仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

Ethereum(イーサリアム)とは?特徴や仕組みについてわかりやすく説明してみた

仮想通貨 Ethereum(イーサリアム) わかりやすくブロックチェーン技術

Ethereum(イーサリアム)とは

仮想通貨 Ethereum(イーサリアム)

Ethereum(イーサリアム)とは、

BitCoin(ビットコイン)に次ぐ時価総額を占めている仮想通貨になります。

Ethereum(イーサリアム)を作った人物は、

当時19歳だったカナダ人のヴィタリック・ブテリン氏によって

考案された仮想通貨になります。

Ethereum(イーサリアム) ヴィタリック・ブテリン

ヴィタリック・ブテリン氏は、

BitCoin(ビットコイン)が電卓なら、

Ethereum(イーサリアム)はスマホだと言っています。

今回はこのEthereum(イーサリアム)についてわかりやすく説明していきます。

Ethereum(イーサリアム)の特徴

Ethereum(イーサリアム)の特徴
  • スマートコントラクトを用いている
  • Dapps(分散型アプリケーション)を開発できる
  • トークンを発行できる
要チェック!!

スマートコントラクトを用いている

Ethereum(イーサリアム) スマートコントラクト

Ethereum(イーサリアム)のスマートコントラクトとは、

ブロックチェーン上で契約を自動執行することができる仕組みのことです。

ブロックチェーン上に記述することで、

  • 契約の透明性が保たれる
  • 第三者を仲介させない

ということでコストが削減することができるメリットがあります。

身近な例で言うと自動販売機にお金を入れることで、商品が取り出せるようになりますが、

それはお金を入れるという条件を満たすことで、

自動的に商品が出てくるという契約が実行されています。

スマートコントラクトとは?メリットやデメリットについてわかりやすく説明してみた
スマートコントラクトとは仲介者を必要とせず取引を自動実行して、 ブロックチェーンに履歴を記録できる仕組みです。スマートコントラクトは一部企業が導入を進めており注目度が高まっている技術です。 今回はスマートコントラクトとは?メリットやデメリットについてわかりやすく説明してみました。

Dapps(分散型アプリケーション)を開発できる

ブロックチェーン DApps(分散型アプリケーション)

Ethereum(イーサリアム)のアプリは当然ですが、

ETHがなければ動かすことができません。

つまり、ETHはアプリを動かす燃料であることから

デジタル・オイルと言われることもあります。

Ethereum(イーサリアム)の報酬はETHでしか支払うことができないので、

この先の使用用途が明確にある仮想通貨ということになります。

Dapps(分散型アプリケーション)とは?メリットとデメリットや特徴についてわかりやすく説明してみた
Dapps(分散型アプリケーション)とはブロックチェーン上でスマートコントラクトを利用することで実現できるアプリケーションになります。 中央管理者が存在せず、不特定多数の者が自律的に行動し全体のシステムが機能します。 今回は、Ethereum(イーサリアム)で動くアプリケーションシステムDapps(分散型アプリケーション)についてわかりやすく説明してみました。

トークンを発行できる

仮想通貨 IEO投資 稼ぐ方法

Ethereum(イーサリアム)は新しいトークンを発行することが可能です。

Ethereum(イーサリアム)にはERC20というある一定の規格を用いて発行されており、

この規格を用いることで誰でも簡単に新規通貨を発行することができます。

トークンとは、ブロックチェーン上で仮想通貨のことを言います。

新しい仮想通貨(トークン)をイーサリアムのプラットフォームで発行できます。

新しいトークンを発行できるイーサリアムの特徴は、

ICOやIEOと呼ばれる資金調達手段に利用され、

新規企業や投資家から注目されています。

IEO(Initial Exchange Offering)とは?メリットとデメリットやICO・STO・IPOの違いや特徴についてわかりやすく説明してみた
IEOとは、新しくトークンを発行して仮想通貨取引所に上昇させて先行販売を行い資金調達を行う方法です。 今まではICOが一般的な資金調達方法として知られてきましたが、問題や金銭トラブルが相次ぎIEOが新たに注目されています。 今回は、IEO(Initial Exchange Offering)とは?メリットとデメリットやICO・STO・IPOの違いや特徴についてわかりやすく説明してみました。

Ethereum(イーサリアム)の手数料であるガス代

Ethereum(イーサリアム)を利用する際に知っておきたいのがガス代です。

ガス代とは送金、スマートコントラクトの実行などを使用する際に

支払う手数料のことです。

ガス代を理解するうえで役立つ基本情報をいくつかお伝えします。

ネットワークやサーバーへの負担過多を避ける

ガス代をユーザーが支払うことで、

ネットワークやサーバーに大きな負担がかかるのを避けています。

Ethereum(イーサリアム)は過去に不正アクセス被害であるDos攻撃に遭った経験があり、

スパムや悪質なbotへの対策という意味でもガス代を導入しています。

これにより、あらかじめ設けられている上限に達すると

マイナーは作業を停止できるため、トラブルを未然に防げるようになっているわけです。

マイナーの作業効率を高める

ガス代を設定するということは、多くのトランザクションの承認に必要なデータの

計算処理を行うマイナーの作業効率を高めることに大きく貢献しています。

マイナーはユーザーが設定するガス代の一部を報酬として受け取ってます。

自分が行った作業が反映されるので、

ガス代が高く設定されているものを優先的に作業するのは当然です。

これによってトランスザクションが混雑しやすくなり、

ガス代高騰を引き起こす要因になっているとも言われています。

ガス代をそれほど高く設定せずに申請すると、

混み具合によっては承認されるまで時間がかかる可能性が高いと思ってください。

Ethereum(イーサリアム)のコンセンサスアルゴリズムはPoS(Proof of Stake)を採用している

Ethereum(イーサリアム) コンセンサスアルゴリズム PoS(Proof of Stake)

元々コンセンサスアルゴリズムはBitCoin(ビットコイン)と同じPoWでしたが、

Ethereum(イーサリアム)のアップデートにより、

コンセンサスアルゴリズムはPoS(Proof of Stake)を採用しています。

PoSとはProof of Stakeの略です。PoSはコンセンサスアルゴリズムの一種で、

保有量と保有年数で報酬が決まるマイニング形式になります。

PoS(Proof of Stake)とは?仕組みやPoWとの違いについてわかりやすく説明してみた
ブロックチェーンのネットワークにおいて、各ノードが共通の台帳を保持するためには、取引に関するコンセンサスが必要です。 PoSとは、Proof of Stakeの略で、BitCoin(ビットコイン)を始めとするPoW(Proof of Work)とは異なるコンセンサスアルゴリズムになります。 今回はPoS(Proof of Stake)とは?仕組みやPoWとの違いについてわかりやすく説明してみました。

Ethereum(イーサリアム)はBitCoin(ビットコイン)の違い

Ethereum(イーサリアム)はBitCoin(ビットコイン)の違いについて説明していきます。

BitCoin(ビットコイン)Ethereum(イーサリアム)
発行者ナカモトサトシ(正体不明)ヴィタリック・ブテリン
コンセプトP2P決済分散型アプリケーション
コンセンサスアルゴリズムPoWPoS
発行上限2,100万BTCなし

発行者がいるかどうかの違い

Ethereum(イーサリアム)を開発したのはヴィタリック・ブテリン氏です。

もちろん彼は実際に存在する人物です。

BitCoin(ビットコイン)はナカモトサトシという正体不明の人物が開発しました。

Ethereum(イーサリアム)は分散型と言われていますが、

実際はヴィタリック・ブテリン氏という中央集権型になっています。

BitCoin(ビットコイン)の方が非中央集権とした仮想通貨であるということです。

コンセプトによる違い

Ethereum(イーサリアム)は、

BitCoin(ビットコイン)とは異なる立ち位置になっていきます。

BitCoin(ビットコイン)は当初からP2P取引を目的にしていましたが、

Ethereum(イーサリアム)は分散型アプリケーションを目的にしています。

ですので以下のような

BitCoin(ビットコイン)Ethereum(イーサリアム)
価値の保存手段
コモディティ
キャピタルアセット

Ethereum(イーサリアム)は最終的には、

キャピタルアセット、コモディティ、価値の保存手段という

3つの資産クラスが組み合わさる初めての資産になる可能性があります。

コンセンサスアルゴリズムによる違い

BitCoin(ビットコイン)とEthereum(イーサリアム)で

コンセンサスアルゴリズム異なります。

BitCoin(ビットコイン)はPoW(プルーフオブワーク)を採用しています。

Ethereum(イーサリアム)はPoS(プルーフオブステーク)を採用しています。

BitCoin(ビットコイン):PoW(プルーフオブワーク)を採用
Ethereum(イーサリアム):PoS(プルーフオブステーク)を採用

PoW(プルーフオブワーク)とはProof of Workの略称で、

難しい計算を行い、最も早く答えを導き出すことができた人が承認者になります。

PoS(プルーフオブステーク)はProof of Stakeの略称で、

仮想通貨の保有量が多ければ多いほど承認者になる確率が高まります。

PoSでは仮想通貨のの保有量が重要な指標となります。

PoW(プルーフオブワーク)
  • BitoCoin(ビットコイン)など
  • 計算量ベース
PoS(プルーフオブステーク)
  • Ethereum(イーサリアム)など
  • 保有量ベース

発行上限があるかどうかの違い

Ethereum(イーサリアム)は発行上限がありません。

一時的にBarn(焼却)して供給量を減らすことができますが、

BitCoin(ビットコイン)は2,100万BTCと決められています。

この発行上限が決められていることで資産価値的には、

BitCoin(ビットコイン)が価値があると思っています。

Ethereum(イーサリアム)企業連合(EAA)とは

Ethereum(イーサリアム) 企業連合(EAA)

Ethereum(イーサリアム)企業連合は

Ethereum(イーサリアム)のスマートコントラクトを

ビジネスに活用することを目指しており2017年に設立されています。

Ethereum(イーサリアム)企業連合のビジョンというのは、

・製品ではなく、オープンソースの標準規格である
・企業の展開や開発要件に対処する
・パブリックなイーサリアムの進歩と並行して進化する
・既存のレギュレーションを活用する

Ethereum(イーサリアム)の開発と並行しながら

企業がEthereum(イーサリアム)を活用することに対して

サポートするようなイメージです。

Ethereum(イーサリアム)企業連合に加盟している企業は以下のとおりです。

トヨタ自動車
JPモルガン
マイクロソフト
MasterCard
三菱東京UFJ

誰もが知るような有名企業があります。

こうした観点からもEthereum(イーサリアム)の信頼性の担保に繋がっています。

Ethereum(イーサリアム)のスケーラビリティ問題の対策

Ethereum(イーサリアム)もBitCoin(ビットコイン)同様に

利用するユーザーが増えるとスケーラビリティ問題が発生します。

スケーラビリティ問題とは?BitCoin(ビットコイン)にどのような影響を与えるのかについてわかりやすく説明してみた
スケーラビリティ問題とは、BitCoin(ビットコイン)のブロックサイズの上限が理由となり、 送付の手数料が高騰したり、取引の処理遅延などが発生する問題です。 今回は、スケーラビリティ問題とは?BitCoin(ビットコイン)にどのような影響を与えるのかについてわかりやすく説明してみました。

スケーラビリティ問題を解決するために

レイヤー2(セカンドレイヤー)を活用した技術があります。

レイヤー2(セカンドレイヤー)はブロックチェーンネットワーク上に重ねて

様々な便利な利用方法を実現するための構造のことです。

レイヤー2(セカンドレイヤー)

レイヤー2(セカンドレイヤー)とは?メリットやデメリット代表的な技術についてわかりやすく説明してみた
仮想通貨の多くはブロックチェーン上で取引を実行します。 しかし、ブロックチェーンの処理能力が限界があるので大量の取引を処理することができません。 この課題を解決するために誕生したのがレイヤー2(セカンドレイヤー)です。 今回は、レイヤー2(セカンドレイヤー)とは?メリットやデメリット代表的な技術についてわかりやすく説明してみました。

スケーラビリティ問題の対策として提案された技術をご紹介します。

Ethereum(イーサリアム)のスケーラビリティ問題の対策
  • サイドチェーン
  • ライデンネットワーク
  • シャーディング
  • プラズマ
要チェック!!

サイドチェーン

仮想通貨 サイドチェーン

サイドチェーンとは、メインとなるブロックチェーンとは異なる

ブロックチェーンを活用してトランザクションを処理する技術です。

サイドチェーン技術は仮想通貨の問題点を解決する以外にも、

機能の拡張も目的に開発されています。

サイドチェーンとは?メリットとデメリットについてわかりやすく説明してみた
サイドチェーンとは、メインとなるブロックチェーンとは違うブロックチェーンを使いトランザクションを処理する技術です。 サイドチェーンによって機能を追加したり、処理速度を向上させたりすることが可能です。 今回は、ブロックチェーンを拡張する応用技術サイドチェーンとは?メリットとデメリットについてわかりやすく説明してみました。

ライデンネットワーク

Ethereum(イーサリアム) ライデンネットワーク

ライデンネットワークとは、

トランザクションの処理速度やマイクロペイメントを実現させるために

ブロックチェーン外のペイメントチャネル(オフチェーン)で、

トランザクションを処理する技術です。

ライデンネットワークとは?メリットやデメリットについてわかりやすく説明してみた
ライデンネットワークは、Ethereum(イーサリアム)のスケーラビリティ問題を解決するための技術です。 今回は、ライデンネットワークとは?メリットやデメリットについてわかりやすく説明してみました。

シャーディング

Ethereum(イーサリアム) シャーディング

シャーディングとはノード群ごとに役割を分担して検証作業を並列化させる仕組みです。

シャーディングとは?メリット・デメリットや仕組みについてわかりやすく説明してみた 
シャーディングとは、トランザクションの検証作業をバリデーターのグループごとに分け、並列してトランザクションを処理する技術です。 このシャーディングという技術はスケーラビリティ問題を解決や改善のために考えられた技術になります。 今回は、シャーディングとは?メリット・デメリットや仕組みについてわかりやすく説明してみました。

プラズマ

Ethereum(イーサリアム) Plasma(プラズマ)

プラズマとはEthereum(イーサリアム)のスケーラビリティ問題を解決するために

サイドチェーンでトランザクションを処理する技術のことです。

Plasma (プラズマ)とは?特徴や仕組みについてわかりやすく説明してみた
Plasma (プラズマ)はEthereum(イーサリアム)がスケーラビリティ問題を解決するためのサイドチェーン技術です。 今回は、Plasma (プラズマ)とは?特徴や仕組みについてわかりやすく説明してみました。

Ethereum(イーサリアム)のアップデートについて

Ethereum(イーサリアム)には4つの段階があり、

4つのアップデートを得て完成されることが決定されています。

Ethereum(イーサリアム)のアップデートは以下のようになります。

Frontier(フロンティア)
Homestead(ホームステッド)
Metropolis(メトリポリス)
Serenity(セレニティ)

Ethereum(イーサリアム)は定期的にアップデートを行い、

改良を進めています。

Ethereum(イーサリアム)のアップデートが完了すれば、

今よりも多くの技術者がEthereum(イーサリアム)を利用することが予想されています。

まとめ

今回はEthereum(イーサリアム)についてわかりやすく説明しました。

BitCoin(ビットコイン)とは異なりEthereum(イーサリアム)は、

ブロックチェーンを活用して社会の基盤や仕組みを変えていくような存在です。

この先実社会でもEthereum(イーサリアム)のブロックチェーンが、

どんどん普及されていく未来が予想されます。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

ブロックチェーン技術
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました