仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

Dapps(分散型アプリケーション)とは?メリットとデメリットや特徴についてわかりやすく説明してみた

Ethereum(イーサリアム) Dapps(分散型アプリケーション)ブロックチェーン技術

Dapps(分散型アプリケーション)とは

ブロックチェーン DApps(分散型アプリケーション)

Dappsとは、Decentralized Applicationsの略称です。

ブロックチェーン上でスマートコントラクトを利用することで

実現できるアプリケーションになります。

中央管理者が存在せず、不特定多数の者が自律的に行動し全体のシステムが機能します。

中央集権型アプリケーションと分散型アプリケーション(Dapps)の違い

Ethereum(イーサリアム) Dapps(分散型アプリケーション)

Dapps(分散型アプリケーション)は、

中央集権者がいないアプリケーションシステムなので、

アプリケーションのデータや仕様変更は利用者全員が意思決定に参加することが可能です。

中央集権型アプリケーション
  • 稼働できない時間がある
  • 開発者が管理
  • 検閲は中央管理者がする
分散型アプリケーション(Dapps)
  • 常に稼働し分散管理している
  • 誰でも検査可能
  • 検閲はユーザーの合意でする

Dapps(分散型アプリケーション)はオープンソースである

Dapps(分散型アプリケーション)はオープンソースなので、

管理者がいなくても当事者間で新しく開発することが可能です。

中央集権型アプリケーションなどのTwitterやYouTubeなどのソースコードは、

勝手に私たちがコードを書き加えて機能を追加することができないです。

しかし、Dapps(分散型アプリケーション)はオープンソースネットワークなので、

コンセンサスを得ることでより良いものを作ることができます。

ユーザー間のコンセンサスによって意思決定がされる

Dapps(分散型アプリケーション)は中央管理者が方針や機能を決めるのではなく、

すべてのユーザーのコンセンサスによって決定します。

今までの中央集権型アプリケーションの仕様や機能は企業などが決めていいました。

しかし、ブロックチェーンをベースに仕様変更などを当事者間で決めて

自動的に動かすことができるのがDapps(分散型アプリケーション)です。

収益が管理者に独占されず適切に分配される

Dapps(分散型アプリケーション)で発生した収益は、

ある管理者の既得権益になることなく、

そのネットワークの価値に貢献した人に分配されます。

Dapps(分散型アプリケーション)には、

サービスやアプリで流通する独自のトークンがあります。

その価値の向上こそがネットワークに参加する全員のインセンティブとなり、

利益になります。

Dapps(分散型アプリケーション)は、

一部の管理者が儲けるために開発しているわけではないです。

Dapps(分散型アプリケーション)のメリット

Dapps(分散型アプリケーション)のメリット
  • 中央管理者が不在である
  • データの改ざんリスク軽減
要チェック!!

中央管理者が不在である

Dapps(分散型アプリケーション)は、

ブロックチェーン上で展開されるアプリケーションであり、

特定の中央管理者が存在しないので、一部のノードが停止や故障をした場合でも

システム全体が稼働し続けることが可能であります。

データの改ざんリスク軽減

ブロックチェーンは時間が経つほど記録されている情報の強度は増していきます。

そのため情報が改ざんされるリスクを大きく軽減させることも可能となります。

また、ブロックチェーンの透明性の高さからデータをお互いに監視することも可能です。

Dapps(分散型アプリケーション)のデメリット

Dapps(分散型アプリケーション)のデメリット
  • トランザクションの遅滞
  • 利用手数料の上昇
要チェック!!

トランザクションの遅滞

Dapps(分散型アプリケーション)はブロックチェーンを利用しているので、

Dapps(分散型アプリケーション)のデータ量が増加によって

トランザクションが増加して遅延する

スケーラビリティ問題が発生する可能性が指摘されます。

利用手数料の上昇

トランザクションの増加によってDapps(分散型アプリケーション)の

利用手数料も上昇する可能性が高いです。

Dapps(分散型アプリケーション)の活用事例

Dapps(分散型アプリケーション)の活用事例
  • ゲーム
  • DEX(分散型取引所)
  • ステーブルコイン
  • VR/AR
  • 融資
  • 保険
  • IEO
要チェック!!

ゲーム

Dapps(分散型アプリケーション)の代表例として、ゲームがあります。

Dapps(分散型アプリケーション)が、

ベースのゲームをブロックチェーンゲームと言います。

すでにDapps(分散型アプリケーション)で、

多くのブロックチェーンゲームが誕生しています。

中にはブロックチェーンゲームで生活費を稼いでいる人たちも世界にはいます。

DEX(分散型取引所)

DEX(分散型取引所)は中央管理者がいない取引所のことを言います。

日本で馴染みのあるCoincheck(コインチェック)や

bifFlyer(ビットフライヤー)などは中央管理された取引所になります。

DEX(分散型取引所)はスマートコントラクトという技術を活用して、

自動で処理が行われるため散型取引所では通常の取引とは異なり、

ウォレット同士で取引が可能です。そのためハッキングされるリスクが著しく下がります。

通常の取引所に比べてセキュリティの高さに特徴があります。

DEX(分散型取引所)とはメリットやデメリットについてわかりやすく説明してみた
DEXとはDecentralized EXchangeの略です。 日本語で言うと分散型取引所という意味になります。 DEX(分散型取引所)はブロックチェーンを活用した特定の管理者がいない仮想通貨取引所になります。 今回は、これを読めば誰でもわかる!!DEX(分散型取引所)とはメリットやデメリットについてわかりやすく説明してみました。

ステーブルコイン

ステーブルコインとは法定通貨と価値がペッグされている仮想通貨のことです。

ステーブルコインで有名なのがMakerDaoがDaiというステーブルコインを提供しています。

ステーブルコインは、法定通貨とボラティリティがない形で

支払いができることになるので利用用途の拡大が予想されます。

ステーブルコインとは?仕組みやメリットとデメリットについてわかりやすく説明してみた
ステーブルコインとは、その価格が米ドルなどの法定通貨やゴールド(金)などの貴金属など様々な資産にペッグされた仮想通貨です。 今回は、ステーブルコインとは?仕組みやメリットとデメリットについてわかりやすく説明してみました。

VR/AR

現代は現実と仮想が混ざり合う時代になっています。

そうしたVR/ARなどもDapps(分散型アプリケーション)と組み合わせが良いです。

中央管理者のいない独自の世界が作られていく可能性がありますね。

最近ではメタバースと呼ばれるインターネット上に広がる仮想世界のことです。

Facebook(フェイスブック)が5000万ドル(55億円)を投資したことでも有名です。

メタバース(MetaVerse)の概念や定義とは?ブロックチェーンやNFTの応用などわかりやすく説明してみた
メタバースとは仮想空間上にある現実世界のミラーワールド(鏡像世界)のことです。 メタバースはVRやARなどを活用したインターネットの集合です。 このメタバースはブロックチェーンや仮想通貨の技術と活用することでSFの世界の言葉ではなくなりました。 今回は、メタバース(MetaVerse)の概念や定義とは?ブロックチェーンやNFTの応用などわかりやすく説明してみました。

融資

融資などはDapps(分散型アプリケーション)との相性が良い分野です。

スマートコントラクトを活用して融資をすることができるので、

取引コストなどをかけることなく処理することができます。

保険

保険もDapps(分散型アプリケーション)と相性が良い分野です。

誰でもスマートコントラクトを通じて保険を作り、

透明性の高い運用を行うことができます。

IEO

スマートコントラクトの仕組みを活用して予め決められた条件で

プロジェクトのトークンへの投資を募ることができる仕組みになります。

現在は法律や規制等の問題などが不十分さはありますが、

ルールが整えば新しい投資手法として今後も検討されていくと思います。

IEO(Initial Exchange Offering)とは?メリットとデメリットやICO・STO・IPOの違いや特徴についてわかりやすく説明してみた
IEOとは、新しくトークンを発行して仮想通貨取引所に上昇させて先行販売を行い資金調達を行う方法です。 今まではICOが一般的な資金調達方法として知られてきましたが、問題や金銭トラブルが相次ぎIEOが新たに注目されています。 今回は、IEO(Initial Exchange Offering)とは?メリットとデメリットやICO・STO・IPOの違いや特徴についてわかりやすく説明してみました。

まとめ

Dapps(分散型アプリケーション)についてわかりやすく説明していきました。

Dapps(分散型アプリケーション)での様々なゲームやサービスが開発されており、

この先注目を集めると予想されています。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

ブロックチェーン技術
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました