仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

ライデンネットワークとは?メリットやデメリットについてわかりやすく説明してみた

ライデンネットワークブロックチェーン技術

ライデンネットワークとは

Ethereum(イーサリアム) ライデンネットワーク

ライデンネットワークとは

トランザクションの処理速度やマイクロペイメントを実現させるために

ブロックチェーン外のペイメントチャネル(オフチェーン)で、

トランザクションを処理する技術です。

ちなみに、ライデンネットワークは、BitCoin(ビットコイン)における

ライトニングネットワークの仕組みとほとんど同じです。

ライトニングネットワークとは?仕組みや特徴についてわかりやすく説明してみた
BitCoin(ビットコイン)が抱える問題の1つにスケーラビリティ問題があります。 このスケーラビリティ問題を解決するために作られたのがライトニングネットワークという技術です。 今回は、ライトニングネットワークとは?仕組みや特徴についてわかりやすく説明してみました。

ライデンネットワークはオフチェーン処理なので、

トランザクションの承認を必要としないため、

高速な送金や低コストな手数料やスケーラビリティ問題の対策が可能になります。

Balance Proofs(バランス・プルーフ)

Ethereum(イーサリアム) ライデンネットワーク Balance Proofs(バランス・プルーフ)

ライデンネットワークはライトニングネットワークとほとんど同じですが、

Balance Proofs(バランス・プルーフ)という考え方があります。

Balance Proofs(バランス・プルーフ)は2者間の間において

オンチェーン上でデポジットした通貨をやり取りする概念ことです。

両者がデポジットした通貨を上限としてオフチェーン処理でやり取りします。

ライデンネットワークのメリット

ライデンネットワークのメリット
  • 取引の高速化
  • 取引手数料の低下
  • プライバシーの向上
要チェック!!

取引の高速化

ライデンネットワークは取引を瞬時に完了させることができます。

ライデンネットワークはブロックチェーンネットワークではないので、

取引を完了させるためにブロック生成を持つ必要がないです。

取引手数料の低下

イーサリアムブロックチェーンでの取引では、ネットワークの混雑度に応じて

手数料も高額になります。

しかし、ライデンネットワークの手数料はイーサリアムブロックチェーン上の手数料よりも

安くなります。そのため数円から数百円単位の支払いを行う

マイクロペイメントにも活用できると期待されています。

プライバシーの向上

イーサリアムブロックチェーンでは取引内容がブロックチェーン上に記録されますが、

ライデンネットワークでの取引内容は公開されないです。

ペイメントチャネルを閉じた時に残高が記録されるだけです。

そのためライデンネットワークを使用することで取引に関する

プライバシーが向上します。

ライデンネットワークのデメリット

ライデンネットワークのデメリット
  • 高額の送金には適していない
  • ルーティング問題
要チェック!!

高額の送金には適していない

経由するチャネル内の残高が送金以上でないとルートに利用できないことにより、

送金金額も制限させられます。よってライデンネットワークは

高額の送金には不向きですので高額の送金の場合は、

通常通りのイーサリアムブロックチェーンを利用することが良いです。

ルーティング問題

ライデンネットワークやライトニングネットワークの共通の課題として、

ルーティングに関する問題があります。

ネットワークにおいて特定のピアに到達するために他のピアを介して繋がります。

その際にどのように最適な仲介ピアを選択するかという問題です。

ある特定のピアがハブ化してしまい、

中央集権化されたネットワークになってしまうリスクがあります。

ライデンネットワークとシャーディングの違い

Ethereum(イーサリアム)2.0においてシャーディングという技術が実装されます。

シャーディングとはデータベースを水平方向に分割する技術で、

ネットワークの負荷を分散させるために用いられます。

イーサリアム2.0ではイーサリアムブロックチェーンを64個の

シャードチェーンに分割することにより

イーサリアムネットワークの負荷が分散を目的に導入されたものです。

シャーディングとは?メリット・デメリットや仕組みについてわかりやすく説明してみた 
シャーディングとは、トランザクションの検証作業をバリデーターのグループごとに分け、並列してトランザクションを処理する技術です。 このシャーディングという技術はスケーラビリティ問題を解決や改善のために考えられた技術になります。 今回は、シャーディングとは?メリット・デメリットや仕組みについてわかりやすく説明してみました。

シャーディングはあくまでイーサリアムネットワークの負荷分散を目的に導入されており、

ライデンネットワークの高速トークン転送やコスト低料金化を実現するものではないです。

このようにライデンネットワークとシャーディングは導入する目的と効果が異なります。

まとめ

ライデンネットワークによって

Ethereum(イーサリアム)のブロックチェーンの情報処理料を減らして、

高速化することが可能です。

ライデンネットワークの技術によって仮想通貨全体の問題である

スケーラビリティ問題に対応するシステムとして期待されています。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

ブロックチェーン技術
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました