlanetary File System)を搭載
要チェック!!

Braveを通じてBATが貰える

通常のブラウザはwebサイトを運営している側が、

アフィリエイトの広告などでクリックされるごとに報酬が貰えますが、

Braveでは、ブラウザを利用しているユーザー側にもインセンティブが与えられます。

BAT(ベーシックアテンショントークン) Brave(ブレイブ)

広告を見たユーザーはBATトークンが付与されます。

そして現在biFlyerとBraveが共同でウォレットを開発しており

Braveのブラウザ上でBATの受け取りや利用が可能です。

Brave(ブレイブ) biflyer(ビットフライヤー)

このウォレットにより、ユーザーはBrave上の広告を閲覧することで、

BATを受け取り、BATをbitFlyer(ビットフライヤー)で売却できます。

また、bitFlyer(ビットフライヤー)で購入したBATをブラウザ上で利用することも可能です。

他にも投げ銭をしたり、BATをbitFlyerで売却して日本円に換金することも可能です。

IPFS(InterPlanetary File System)を搭載

Brave(ブレイブ) IPFS(InterPlanetary File System)

BraveはIPFS(InterPlanetary File System)のネイティブサポートを統合しています。

IPFS(InterPlanetary File System)とは、

Protocol Labsにより開発が進めれられている

P2Pネットワーク上で動作するハイパーメディアプロトコルとその実装です。

よく各国では国民に情報を知られたくないと閉鎖的に情報を遮断する国があります。

しかし、IPFSを利用することでインターネット接続できれば、

誰でも重要な情報にアクセスできるようになります。

また、ブラウジングする際にキャッシュが残ります。

このキャッシュはデータをすぐに読み込むことができる機能です。

そのため、自分と同じようにサイトを読む人たちにデータをシェアすることで、

より早くアクセスさせることが可能になります。

Brave(ブレイブ)ブラウザについて

BAT(ベーシックアテンショントークン) Brave(ブレイブ)

Brave(ブレイブ)ブラウザについて
  • Brave Shields(ブレイブ・シールド)
  • Brave Rewards(ブレイブ・リワーズ)
  • 投げ銭機能
  • Brave Ads(ブレイブ・アド)
  • セキュリティもバッチリ
要チェック!!

Brave Shields(ブレイブ・シールド)

Brave Shields(ブレイブ・シールド)は、

Braveのブラウザは標準機能として搭載されている機能で、

不要な広告を非表示にする仕組みを搭載しています。

Brave Rewards(ブレイブ・リワーズ)

従来のブラウザでは広告が表示されて、

それを見ている閲覧者には何もメリットがありませんでした。

しかし、Braveでは広告の閲覧という行為に対してインセンティブが与えられます。

投げ銭機能

Braveで広告を閲覧して集めたBATポイントは、

WEBサイトやSNSで投げ銭機能として活用できます。

良いコンテンツを作成している人に投げ銭して応援するなどの仕組みが作られています。

Brave Ads(ブレイブ・アド)

Brave Ads(ブレイブ・アド)はBrave上に広告主が、

Braveを利用しているユーザーに広告を表示させる機能です。

ちなみにユーザーは広告を非表示にするか、

それともBATポイントを稼ぎたいので広告を表示させるなど

自由に切り替えられるので非常にユーザーベースで考えられています。

高速表示

BraveはGoogle ChromeやSafariよりも高速でサクサクサイトを表示できるブラウザです。

なぜサクサク表示させられるのかというと、広告をブロックしているので

広告を表示させるための処理や読み込み時間を削減できるので、

高速で表示させることができます。

セキュリティ対策も万全

Braveはマルウェアなどのウィルスなどをブロックする機能も搭載されています。

また、プライバシー保護機能もあり、

閲覧履歴を残さないプライベートブラウジングも可能です。

BAT(ベーシックアテンショントークン)の今後の見通しや将来性

BAT(ベーシックアテンショントークン)の
今後の見通しや将来性
  • Wikipediaが認定パブリッシャー
  • 他のサービスとの連携
  • 利用者の急増による広告収益の増加
  • Brave Wallet
要チェック!!

Wikipediaが認定パブリッシャー

Wikipediaは知らない人がいないと思いますが、

2001年に設立されて世界中のボランティアによって編集と精査が行われています。

Wikipediaは300言語で提供されており、記事数はなんと5,000万以上で、

毎月の閲覧数は150億万回を超えています。

Wikipediaは今までWikipedia財団の慈善事業によって運営されており、

財源は寄付だけでした。

しかし、Braveの認定パブリッシャーになっているので、

BATによる寄付を受け取ることが可能になります。

ですので、Wikipediaは寄付に頼ること無く、

自力で運営できるような可能性が出てきています。

他のサービスとの連携

Brave(ブレイブ)はYoutubeやTwitterの機能拡張機能に気に入ったコンテンツに

BATを付与することが可能です。

最近ですと、eスポーツチームや人気K-POPアイドルグループの防弾少年団(BTS)と

提供を発表したことによってAppStoreの無料ランキングでは2位となり、

Google Playストアでは7位という好成績を打ち出しました。

このように他のサービスと連携することによって

BATの成長性をより表すものとなっています。

利用者の急増による広告収益の増加

2021年2月2日に過去1年間で月間アクティブユーザー数が、

1,160万人から2,540万人へと倍増したことを明らかにしています。

1日あたりのアクティブユーザー数は380万人から860万人に増加したと報告されています。

さらにこれだけ利用者が増えていると広告の収益も上がっています。

Brave広告の収益が過去16ヶ月間で28倍に増加したことも報告されています。

広告クリックの平均の約2%ですが、

Braveブラウザで広告表示を許可しているユーザーは、

定期的に表示される広告をクリックすることによってBATを獲得することができるため、

Brave広告の平均クリック率は2%大きく上回る9%だとされています。

Brave Wallet

Brave(ブレイブ)は2021年11月16日に、

ブラウザ組み込み型の仮想通貨ウォレットであるBrave Walletをリリースしました。

Brave Walletはブラウザに直接組み込まれたウォレットになっており、

Braveブラウザの最新版v1.32.106をインストールすることによって、

利用することができるようになっています。

通常Webウォレットとしてブラウザで利用するウォレットは、

MetaMask(メタマスク)のようにブラウザ拡張機能として提供されていましたが、

Brave Walletはブラウザに直接組み込まれているので、

拡張機能を追加する必要がなく偽アプリや盗難などの

リスクを下げることができます。

他にもBrave WalletによってBATの行き来ができるようになると、

幅広い利用用途が繋がっていきます。

BAT(ベーシックアテンショントークン)の購入方法や買い方

BAT(ベーシックアテンショントークン)のまとめ

BAT(ベーシックアテンショントークン)の評価ですが、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

Brave(ブレイブ)は次世代のwebブラウザになる可能性がある!!

Brave(ブレイブ)ブラウザは以下のリンクからダウンロードできるので、

ぜひ自分で使ってみてください。

日本語対応済みですし、仮想通貨に興味がある人は使ってみることをおすすめします!!

【評判・口コミ】仮想通貨が稼げるブラウザBrave(ブレイブ)とは?使い方や換金方法などわかりやすく説明してみた
Brave(ブレイブ)とはWebブラウザになります。 Brave(ブレイブ)はBrave Rewardsを有効にすることで、 プライバシーを重視した広告が表示されるようになります。 この広告を閲覧することで、報酬としてユーザーにBATトークンが付与されます。 今回は、仮想通貨が稼げるブラウザBrave(ブレイブ)とは?使い方や換金方法などわかりやすく説明してみました。
この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

Dapps銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました