仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のSolana(ソラナ)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

Solana(ソラナ) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性BaaS銘柄

Solana(ソラナ)とは

Solana(ソラナ)とは、2020年3月にローンチされた

高性能なブロックチェーンアプリケーションの開発を目的としている。

ブロックチェーンプラットフォームの仮想通貨です。

現在、Solana(ソラナ)は急速に開発・利用が進んでおります。

Dapps(分散型アプリケーション) やスマート・コントラクトを構築するための

プラットフォームであるEthereum(イーサリアム)は、

現在BaaS上で王様と呼ばれています。

そんなEthereum(イーサリアム)に対抗しようと、

多くのブロックチェーンが開発されてきましたが、

未だに超えるブロックチェーンは現れていません。

そうした状況の中で、2020年にSolana(ソラナ)が誕生し、

イーサリアムキラーとして期待や注目を集めています。

通貨名Solana
ティッカーシンボルSOL
価格価格はこちら

Solana(ソラナ)の特徴

Solana(ソラナ)の特徴
  • 処理能力が高く手数料も安い
  • レイヤー1で完結できる
要チェック!!

処理能力が高く手数料も安い

Solana(ソラナ)はトランザクション処理速度や取引コストが、

他のブロックチェーンよりも優れています。

Solana
(ソラナ)
BitCoin
(ビットコイン)
Ethereum
(イーサリアム)
トランザクション処理数/秒50,000 6~713~15
トランザクション手数料0.00005ドル15ドル10~20ドル
ブロック生成速度0.4秒600秒300秒

これは、Solana(ソラナ)がPoH(プルーフオブヒストリー)という

コンセンサスアルゴリズムを採用しているからです。

通常BitCoin(ビットコイン)のPoWではノード間で証明しあう工程が必要ですが、

PoH(プルーフオブヒストリー)の場合は、

取り引きを即座にタイムスタンプで証明することが可能です。

レイヤー1で完結できる

BitCoin(ビットコイン)やEthereum(イーサリアム)などの仮想通貨は、

利用者が増えることによって送金遅延や手数料の高騰などの

スケーラビリティ問題を抱えています。

このスケーラビリティ問題を取引の一部を

レイヤー2(ブロックチェーンの外)で行うことで、

スケーラビリティ問題の解決を図っています。

しかし、Solana(ソラナ)の場合は、

トランザクションの処理速度やブロック生成速度が非常に高いですし、

コストも安価なので、レイヤー1のみで処理を完結させることが可能です。

Solana(ソラナ)の今後の見通しや将来性

Solana(ソラナ)の今後の見通しや将来性
  • プロジェクトとの連携拡大
  • インターオペラビリティ(相互運用性)の可能性
  • ステーキングによる需要
  • 優秀なスマートコントラクトがある
  • FTX創業者のサム(通称アフロ)が2022年はSolanaとAvalancheの年とコメント
要チェック!!

プロジェクトとの連携拡大

Solana(ソラナ)は、処理速度が高速で低コストな

ブロックチェーンプラットフォームの仮想通貨なので、

その性能を必要とする100以上ものプロジェクトと提携しています。

Solana(ソラナ) プロジェクト

  • Serum
  • Chainlink
  • USDC
  • USDT
  • Arweave
  • Terra
  • Akash Network
  • Civic
  • dFuse
  • LoanSnap
  • Audius

まだ公開から1年半ほどしか経っていないにも関わらず、

多くのプロジェクトと提携して急速にエコシステムを拡大しています。

インターオペラビリティ(相互運用性)の可能性

BitCoin(ビットコイン)やEthereum(イーサリアム)などの

多くのブロックチェーンはそれぞれ互換性がありません。

しかし、Solana(ソラナ)は他のブロックチェーンと連携して、

インターオペラビリティ(相互運用性)を作ろうと画策しています。

すでにSolana(ソラナ)はスタートアップ企業のCertus Oneと連携し、

Warmholeというイーサリアムとのブリッジ機能を発表しました。

Solana(ソラナ)はBaaSだけではなく、

インターオペラビリティとしての役割も担っていく可能性があるので、

Ethereum(イーサリアム)など他のブロックチェーンとの対立構造にはなりにくいです。

ステーキングによる需要

Solana(ソラナ)はステーキングができるのも魅力の一つです。

ステーキングとは、保有している仮想通貨を一時的にロックさせることによって、

利益の一部を受け取る仕組みです。

はSOLを持っているだけで利益の一部を受け取ることができるので取り組みやすいです。

優秀なスマートコントラクトがある

Solana(ソラナ)は処理能力が高く手数料も安くスマートコントラクトも優れいています。

そのため契約の無駄な時間やコストカットが可能です。

NFTやブロックチェーンゲームなどにはスマートコントラクトが必須な技術であり、

スマートコントラクトの発展は益々見込まれます。

FTX創業者のサム(通称アフロ)が2022年はSolanaとAvalancheの年とコメント

FTX創業者のサム(通称アフロ)が2022年は、

SolanaとAvalancheの年とコメントしています。

サム自身仮想通貨に深く精通しているため、

そうしたコメントは一つの信憑性に繋がりますね。

Solana(ソラナ)の購入方法や買い方

Solana(ソラナ)のまとめ

Solana(ソラナ)の評価ですが、

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

Solana(ソラナ)の知名度は日本でも徐々に上がって行っていますし、

時価総額を見ても上位に食い込んでいっています。

Solana(ソラナ)は長期的に見ればその将来性から、

さらに高値を更新していく可能性は十分にあります。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

BaaS銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました