仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

Plasma (プラズマ)とは?特徴や仕組みについてわかりやすく説明してみた

Plasma (プラズマ)ブロックチェーン技術

Plasma (プラズマ) とは

Ethereum(イーサリアム) Plasma(プラズマ)

Plasma (プラズマ)とはEthereum(イーサリアム)の

スケーラビリティ問題を解決するために

サイドチェーンでトランザクションを処理する技術のことです。

サイドチェーンについては以下の記事を参照してください。

サイドチェーンとは?メリットとデメリットについてわかりやすく説明してみた
サイドチェーンとは、メインとなるブロックチェーンとは違うブロックチェーンを使いトランザクションを処理する技術です。 サイドチェーンによって機能を追加したり、処理速度を向上させたりすることが可能です。 今回は、ブロックチェーンを拡張する応用技術サイドチェーンとは?メリットとデメリットについてわかりやすく説明してみました。

BitCoin(ビットコイン)のスケーラビリティ問題を解決するための

オフチェーンプロトコルであるライトニングネットワークを提唱している

Joseph Poon氏が開発に関わっています。

Plasma (プラズマ)はEthereum(イーサリアム)のブロックチェーンに対して

プラズマブロックチェーンがツリー状態に連なって接続されています。

トランザクションは子プラズマブロックチェーンで処理されて、

その結果が上の階層の親プラズマブロックチェーンに伝達されることを繰り返すことで、

最終的にEthereum(イーサリアム)のブロックチェーン状態が記録されます。

Plasma (プラズマ)はEthereum(イーサリアム)の中で

特にスマートコントラクトを活用しながらスケーラビリティ問題を解決するために

考案された技術になります。

Plasma (プラズマ)は2点の重要な設計によって構成されています。

  • すべてのブロックチェーン演算をP2Pの並列処理フレームワークのマップリデュースへと組み替える。
  • ナカモトコンセンサスがブロックを保留することを防止する動機付けを理解し、Proof of Stakeトークンを既存のブロックチェーン上に繋ぐオプション機能

 

このPlasma (プラズマ)の構造は不正プルーフを使用しており、

メインブロックチェーン上にスマートコントラクトを構成することにより、

トランザクション状態を親ブロックチェーンへと強制することによって行われます。

Plasma (プラズマ)とライトニングネットワークの共通点

Plasma (プラズマ)とライトニングネットワークの共通点があります。

ライトニングネットワークについては以下の記事を参照してください。

ライトニングネットワークとは?仕組みや特徴についてわかりやすく説明してみた
BitCoin(ビットコイン)が抱える問題の1つにスケーラビリティ問題があります。 このスケーラビリティ問題を解決するために作られたのがライトニングネットワークという技術です。 今回は、ライトニングネットワークとは?仕組みや特徴についてわかりやすく説明してみました。

Plasma (プラズマ)とライトニングネットワークの共通点には

以下のような共通点があります。

  • メインチェーンから独立した環境で計算処理を行う
  • 最終的な結果のみをメインチェーンに記録する

ただし、ライトニングネットワークはオフチェーンでトランザクションを

処理していたのに対して、Plasma (プラズマ)の場合は

プラズマ・ブロックチェーンと呼ばれるチェーンを生成した上で、

分散処理や計算結果を検証しています。

Plasma (プラズマ) の特徴

Plasma (プラズマ)の主な特徴は以下の5つになります。

  • パブリックブロックチェーンと同レベルのセキュリティ
  • 送金手数料 (ガス) がかからない
  • ファイナリティは最小200msと短く設計できる
  • イーサリアムのトークンはすべて使用できる
  • レイヤー1となるブロックチェーンはイーサリアム以外でもよい

Ethereum(イーサリアム)をはじめとしたパブリックチェーンは、

プライベートチェーンよりも外部からの攻撃に強いというメリットがあります。

しかし、参加者や取引の増加に伴いネットワークの処理速度が追いつかなくなり、

送金手数料が高騰したりする可能性も抱えています。

Plasma (プラズマ)を含むレイヤー2によって

メインチェーンとは異なる場所でトランザクションを処理することで、

パブリックチェーンの利点である外部からの攻撃を防ぎつつ、

処理速度の向上や手数料の低下を実現することが可能です。

また、Plasma (プラズマ)はEthereum(イーサリアム)のトークンは

すべて使用でき、レイヤー1はEthereum(イーサリアム)以外でも問題ないので、

Plasma (プラズマ)が本格的に実用化されると大きな変革が訪れます。

Plasma (プラズマ) の仕組み

Plasma (プラズマ)は、Ethereum(イーサリアム)

Plasma (プラズマ)が無い通常の場合は、

全てのトランザクションの処理をメインチェーンのみで行い書き込んでいます。

Plasma (プラズマ)はそれぞれの子チェーンにおいてトランザクションを送信して、

データを書き込みます。

そしてそれぞれの子チェーンのブロックが追加される毎にトランザクションの

マルーク木探索を親チェーンに記録します。

この親チェーンのブロックが承認されてはじめて子チェーンに新たに追加された

ブロックは承認されたことになります。

これによって処理速度の向上及びメインチェーンと

同等の安全性を確保することができます。

まとめ

スケーラビリティ問題は仮想通貨全体の問題であり、

Plasma (プラズマ)の技術によって問題が解決できる解決策の一つになります。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

ブロックチェーン技術
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました