仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

スマートコントラクトとは?メリットやデメリットについてわかりやすく説明してみた

ブロックチェーン技術

スマートコントラクトとは

Ethereum(イーサリアム) スマートコントラクト

スマートコントラクトとは人間を介さずに取引や契約を自動で実行できる仕組みです。

スマートコントラクトはプログラムに基いて自動的に契約を実行できます。

予め契約内容を設定しておき、その条件を満たすと自動で契約が結ばれます。

このスマートコントラクトはブロックチェーンと組み合わせることで、

信頼性の高い1対1の取引を実現することが可能になります。

そもそも契約とはどんな処理を行っているのでしょうか?

①契約定義→②イベント発生→③契約執行→④決済

という4つで構成されております。

ブロックチェーン スマートコントラクト

スマートコントラクトではこの②〜④を自動で行うことができます。

ブロックチェーン スマートコントラクト

ブロックチェーンとスマートコントラクトというの別々の技術が掛け合わさることで、

自動的に契約が執行できる仕組みです。

実際に身近な場所でもスマートコントラクトが起きています。

例えば自販機などはスマートコントラクトです。

ブロックチェーン スマートコントラクト

自動販売機というのは、購入者が欲しい商品を選択し、代金を投入して、

設定されたルールが満たされると、自動販売機がその商品を払い出す

というプログラムが自動で実行されます。

一定のルールによって自動的に実行されるプログラムと考えれば、

自動販売機はスマートコントラクトであるということですね。

スマートコントラクトのメリット

スマートコントラクトのメリット
  • 仲介会社の信頼が必要ない
  • コストを削減可能
  • 契約の改ざんができない
要チェック!!

仲介会社の信頼が必要ない

従来の契約の多くは相手への信頼が必須でした。

元々1対1で取引する際はお互いが相手に何をされるか疑心暗鬼で取引しており、

そこに信頼できない場合に仲介者を置くことで信頼性の問題が解決されました。

しかし、スマートコントラクトによって仲介者がいなくても契約を結ぶことができます。

コストを削減可能

今までの契約では仲介者に対して仲介手数料という費用が

かかってしまうという問題がありました。

スマートコントラクトによって自動取引が可能になるので、

仲介者が必要もなくなり、仲介者がいなくなればコストも大幅に削減が可能になります。

契約の改ざんができない

一度結んだ契約はセキュリティが高い

ブロックチェーン上で書き込むので改ざんすることができないです。

さらに毛役の実行履歴が公開と記録されるので取引の透明性が高くなります。

スマートコントラクトによって非常に高い自動取引を実現可能です。

スマートコントラクトのデメリット

スマートコントラクトのデメリット
  • 契約の変更ができない
  • 言語が一般的ではない
要チェック!!

契約の変更ができない

スマートコントラクトによって契約が改ざんできないというのはメリットでもありますが、

デメリットでもあります。

契約を結んでから事情を変更する対応が非常困難だからです。

契約はプログラムで書き込むので、当然バグが生じる可能性があります。

もしそのバグが致命的であれば、ハッカーに攻撃されるリスクもあります。

言語が一般的ではない

スマートコントラクトはプログラミング言語で組まれていますが、

一般的なプログラミング言語では無い独自の言語を使っています。

一般的にスマートコントラクトが契約で使われるためには、

プログラミング言語を通常の契約書の内容を

ロジカルに置き換えることができるかが重要です。

中には曖昧な契約などもあるのでそうした曖昧な契約をどう処理するかが課題ですね。

スマートコントラクトの活用方法

スマートコントラクトの活用方法
  • Dapps(分散型アプリケーション)
  • NFT(ノンファンジブルトークン)
  • DAO(自律分散型組織)
  • IoT(Internet of Things)
要チェック!!

Dapps(分散型アプリケーション)

DApps(分散型アプリケーション)とは、

管理者が存在しなくても稼働できるアプリケーションです。

Dapps(分散型アプリケーション)にはスマートコントラクトが使われております。

Dapps(分散型アプリケーション)とは?メリットとデメリットや特徴についてわかりやすく説明してみた
Dapps(分散型アプリケーション)とはブロックチェーン上でスマートコントラクトを利用することで実現できるアプリケーションになります。 中央管理者が存在せず、不特定多数の者が自律的に行動し全体のシステムが機能します。 今回は、Ethereum(イーサリアム)で動くアプリケーションシステムDapps(分散型アプリケーション)についてわかりやすく説明してみました。

NFT(ノンファンジブルトークン)

NFTとは、ノンファンジブルトークンの略です。

日本語で代替不可能なトークンという意味になります。

NFTはEthereum(イーサリアム)をベースにした「ERC721」などの規格を用いています。

現在ブロックチェーンゲームと呼ばれるものにこのNFTの技術が活用されています。

例えば、ゲーム内のキャラクターやアイテムをNFT化することで

ユーザーは代替不可能な固有のキャラクターやアイテムを所有することができます。

NFT(Non Fungible Token)とは?特徴やメリットやデメリットについてわかりやすく説明してみた
最近、ブロックチェーン業界で非常に注目されているのが『NFT(Non Fungible Token)』です。 NFT(Non Fungible Token)は唯一無二の価値あるトークンであり、 これから先の時代ブロックチェーンを活用したクリエイターは追い風です。 今回は、NFT(Non Fungible Token)とは?特徴やメリットやデメリットについてわかりやすく説明してみました。

DAO(自律分散型組織)

DAOとはDecentralized Autonomous Organizationの略語であり、

日本語にすると自律分散型組織となります。

DAOは特定の管理者や主体を持たない分散型組織であり、

組織内の階層構造もなければ、構成員一人ひとりによって自律的に運営されています。

DAOには管理者がいないため、組織の意思決定や実行などは

構成員の合意により予め定められたルールに従って執行されます。

DAOはスマートコントラクトの応用によって機能します。

DAO(自律分散型組織)とは?ブロックチェーンから誕生した株式会社に変わる次世代組織形態についてわかりやすく説明してみた
ブロックチェーンのスマートコントラクトを活用することで、 DAO(自律分散型組織)という従来のトップダウンの企業の組織形態を変える新たな組織形態が誕生しようとしています。 今回は、DAO(自律分散型組織)とは?ブロックチェーンから誕生した株式会社に変わる次世代組織形態についてわかりやすく説明してみました。

IoT(Internet of Things)

IoT(Internet of Things)とは、モノのインターネットと呼ばれており、

全てのモノがインターネットに繋がって自動操作や自動制御ができるという考え方です。

IoTとスマートコントラクトを活用することで、

仲介者がいなくてもモノを自由に貸し借りできるシェアリングエコノミーが普及します。

まとめ

スマートコントラクトは仲介者を必要とせず取引を自動実行して、

ブロックチェーンに履歴を記録できる仕組みです。

特定のプログラミング源をでソースコードを書くことによって

任意の条件に従って自動的に実行するソフトウェアを作成できます。

この先どんどんスマートコントラクトを活用する企業が増えてくると思います。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

ブロックチェーン技術
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました