仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のVeChain(ヴィチェーン)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

BaaS銘柄

VeChain(ヴィチェーン)とは

VeChain(ヴィチェーン)とは、

企業のサプライチェーンに透明性や安定性をもたらすことを目的にした

プラットフォームの仮想通貨です。

VeChain(ヴィチェーン)は2015年に上海で設立されたブロックチェーン企業で、

現在では

  • 中国
  • ヨーロッパ
  • アメリカ
  • シンガポール
  • 日本

にオフィスを構えています。

VeChain(ヴィチェーン)はDual Tokenシステムを採用しており、

スマートコントラクトを実行すること、

監視や追跡可能なサプライチェーンエコシステムを実現することに成功しています。

ブロックチェーンによって生産から廃棄までの流れをワンストップで追えるため、

偽造品の流通などを阻止できますし、

VeChain(ヴィチェーン)はすでに中国政府公認となっており、

世界の大手流通産業でも続々と取り入れられています。

通貨名VeChain
ティッカーシンボルVET
価格価格はこちら

VeChain(ヴィチェーン)の特徴

VeChain(ヴィチェーン)の特徴
  • Dual-Token システムを採用
  • PoAというコンセンサスアルゴリズムを採用
  • 実用性が高くリアルビジネスへ着手
要チェック!!

Dual-Token システムを採用

VeChain(ヴィチェーン)は2つのトークンを使用して、

ガバナンスや経済安定性を保つDual-Token システムを採用しています。

VeChain(ヴィチェーン)は以下の2つのトークンを使用しています。

  • VeChainトークン(VET):バリューレイヤー
  • VeChain Thor Energy(VTHO):スマートコントラクトレイヤー

VETは、スマートコントラクトから価値や

スマートマネーを運ぶために使用されるVeChainトークンです。

Dapps(分散型アプリケーション)でのトランザクションにはVETを使用されます。

VTHOトークンはVeChainThorEnergyの略です。

VTHOトークンは、VeChainThorブロックチェーンを使用するための

コストを表すトークンです。

ブロックチェーン上のプロセスやトランザクションを促進することが目的です。

PoAというコンセンサスアルゴリズムを採用

VeChain(ヴィチェーン)は、PoA(Proof of Authority)を

コンセンサス・アルゴリズムとして採用されています。

PoAはVETの保有数に応じて承認の投票が行われるという仕組みです。

実用性が高くリアルビジネスへ着手

VeChain(ヴィチェーン)は独自のサービスの開発や複

数のグローバル企業と提携することで急速に実用化が進んでいます。

VeChain(ヴィチェーン)のブロックチェーンを活用することで、

NFCやRFIDなどの商品IDや認証情報の作成や

サプライチェーン上での管理を効率的に行うことが可能です。

VeChain(ヴィチェーン)の今後の見通しや将来性

VeChain(ヴィチェーン)の今後の見通しや将来性
  • 中国最大のブロックチェーン企業の1つであるBitSEの子会社である
  • 複数の大企業とパートナーシップを結んでいる
  • DappsやIoTの連携の加速
  • ステーキングに対応している
要チェック!!

中国最大のブロックチェーン企業の1つであるBitSEの子会社である

VeChain(ヴィチェーン)はルイヴィトンチャイナの元最高情報責任者(CIO)の

SunnyLuが2015年に設立したプロジェクトです。

中国最大のブロックチェーン企業の1つであるBitSEの子会社としてスタートしました。

そのため、他の新参のブロックチェーンベンチャーよりも

立ち上げ当初から強い顧客基盤を保有しているプラットフォームでもあります。

複数の大企業とパートナーシップを結んでいる

VeChain(ヴィチェーン)は複数のグローバル企業とパートナシップを構築しています。

食品のトレーサビリティシステムを構築することを目的として、

Walmartの中国子会社と提携していますし、

MicrosoftとViseoと共同開発を実施し、

改ざん不可能なデジタルカーメンテナンスブックを構築しています。

他にもBMWという世界グローバルモビリティ企業と提携しています。

また企業ではなく、

中国政府の経済開発区であるGui’anの政府技術パートナーにもなっています。

VeChain(ヴィチェーン)は様々な企業と機関と

パートナーシップを結んでおり実用化を進めております。

DappsやIoTの連携の加速

VeChain(ヴィチェーン)は将来的にDAppsやIoTとの連携がさらに進めば、

将来的に実用の幅が広がっていくことも期待することができます。

ステーキングに対応している

VeChain(ヴィチェーン)はステーキングが対応しているので、

トークンを長期間保有して報酬を稼ぐことが可能になるので、

ステーキング需要も価格の高騰に繋がっていきます。

VeChain(ヴィチェーン)の購入方法や買い方

VeChain(ヴィチェーン)のまとめ

VeChain(ヴィチェーン)の評価ですが、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

VeChain(ヴィチェーン)はサプライチェーンのシステムに

ブロックチェーンを取り入れることでより便利になりますし、

物流全体に大きな影響を与える可能性があります。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

BaaS銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました